Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rresearch.blog103.fc2.com/tb.php/1013-719def93

-件のトラックバック

-件のコメント

[C17071] 超高齢化社会のキープレース

確かに都会地では、
コンビニがキープレースになる可能性はかなりある。

しかしながら、コンビニは商売なので、
商圏として成り立たない地域への出店は無い。

で、超高齢化社会を考えるときには、
 1.都会地での独居老人などの超高齢化の問題
 2.過疎地での限界集落での超高齢化の問題
のふたつが、対処すべき重点課題であると思っている。

コンビニは、1の課題への回答になりうるが、
2の課題は別の解を用意することが必要。
郵政民営化問題などでは、2の課題が議論されていた。
僕は残念ながら、
今後の日本には過疎地を支える力はもう無いと思っている。
ぶっちゃけて言えば、申し訳ないが、
「過疎地の老人をどうやって移住させるか」
が、日本にとってのベターな解への道だと思っている。
  • 2011-07-12
  • Oichan
  • URL
  • 編集

[C17072] 郵便局でしょ

あれだけごねて特定郵便局を残したのですから
過疎地は郵便局にとって美味しい仕事でしょう。

ちょっと考えてみると
なぜ過疎地の老人が移住を嫌がるか。

・一人も知った人がいない環境の変化はいや
・お金がない
・ここの暮らしに満足している
・先祖代々の墓を捨てられない

うん、これは難しい。

[C17073] もしかしたら・・・

もしかしたら、
移住してまで長生きすることに、
積極的な意味を見いだせないのかもしれない。
最後は苦しくてひもじい思いをしながら、
人知れず死んでいくことになったとしても、
そのことに恐怖は感じていないのかもしれない。

これまで社会を支えてきてくれたご老人たちが、
より長く生きることに喜びも希望も感じないのであれば、
そんな社会はクソクラエだと思います。
  • 2011-07-12
  • Oichan
  • URL
  • 編集

[C17074] 生きるのも大変だけど

死ぬのも大変だ。

子供がいる人はまだいい。
これから大量の独身高齢者が出現する。

ベビーブーム世代が75歳を超えるのには
あと15年。

エネルギー問題も重要だけど、
この問題も大きいな。

くそくらえの国に向かっているような気がする。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

福島とコンビニと

今週末から福島県小名浜の小名浜オーシャンホテル&ゴルフクラブ
一泊二日、2R(熱射病は大丈夫か)に行って来ます。hukusima.jpg



これは、リクルートの大先輩が「facebook」上で呼びかけた企画です。

趣旨 福島で消費をしてお金を落とそう
ですから、一泊2ラウンド分+義捐金を落とします。



呼びかける時間が短かったためか、
100人の目標は遠く及ばす35人になりましたが、
義捐金のみ参加の方が多く、目標の倍近い100万円を超える金額となりました。

今週末ですが、ちょっとしたエピソードを、

私は最近はゴルフはバッグを往復便で送ってしまいます。
近所のコンビニで伝票を渡すと、

女性店員さん「福島、大丈夫なんですか?」
私「え、多分大丈夫なんじゃない(笑)」(随分な言い方だとこのときはムッとしました)

店員さん「私、実は福島市の出身なんです」
私「え!?ご家族は大丈夫でした?」

考えたら随分デリカシーの足りない問いです(恥)。

店員さん「原発は大丈夫だったんですけど、仙台の実家が全壊してしまって」

私「そうなんだ。でも無事でよかったですね。ゴルフはね、福島でお金を
使おうって言う企画なんですよ。30人くらいで行きますよ」

onahama9.jpg


店員さん(一瞬絶句)「ありがとうございます。お気持ち本当にうれしいです」

なんだかね、こっちまでちょっと「うるって」しまいました。
コンビニの店員さんとこんなにお話しをしたのは初めて。
マニュアル通りでしか動かない、無愛想を絵に描いたような存在だと思い込んでいました。
実際そうですけど(笑)。

もちろん、震災・原発事故があって、そこにわざわざ出かけ、また店員さんが
福島出身者で実家が全壊と言う偶然がなせる業ですが、これはいい。

私はコンビニはこれからの超高齢化社会のキープレースになると思っています。
販売だけじゃなく宅配。各種申請の代理など。
全国のコンビニの数は50000店。
そこに加えて店員さんとのほんのちょっとでもいい、人間関係があるといい。
(もちろん犯罪がらみの危うい一面があることは認めますが)

神戸の地震の時も仮設住宅の独居老人に自殺が多かったと聞きます。
人間はもともとソーシャルな生き物です。一人で生きることには向いていない。
完全に「一人」になったら人間は「ヒト」になってしまい、人間として
生きる価値が見出せなくなってしまう。

結構じゃないですか、老人がたむろするコンビニ。
病院の待合室でたむろするよりよっぽどいい。


冒頭の企画、まだ義捐金は募集しています。
詳細は ここ をご覧ください。

hukushimaak.jpg
で、このコンビニの店員さん。お店のキャンペーンのくじを引いてくれて、
缶ビールを3缶当ててくれました。「ずる」をしてくれました(笑)。
お互いに「ありがとうございました」 ♪♪♪
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rresearch.blog103.fc2.com/tb.php/1013-719def93

0件のトラックバック

4件のコメント

[C17071] 超高齢化社会のキープレース

確かに都会地では、
コンビニがキープレースになる可能性はかなりある。

しかしながら、コンビニは商売なので、
商圏として成り立たない地域への出店は無い。

で、超高齢化社会を考えるときには、
 1.都会地での独居老人などの超高齢化の問題
 2.過疎地での限界集落での超高齢化の問題
のふたつが、対処すべき重点課題であると思っている。

コンビニは、1の課題への回答になりうるが、
2の課題は別の解を用意することが必要。
郵政民営化問題などでは、2の課題が議論されていた。
僕は残念ながら、
今後の日本には過疎地を支える力はもう無いと思っている。
ぶっちゃけて言えば、申し訳ないが、
「過疎地の老人をどうやって移住させるか」
が、日本にとってのベターな解への道だと思っている。
  • 2011-07-12
  • Oichan
  • URL
  • 編集

[C17072] 郵便局でしょ

あれだけごねて特定郵便局を残したのですから
過疎地は郵便局にとって美味しい仕事でしょう。

ちょっと考えてみると
なぜ過疎地の老人が移住を嫌がるか。

・一人も知った人がいない環境の変化はいや
・お金がない
・ここの暮らしに満足している
・先祖代々の墓を捨てられない

うん、これは難しい。

[C17073] もしかしたら・・・

もしかしたら、
移住してまで長生きすることに、
積極的な意味を見いだせないのかもしれない。
最後は苦しくてひもじい思いをしながら、
人知れず死んでいくことになったとしても、
そのことに恐怖は感じていないのかもしれない。

これまで社会を支えてきてくれたご老人たちが、
より長く生きることに喜びも希望も感じないのであれば、
そんな社会はクソクラエだと思います。
  • 2011-07-12
  • Oichan
  • URL
  • 編集

[C17074] 生きるのも大変だけど

死ぬのも大変だ。

子供がいる人はまだいい。
これから大量の独身高齢者が出現する。

ベビーブーム世代が75歳を超えるのには
あと15年。

エネルギー問題も重要だけど、
この問題も大きいな。

くそくらえの国に向かっているような気がする。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

アールリサーチ

プロフィール

アールリサーチ

Author:アールリサーチ
デザインの時代

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

就職活動の強い味方
就活対策・就職対策なら就活コーチ

フリーエリア

今日の一言


presented by 地球の名言

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。