Entries

ワイン会(ジュブレ・シャンベルタン)の会

恒例のワイン会ワインラバーの篤志家が主催してくださいます。この方はサザビーズやクリスティーズを通じて落札したワインを落札した値段で提供してくださいます。ですから、恐ろしく高騰してしまっている現在の値段とはかけ離れた安価な会費となります。いつも感謝しておりますm(_ _)m>篤志家様大体月に二回くらい開催されますが、私は月に一回参加をしています。今回は「ジュブレ・シャンベルタン」がテーマ・1985 シャンパ...

フェイスブック 追加情報

一昨日お送りした「フェイスブック」今週の「ニューズ・ウイーク日本版」で記事として取り扱われていたので追加情報を基本的には人々を結びつけるだけのサイトが、なぜこれほどの人気を集めるのか。その答えはハーバード大学→アイビーリーグ→全米のキャンパス→高校生への開放→一般への開放と、エリート大学からのスタートでなんとはなしにエリート感が醸成されたようだ。(実際には登録には何の審査もない)→既に日本語で登録が可能...

デザインの時代(時計編)

しばらく前から日経新聞で気になる広告がある。「HUBLOT」  腕時計である。断っておきますが、腕時計の趣味はありません。特に携帯電話が出来てからは外してしまって早数年。しかし気になるのだ。なんと言っても格好いい。めちゃくちゃシンプルな紙面で、週に一回くらい見かける。しかも販売する場所も「伊勢丹新宿店本館4階」としか書いていない。ホームページを調べてみた。HUBLOTフランス語で「舷窓」を意味するウブロは1980...

実名、顔写真付のSNS

インターネット上で同じ趣味や考え方同士がコミュニケーションを行うSNS(Social network Service)、で全米第二位の「フェイスブック」が日本に進出する。(5/19日付日経新聞朝刊)手っ取り早く言えば「ミクシィ」の米国版サービス(逆か?)(笑)。現在の利用者数は登録人数で一億人前後(アクティブは7000万人くらいらしい)。現在トップの「マイスペース」が11,000万人程度であるのでほぼ互角の勝負になっているようだ。ちなみ...

謎の正体の謎

少し旧聞に属しますがあの「モナ・リザ」、に描かれたモデルの正体が明らかになったそうです。20世紀の美術史研究者を悩ませ続けた最大の難問の一つであった(朝日新聞)。随分のんびりとした学問もあるものですね^^;学問とはそうしたものであるのかもしれませんが。で、一発で分かっちゃったそうです(笑)。あまりにあっけないので、美術史家が笑っちゃくらいに。ドイツのハイデルベルク大学付属図書館にありました。ちょっと...

身も心も

ささげたくなるのが「シャンパーニュ」である(単なる私の趣味です^^;) これが日本で売れている、以下は1993年から2006年の日本の輸入量の推移。 第二次シャンパンブームと言われるゆえんである。 すみませんエクセルの表が張りこめませんでした^^;93年は約100万本。2006年は800万本です。シャンパーニュと聞くと「高い」「スノッブな」とか「華麗」と言った日常生活からほんの少し ハレの空間を演出してくれるような気...

水着の悶え

タイトルで別の事を考えていた読者の方には申し訳ない。大真面目な話である。オリンピックを目前に控えて、水泳の競技会で大異変が起きている。世界新記録が次々と塗り変えられているのである。しかもその18の新記録の内、17個までが英国の「Speed」社が作った水着を着ていた。これについては新聞等でも随分放映されたのでご存知の方も多いと思う。ところが日本水泳連盟は「ミズノ」「デサント」「アシックス」にスポンサードされて...

交流戦とクライマックスシリーズ

昨日から始まったセパ両リーグによる交流戦。いいですねぇ。どちらかと言えば最近はパリーグの方が話題が豊富なような気がします。名実共に日本一 ダルビッシュ(日ハム)やっと戻ってきた 岩隈(楽天)人気だけじゃない マー君(楽天)さすがやのう 涌井(西武)やっぱり球の切れは 杉内(ソフトバンク)評判のいいピッチャーはなぜかパリーグに多い。皆若い!いつもは巨人戦しか放映しない地上波でもこういう生きのいいピッチャ...

広告批評休刊

5月20日付 朝日新聞の記事広告批評が来年3月に30周年記念号を最後に休刊する。創刊時はテレビCMの全盛期。業界発としてではなく「大衆の視点」で広告を追い続け、時代の雰囲気を切り取って来た。休刊の背景には、インターネット上の広告の増加に伴う、テレビCMの相対的シェアの低下といった構造的な変化がある。(記事より参照)かつては「ラテ新聞・雑誌」が4大媒体として栄華を誇っていた。電通の日本の広告費の77%が4大...

クラシックと喜びと

勝手に後編です(笑)。なんかお金が大変だと言う話ばかりでは寂しいですよね。じゃ、なんでそんなに悪条件にもかかわらず、その道を目指すのか。一つには「音楽以外の世界を知らないため、こんなもの中と思っている」^^;苦笑するしかないですね。もともと裕福な家庭環境の方が多いのかも知れません。これについての社会的な調査は行われた事がない、と思います。「日本の場合並外れた才能を持っているわけでもない、勘違いをし...

クラシックと現実と

週末に面白い本を読みました。現役ピアニストでもある音大教授が書いたエッセー「ボクたちクラシックつながり」青柳いづみこ著副題:ピアニストが読む音楽マンガ文春新書622(730円)税別各章のタイトルだけを読んでいても面白い1、一回読譜したらとっととやるぞ2、楽譜どおりに弾け!3、バレンボイム対ホロヴィッツ4、コンクール派 対 非コンクール派5、留学 クラシックをやるなら海外でやらなきゃダメ?6、指揮者の謎7...

16億円のフィギュア

このニュースはヤフーなどでも大きく取り上げられましたからご存知の方も多いはず。時事通信より引用ニューヨーク14日時事】現代美術家の村上隆氏のフィギュア作品「マイ・ロンサム・カウボーイ」が14日夜、米ニューヨークの競売商サザビーズでオークションに掛けられ、1516万ドル(約15億9500万円)で落札された。予想額(300万~400万ドル)を大幅に上回る高値に、会場からは大きな拍手が沸き起こった。 こ...

NL23号 金融の本当の危機 をアップしました。

こんにちは。今回は用意していたテーマとは別のものに差し替えました。二つほどの日経新聞の記事に触発されたからです。なんとなく何とかなりそうな感じがしてきた、「サブプライム・ローン」問題。問題の本質はなに一つ変わっていません。ただ「微妙な粉飾」と問題を先送りにしているだけです。ゴールドマン・サックスが実は10兆円近い「カテゴリー3」を持っている事が明らかになりました。この問題はこれから年末にかけてハード...

2000万アクセス達成の素人CM

今日はまず、5分だけお時間を取ってください。You tubeでも伝説のアクセスを生んだ映像をご覧ください。http://www.eepybird.com/dcm1.html真ん中の再生ボタンを押してくださいね。最後まで見ました?笑えますよね。彼らはもちろんCM作成のプロでもなんでもない。(弁護士の)ボルツ氏は、自分たちでサイトを立ち上げ、ビデオを流すことで自分たちのパフォーマンスを広げようと発案した。人気に火がついたのは、ボルツ氏の弟の友...

レイチェル・カーソン

「The sea around us 」の作家・科学者です。彼女の文章はとても優しい。美しい。今から45年前に書かれた本です。今でもその価値は全く変わらない。もう、何十回読んだか分からない、でも、そのたびに新しい発見がある。眠れぬ夜に、何気なく手に取るのもこの本。誰にもある大切な一冊、生涯この本だけは手放さない。そんな本です。もし、読んでいない人がいたらお奨めします。海、地球に対する見方が少し変わります。眠れぬ夜にど...

家電の待機電力をゼロに

5/8付けの朝日新聞の紙面よりロームが新しいLSIで、機器を使用していないときでも必要な「待機電力」をゼロにする製品を開発した、と発表しました。早速株価に反映されました。これは結構大きな発明だと思います。まず、待機電力とは家電などを使っていないときでも、様々な機能を保持するために必要な電力。テレビなどのリモコン操作に備える。省エネ推進団体によると、家庭で待機電力が大きいのは給湯器やパソコン、インターフォ...

環境とデザインと

ついにでましたね。究極の環境スポーツカー!「テスラ・ロードスター」(Tesla Motors社)FR、2シーターのオープンカーです。デザイン的には、私が買えるならもっとも欲しい、ロータス・エリーゼに似ています。もっともこのクルマ、常に3000回転でクラッチ・ミートしないとエンストをするのが欠点。とても日本では乗れません。これが、ロータス・エリーゼ(宝くじに当たったら買います)^^;閑話休題。テスラですが、0→60マイル(...

NHKの思惑

5月1日発行のNewsLetter「メディアの未来」の中でテレビ局は今後コンテンツメーカーとなり、そのトップを走っているのが「NHK」である、と書きました。http://r-research.co.jp/pdf/nl22.pdfと、5月2日付けの朝日新聞の経済面の片隅に以下引用■NHK、昔の大河など配信へ NHKは12月から、かつて放送した大河ドラマなどをブロードバンド回線を通じて有料で配信するサービス「NHKオンデマンド」を始める。放送から一週間程度のニュー...

4-2-3-1

この題名だけで、何のことかすぐに分かった人。あなたは熱狂的なサッカーファンであると同時に、冷静に試合を見れるクールなファンです。「4-2-3-1」は杉山茂樹著 光文社新書 860円8税別)GWを利用して読みました。ちょっと目からうろこ。著者はヨーロッパのサッカーを中心に多数の試合を観戦し、多くの国の代表監督にインタビューをしています。この本はその集大成とも呼ぶべき、フォーメーションについて書かれています。正直...

一枚20万円のCD

ご無沙汰をいたしました。ゴールデン・ウイークは基本、カレンダーどおりでしたが、結構充実した時を過ごしました。そのうちの一つがこれ「GLASS CD」一枚200,000円なり(ゼロの数の間違いではありません^^;)。行きつけのオーディオショップの店長が会員向けに無料貸し出しをしてくれていたものの順番が私に回ってきたわけです。http://www.universal-music.co.jp/classics/ims/imcg9001/従来のCDはポリカーボネイトと言うプラ...

アサヒ、資生堂、ロッテ

この三社を結びつける新商品プロジェクトが進行中である。キーワードは「シトルリン」。お初に聞く成分(多分^^;)ですね。シトルリンとは、昨年の4月に厚生労働省が「一般食品に使ってもよろしい」と言うお触れを出したものらしい。注目されているのはNO(一酸化窒素)産生作用による血管拡張。経口摂取により、体内で吸収され、アルギニノコハク酸を経てL-アルギニンに変換。さらにシトルリンに変換される際、NOを産生し、血...

NewsLetter22号 マスメディアの未来(完結編)をアップしました。

三回に渡ってマスメディアの未来を考察しました。「既存の企業は秩序崩壊技術が本当の危機になるまで、何も手を施さない。本業に固執するあまり、新しいビジネスチャンスを失う」Harvard Business Prof.Gilbertこの言葉がぴったりと当てはまります。E-プラットフォームの実現はずばり、2015年。あと7年。メディアの世界は一変します。楽しんで読んでください。もちろん反論、異論大歓迎です。ではでは~(^^)/~~~...

アメリカの貧困

昨日のタイトルと全くの逆。実はアメリカは貧困大国でもあります。格差社会です。「ルポ 貧困大国アメリカ」岩波新書 堤未果 700円(税別)に詳しい。アメリカについての日本の報道はどうしても光の部分が多い。時々ホームレスの姿なんかを見かけますが、ハリウッド、NY、LAが圧倒的。しかし、実態は「サブプライムローン」金融機関の被害ばかりが報じられますが、一方でローンを払えず家を追われる人達が100万人を超えています...

Appendix

アールリサーチ

プロフィール

アールリサーチ

Author:アールリサーチ
デザインの時代

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

就職活動の強い味方
就活対策・就職対策なら就活コーチ

フリーエリア

今日の一言


presented by 地球の名言

RSSフィード