Entries

元気を与えるの違和感?

一昨日、スポーツ選手や芸能人の人たちが
「被災地の人々に元気を与えたい」ということに
思いっきり違和感、不快感がある、と書いたのですが、
結構反響が大きかったので続編です。

ある読者からメールをいただきました。

以下引用

スポーツや芸術って、もっとシンプルなものじゃないのか。
より早く走りたい、より遠くへ投げたい、より強くなりたい、
もっと美しい音色を出したい、
もっと衝撃的な色を出したい。

これらの中に、
被災地のためとか、日本を元気にするためとか
そういうものは入れて欲しくないと思う。

「被災地のため」が免罪符だった状況から
「被災地のため」が踏み絵の状況に変わったような気がする。

鋭い分析ですね。「免罪符」と「踏み絵」はきわめてわかりやすい。ふと、今年の甲子園の選手宣誓を聞いていなかったなとYouTubへ



これはひどい。こんなことを高校生が自分で作ったと考えるのは
不自然。ゴーストライターがいますね。「免罪符」と「踏み絵」を
思いっきり意識している気配り似非教員の姿が見える。

今年の春の選抜の選手宣誓は良かった記憶があるのでこれまたYouTubeで





これはわかる。自分が生まれた年に神戸の震災があったこと、
自分が何が出来るのかを単刀直入におもいをこめている感じが見える。

さらに言えば、ちょっと前までは全部これだった気がするのですが、

「宣誓!我ら選手一同はスポーツマン精神に
のっとり正々堂々と戦うことを誓います!」

これでいいと思うんですが、何かあります?

CMでもありますよね
「この度の東日本大震災の被災者の方々に心からのお見舞いを申し上げます」
テレビを通じて言うことか?その金があったら義捐金としてほしい。
「これを言っておけば間違いないから」というスポンサーか代理店がいます。

被災者の人たちだって、「俺たちはそんなに可哀想なのか」と
そろそろ辟易としている人もいるんじゃないかな。

それぞれが自分の立場でベストを尽くし被災地のために出来ることをしましょう。
それも、静かに、そっと。

ladygaga.jpg

この方の爪の垢を煎じて飲みましょう。



スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rresearch.blog103.fc2.com/tb.php/1046-19e0ca27

0件のトラックバック

4件のコメント

[C17116] 被災地の人にとっても

メンタル面で落ち込んでいる人の中には、
「がんばれ」とか「元気をだせ」とかは禁句の場合もあります。

この問題に関しては、
パッシング覚悟でキャンペーンをはった方が
良い時期になっているような気がします。

何というか、
日本全体が変な方向に行こうとしていることの
一つの象徴のような印象を受けており、
止めるために行動した方が良いのではないか
という気がしています。
 
りゅうぼんさん、先頭、お願いできませんか?
私も実名で応援するくらいの覚悟しますので。
  • 2011-08-10
  • Oichan
  • URL
  • 編集

[C17117] わたしもかつて

衆議院選挙の予測調査で5日間会社に
泊り込んで心も体にぼろぼろになったことがあります。

その時、プロジェクトメンバー以外の人から
「頑張れ!」と言われて思わず

「これ以上どう頑張ったらいいんだよ!」
と心の底から叫んだことがあります。

ありとあらゆる手を打ち、それでもなくならない
トラブルに立ち向かい、疲れきったところところ
でした。

被災地が何とか生活できるようになるまでに
後数年はかかるでしょう。

そんな人たちに「頑張れ!」と言っては
いけないように思います。

免罪符、踏み絵にいたっては論外。
何が出来るか、ちょっと考えてみます。

明日から夏休みをとる予定ですので、
夏休みの宿題と言うことで、大変だ(笑)。
  • 2011-08-10
  • りゅうぼん
  • URL
  • 編集

[C17118] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C17202]

私はスポーツ競技者出身なのですが、私が競技人だった頃、豪雨災害で自分の働いていた町が大洪水で被災し、産業が壊滅的状況になった事がありました。そんな時は、被害に遭って苦しんでいる人達の事で頭がいっぱいで、とてもスポーツなどしようという気にはなりませんでした。被災した人達は、みんな泥の掻き出しをしたり、駄目になってしまった機械や商品を見て途方に暮れていました。そんな人達を目の当たりにして、スポーツが元気を与えるなどという発想は浮かびようがありませんでした。むしろ、こんな状況では自分は好きなスポーツなどしている時ではない、自分に現在どんな支援が出来るか…それを考えると自分の無力感でいっぱいになりました。だから、今年の選抜高校野球のときの、被災地でボランティアをしていた東北高校の選手達に強い感銘を受けました。彼らを応援しに私は甲子園まで行きました。3塁側アルプスは今まで見た事もないくらいの応援する人々で膨れ上がっていました。選手達は常に全力疾走、全力プレーで応えてくれたと思います。選手と応援団と観客とが皆この困難な状況に思いを馳せ、見事に一体化していたように思います。それが十分に感じられる試合でした。スポーツを行うには、困難な状況下では特にその競技を愛し、理解し協力してくれる多くの人の存在が必要です。スポーツは本来ならば、自分のため、プライドのため、名誉のために戦うものだったという気がしますが、実は応援してくれるたくさんのファンや後援会などの存在があって成り立つ事が多いと思います。今回の選抜では多くの高校球児達がその事に改めて気づき、当たり前でない事への感謝の気持ちを精一杯表わしてくれた事が、一部ではあると思いますが、被災した地域の方々の心が選手の姿と重ね合わす事で感動と勇気が生まれていたのではないかと思います。
  • 2011-11-14
  • 愛知人
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

アールリサーチ

プロフィール

アールリサーチ

Author:アールリサーチ
デザインの時代

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

就職活動の強い味方
就活対策・就職対策なら就活コーチ

フリーエリア

今日の一言


presented by 地球の名言

RSSフィード