Entries

アメリカン・ドリーム

29日(火)は何の日でしたっけ?私にとってはまだ天皇誕生日です。昭和の日ですね。問題はこの「昭和」。戦前も戦後もごった煮の「昭和」なのでしょうか?ま、このブログではあまりきな臭い(笑)話題は扱わない方針なので、これ以上は止めましょう。で、ちょっと遅い朝にBSでメジャー・リーグでも見ようとテレビをつけると、面白い討論会をやっていました。「ウオーレン・バフェット」「ビル・ゲイツ」大学生と語る。というアメリ...

任天堂と言う会社

次々と3月期の決算が発表になっています。その中でひときわ際立つのは任天堂売り上げ1兆6700億円 経常利益4408億円(利益率26%)これだけの規模の会社で経常利益率26%は稀有でしょう。「Wii」と{DS」の売り上げが国内外で絶好調なためと解説されています。何と海外売上高比率80%!!!!これもびっくりですね。「ニンテンドー」は世界ブランドです。おかげで最近のドル安で約900億円の為替差損を出したそうですが、それでいて...

本物そっくりの文化財

4月15日の「クローズアップ現代」の特集。千利休ゆかりの聚光院にある狩野永徳の国宝の襖絵、世界遺産の銀閣寺にある襖絵など、京都の一級の文化財が最先端のデジタル技術で複製品に置き換わっている。劣化が進む文化財保存の新たな手法として注目を集める一方で、本物が見られなくなることや本来の目的を超えた商業利用が広がり、議論を呼んでいる。とんでもないデジカメ4億3000万画素と高精度プリンターによって実現した、とのこ...

一味違う「赤阪sacas」

昨日は所用があり都内新スポット「赤阪Sacas」に行ってきました。まず驚いたのは赤阪駅(千代田線)の景観が全く変わってしまった事。TBSと超高層事務棟と赤阪ブリッツの複合施設。結構ゆったりとひろい。以前はごちゃごちゃとしていて、焼肉屋、コリアンタウンと言うイメージだったのですが、一つのビルでこんなに街が変わるもんなのですね。商談があって出かけたのですが、入退館のシステムがクールです。あらかじめアポイントメ...

アマゾンだけが残る?

任天堂栄えて本屋つぶれる 旭屋書店閉店の衝撃度銀座四丁目の交差点の東芝ビル一階に入っていた「旭屋書店」が閉店するらしい。創業は1965年11月、42年以上営業を続けてきたが銀座店と水道橋店の閉鎖を決めた。売り上げの低迷が理由だ。前の会社から近く、帰り道によく寄った本屋です。都心の一等地にある割には売り場面積も結構ひろく、またマーケティングや広告関連の著書の在庫も多く重宝していました。売り上げ低迷の原因はや...

黒船来襲

インターネット・オークションの世界最大手「イーベイ」が日本上陸をするそうです。もともとインターネットの世界では「国境」がありませんので上陸は既に果たしているのですが^^;。要は日本語で落札が出来て、落札時点での為替相場を適用するサービスを始めると言うことのようです。一つ目のポイントの「日本語」でサービスを始める。これは大きいですね。私自身ヤフーオークションのヘビーユーザーです。米国の「E-BAY」は覗き...

浅田真央とテレビの編集

昨日、フィギュアスケートの「ジャパンカップ」を見にさいたまスーパーアリーナに出かけた。かみさんが、高橋大輔君のファン、私はミキティのファンと言うことで初フィギュア観戦。ヨーロッパ大陸、北米大陸、日本の3つのチームに分かれて男子二人女子二人のチームを組んでの戦いでした。生で見るのは初めてですが、あれは「人間業」ではないですね^^;。特に中野ゆかりさんのスピン。カメラ目線でなく高いところから見ると特に。...

50代からの雑誌

リクルートが50代からの「暮らし応援マガジン」「コレカラ」を創刊するらしい。私も来年50歳ですからほぼこの本のターゲットと言うことになります。しかし、最近のリクルートはひたすら無料誌かネット展開に徹している。そこへ持ってくると、300円の有料月刊誌。???ビジネスモデルとしては通常の雑誌と同じ「広告料収入依存型」に見える。かつてリクルートに在籍したときには同じようなコンセプトで事業提案があったが、ことご...

新聞の未来+α

今日の朝日新聞には興味深い記事が二つ一つは「電子ペーパー」の実用化にめどが立ち、大きな市場を形成しそうである、というもの。用途も、広告や携帯端末、名刺、腕時計など用途も広がるとしている、さすがに自分では新聞の電子化のことは書けないようである。一方、4月6日は「新聞をヨム」の日(笑)に行ったシンポジウムの様子をほぼ一面を使って報じている。やはり、ポイントは「若者の新聞離れ」瀬戸内寂聴さんは「若い人や子...

ロック ベストアルバム100 「PLAYBOY」はいずこへ(T_T)

今日は軽く音楽ネタ。本当に何年ぶりだろう、「月刊PLAY BOY」を買った。400号記念、ロック・アルバムベスト100の記事に思わず惹かれてしまった。1位 サージャント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド ザ・ビートルズ 1967年 (1950p)2位 アビー・ロード ザ・ビートルズ 1969年 (1780p)3位 ホテル・カリフォルニア 1976年 (1665p)4位 ザ・ビートルズ(ホワイト・アルバム) ザ・ビートルズ 1968年 (1655p)5位 フィルモア...

NewsLetter21号 マスメディアの未来(中篇)新聞 をアップしました。

今回のテーマはマスメディアの未来シリーズ第二弾。「新聞の未来」です。いろいろ考えましたが、やはり紙媒体としての新聞にあまり明るい将来はないようです。じゃ、どうなるの?本文をお楽しみください。ではでは~(^^)/~~~...

モバイル・マーケティングの可能性

この半年間、日本マーケティング協会が主催する「モバイル・マーケティング研究会」という「勉強会」に出席しました。基本的に、毎回テーマがあり、テーマにふさわしいゲストコメンテーターの講演、を聞いた後、コーディネーターがまとめ、質疑と言うのがパターンです。News Letterにも書いた「大柴」さんもCGM(Consumer Generated Media)がテーマの際のWOM(Word of Mouth)=口コミのゲストコメンテータでした。大柴さんの考え...

「アポロ&ポセイドン計画」

先日来のエネルギー問題ですが解決の糸口を見つけました。「R25」から転載します。http://r25.jp/web/link_review/20001000/1122008040401.htmlあ、今日は忙しいんだな、と思ったあなた、鋭い(笑)。今日は打ち合わせと外出と飲み会がちゃんぽんになっていて悲劇です。とりあえず面白い記事であることは確かですので読んで下さい。 画像提供/京都府立海洋センターこの計画の鍵となる、海中で成長する海藻「ホンダワラ」。この海...

今の若者はそんなに心配2

非常にいいタイミングで調査発表がありました。財団法人日本青少年研究所(いろんな財団があるんですねぇ・苦笑)が発表した「高校生の消費に関する調査」-日本・アメリカ・中国・韓国の比較-です。http://www1.odn.ne.jp/youth-study/調査方法はそれぞれの国で、調査地域を任意で抽出した上で学校単位で調査を行っています。調査時期は2007年10月~11月 サンプル数はいずれも1000票を超えています。本番の中身に入る前に調査対...

若者ってそんなに心配なの?

雑誌「ブルータス」を久しぶりに買った。表紙の真ん中に大きく日本経済入門。とあったからである。脚注があり※ただし経済学者、評論家お断り、とある。執筆者は多彩である。ビートたけし、橋本治、丸川珠代、為末大等、各回のトップランナー達が今の日本経済を語っている(丸川珠代が??)(笑)。全部を読んだわけではないが、半分以上の語り部が「若者」を心配している。「元気がない」「ニート」「フリーター」「下流社会」何...

信用収縮のサンドイッチ

ローンの信用収縮に関して「貸し渋り」や「貸しはがし」と呼ばれるような動きがマーケットの上下から起こっている。上から今日付けの日経新聞「邸宅風結婚式場のディアーズ」~千趣会の子会社に~年内に予定していた株式上場を断念し、カタログ通販大手の千趣会の傘下に入る方針を固めた。・・・(中略)結婚式場運営業界は競争激化で収益を崩す企業が増え、金融機関の融資姿勢も厳しくなっている。邸宅風の結婚式場は首都圏を中心...

趣味とは言え^^;

土曜日はワイン仲間が集まり、佃島で花見をしてきました。もう散り加減でしたが、隅田川沿いの超高層マンションのたもとで、川を行く多くの屋形船を眺めながらの風情はなかなかの物でした。ちょいと、飲みすぎてしまいましたが^^;。今朝の朝日新聞の朝刊に「零戦五十二型」超精密巨大迫真ミュージアムモデル」の広告が掲載されていました。両翼の長さは60センチ。1/18の超精巧モデル。飛ぶことは出来ないようですが、「エンジン...

階級社会>階層社会

私の手元に「SEVEN HILLS」と言う雑誌がある。オールカラー140ページ 厚手の紙でずっしりと重い。発行部数等は不明であるが、日本では有数の「富裕層」向けの総合雑誌である。男性雑誌にありがちであるが右ページに広告左ページに記事ではじまる。・ジラール・ベルゴ 全く聞いたことがない時計メーカー(時計に趣味はない)「オペラ3」お値段、58,800,000円    これは誤植ではない。・ブルガリの「ボールペン」409,500円・...

何故ドル高?

今日の為替相場 1ドル102円台で推移しているようである。何故?95円まであがったときからの下落率は7%以上となる。日経新聞によると「アメリカの景気後退懸念が薄れた」とある。全く理解できない^^;。サブプライム問題の深刻化はこれからである。まだ負のスパイラルが半周くらいしかしていないのに・・・・・・一昨日のフィナンシャルタイムズの数字を誰もが見ているはずなのに。と、いうことは日本経済の先行きがそれ以上に...

今日は贅沢

ちょっと贅沢をしてきます。趣味の一つにワインがあるのですが、今日はワイン会に参加をします。今は本当にフランス、特にボルドー産のワインが常軌を逸した値上がりです。ちなみに今年リリースされたシャトーマルゴー2005年は13万円です。(以前はどんなに高くても5万円でした。これも高いけどね)原因は1、2005年のボルドーの出来が非常によかった2、新興国の金持ちがワインを飲むようになった3、世界中でワインの消費量が多...

深刻な数字(サブプライム)

サブプライムの問題はその被害額が分からない、と、これまで書いてきました。英フィナンシャルタイムズが衝撃的な数字を発表しました格付け  2007年9月      2008年3月――――――――――――――――――――AAA      95         55AA       85         20A        60         18BBB      40         15――――――――――――――――――――(元本価値を100とした場合)優良...

NewsLetter20号アップしました。

NewsLetter20号をアップしました。今回は「マスメディアの未来」と称して、3回シリーズでお届けしようと思っています。第一回 マスメディア離れの現状(「新聞」を中心として)予定では第二回 テレビとネットの融合第三回 マスメディアの未来となる予定です。うまく行くかどうか^^;。是非ごらんいただき、ご意見等をいただければ幸いです。ではでは~(^^)/~~~...

Appendix

アールリサーチ

プロフィール

アールリサーチ

Author:アールリサーチ
デザインの時代

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

就職活動の強い味方
就活対策・就職対策なら就活コーチ

フリーエリア

今日の一言


presented by 地球の名言

RSSフィード