Entries

ギリシャで起きていること

ギリシャでは国を二分する、議論が巻き起こっている。先日ギリシャはECB(ユーロ中央銀行)から繋ぎ資金として120億ユーロの融資を受けることに成功した。ECBが融資の条件としたのは、・公務員の削減、給与のカット・国家事業の民営化推進・財政のプライマリー・バランスのための国家予算の見直しこれってギリシャのことですよね、書いていて日本のことかと思った^^;。ギリシャは公務員が非常に多い国です。ユーロ加盟に伴って大量...

欧州の苦悩

久々に経済ネタですが、いよいよ、ギリシャの経済破綻が決定的になりました。3年もの国債の利回りが15%近い。これは、ほぼ確実に破綻する、と言う数字です。以前にも書きましたが、ギリシャの問題はそもそもEUという仕組みの中で「退場のためのルール」を決めていなかったことが最大の要因です。EU以前なら、ギリシャ単独破綻、ドラクマ大インフレで終わっていたことでした。さらに、返済の期限をギリシャが全く守っていないと言...

米国で新たな危機が

もう、どうにでもしてくれ、といわざるを得ない現象が起きています。米国の住宅ローンをめぐって、とんでもないことが起きる可能性が高まっています。HFS「high frequency signing」サブプライムのときもそうでしたが、中身を見ないで適当にサイン(契約)をしていた人のことです。、実はローンの返済に行き詰って、銀行に物件を差し押さえされ競売にかけられる物件に大問題が発生しているようなのです。競売に当たるのは「裁判...

お笑い北朝鮮

どころではなく、お寒い北朝鮮である。久しぶりに「クローズアップ現代」を見た。(9月1日放映)北朝鮮が今まで二回しか開いたことがない会議を今月開くらしい。過去二回の経緯を見ると、どうも次の指導者を内外に紹介する場合に使われる。すなわち、金日成 → 金正日 → キム・ジョンウン   と言う流れができそうだと言う。しかしむちゃくちゃな国ですな。共産主義にもっともそぐわない世襲を三代にわたってやろう。問題のキ...

一票の格差

参議院選挙が終わって多少落ち着きを取り戻しつつあるが、重大な憲法違反がほとんど議論されないまま残されている。参議院における一票の格差である。実は衆議院では概ね、二倍の範囲に収まってきている。2倍を超える選挙区で違憲判決が相次いだからである。しかし、参議院では5倍を上回る。県単位で考えている限りなくなることはない。さらに議員の定員を減らす動きの中ではさらに拡大する。神奈川県と鳥取県では5倍の開きだ。...

Appendix

アールリサーチ

プロフィール

アールリサーチ

Author:アールリサーチ
デザインの時代

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

就職活動の強い味方
就活対策・就職対策なら就活コーチ

フリーエリア

今日の一言


presented by 地球の名言

RSSフィード