Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rresearch.blog103.fc2.com/tb.php/1044-e94e39da

-件のトラックバック

-件のコメント

[C17113] 調べてみたけどわからなかった

「能、狂言、落語、講談、歌舞伎、相撲」などの伝統芸能、
昔から高年齢層がファンなのではないか
という気がするので、
年齢層別のファン率の年次推移がないか
ちょっとググッてみたけど
見つけられませんでした。
また、昔は40代だったものが、
寿命が長くなったことで
50代に移っている可能性もあると思います。
私も若いころは相撲なんて見ませんでしたが、
最近は年をとったのかそれなりに楽しめるようになりました。

笑点が予定調和との雰囲気で好まれないとのこと
伝統芸能は基本的に予定調和だと思います。
おっと、最近の相撲は違う。
  • 2011-08-09
  • Oichan
  • URL
  • 編集

[C17114] いや昔のほうが相撲は良く見た

巨人・大鵬・卵焼きの頃、

輪島が活躍していた頃、

千代の富士が活躍していた頃、

若貴兄弟の活躍していた頃、

大相撲は毎日見ていました。
(ニュースのダイジェストですが)

八百長で決定的にダメ。
もう見ることもないでしょう。

落語は昔から大好きですが、
何しろ普段の生活の中で触れ合える場所がない。

能、狂言はどこに行けば見れるのかも
わからない。

情けない50代です(T_T)。

  • 2011-08-09
  • りゅうぼん
  • URL
  • 編集

[C17115] 能楽堂です

能、狂言は、能楽堂です。
東京には国立能楽堂があったと思います。

僕は若いころ金沢の能楽堂で観たことがありますが、
瞬殺で爆睡しました。
お恥ずかしい話です。
  • 2011-08-09
  • Oichan
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

伝統芸能のピンチ

少し前に落語を見に(聴きに)行きました。

三遊亭小朝 

落語界きってのスター。 koasa (2)


そんな彼のほぼ独演会(前座はいました)でした。
内容は江戸時代の武将や兆民達を描いた古典落語。 koasa.jpg

その中にも最近の話題も取り上げ
「なでしこと言えば●△選手、あの人ぐらいソバージュが似合わない女はいないね」
中継はもちろんありませんから言いたい放題。
一番受けたのは「笑点」のメンバーの暴露話。

非常に楽しかったのですが、

ふと周りを見回すと、平均年齢は確実に50代後半~下手をすると60代。
平日の19時、調布グリーン会館では「ヒマな人」しか集まんないか(笑)。
「笑点」の話題で盛り上がったはずだ。
(私は見ていません、あの予定調和の雰囲気が嫌いです)

落語は小さい頃からよく見ていました。昔はテレビの中継があったんです。

今は、ほぼゼロ。15分はかかる落語を放送しようなんて局は民放ではゼロ。
増してや古典落語はながいものになると30分~1時間。
こんな時間にコマーシャルを入れないで放映することはもちろんNG。

小朝さん、うまいんだけど、少し早口。
話の中身を知っている私でも何度か聞きにくい場面が。

こりゃ、しんどい。
間違いなく絶滅危惧芸能ですね。

能、狂言、落語、講談、歌舞伎、相撲(笑)。

勘違いをしてもらっては困るのですが、これらの絶滅危惧芸能は
若い人たちが見ないのではなくて、

「若い人たちに面白さをわかってもらおう」
という気概が全く伝わってこないのです。

歌舞伎なんかはまだましかもしれません。
テレビドラマや舞台に活躍の場を広げていますし、
芸能ニュースのトップに出たりもする(笑)。 ebizo.jpg


でも、歌舞伎を見に行っても年齢構成は落語といい勝負。
能、狂言は行った事がありませんのでよく分かりません。

少しは「宝塚」を見習ったらどうでしょう。
今でも若いファンはたくさんいます。
私の母は「娘時代はね越路吹雪の大ファンだったの」なんて言っています。
宝塚は幅が広いね。ジャニーズと同じで、スターの入れ替えがうまい。
通過儀礼にすることが長く続くポイントでしょう。

kosijihubuki.jpg


小朝さんも大師匠になっちまったからなぁ。
金髪だけじゃないんだよなぁ。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rresearch.blog103.fc2.com/tb.php/1044-e94e39da

0件のトラックバック

3件のコメント

[C17113] 調べてみたけどわからなかった

「能、狂言、落語、講談、歌舞伎、相撲」などの伝統芸能、
昔から高年齢層がファンなのではないか
という気がするので、
年齢層別のファン率の年次推移がないか
ちょっとググッてみたけど
見つけられませんでした。
また、昔は40代だったものが、
寿命が長くなったことで
50代に移っている可能性もあると思います。
私も若いころは相撲なんて見ませんでしたが、
最近は年をとったのかそれなりに楽しめるようになりました。

笑点が予定調和との雰囲気で好まれないとのこと
伝統芸能は基本的に予定調和だと思います。
おっと、最近の相撲は違う。
  • 2011-08-09
  • Oichan
  • URL
  • 編集

[C17114] いや昔のほうが相撲は良く見た

巨人・大鵬・卵焼きの頃、

輪島が活躍していた頃、

千代の富士が活躍していた頃、

若貴兄弟の活躍していた頃、

大相撲は毎日見ていました。
(ニュースのダイジェストですが)

八百長で決定的にダメ。
もう見ることもないでしょう。

落語は昔から大好きですが、
何しろ普段の生活の中で触れ合える場所がない。

能、狂言はどこに行けば見れるのかも
わからない。

情けない50代です(T_T)。

  • 2011-08-09
  • りゅうぼん
  • URL
  • 編集

[C17115] 能楽堂です

能、狂言は、能楽堂です。
東京には国立能楽堂があったと思います。

僕は若いころ金沢の能楽堂で観たことがありますが、
瞬殺で爆睡しました。
お恥ずかしい話です。
  • 2011-08-09
  • Oichan
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

アールリサーチ

プロフィール

アールリサーチ

Author:アールリサーチ
デザインの時代

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

就職活動の強い味方
就活対策・就職対策なら就活コーチ

フリーエリア

今日の一言


presented by 地球の名言

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。