Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rresearch.blog103.fc2.com/tb.php/1054-50331f76

-件のトラックバック

-件のコメント

[C17128] 収集癖

本や音楽、映像などがどんどんデータで販売されるようになっている。

昔、僕らは、読んだり聴いたりするだけではなく、
それを「集める」のも楽しみだった。
こういうデータになってしまうと、
実物を眺めて楽しむという収集家の楽しみはどうなるのだろうか。
「○○ギガ溜まっているぞ」じゃあ楽しくないだろうしなぁ。
ハードディスクからDVDなどに移して、
自分でタイトルシールなど作って貼って楽しむのだろうか?

また、本などは置く場所が無くなって
最後は処分することになるのだが、
その別れの悲しみを味わう楽しみ(?)も無くなっちゃうよなぁ。
  • 2011-08-23
  • Oichan
  • URL
  • 編集

[C17129] 音楽に関しては

私はデータでいいや。

全ての楽曲を
アーティスト順、アルバム名順に自動的に
PC上から再生やストップの操作が行えます。

本は、相変わらず紙で買っています。
だって、ろくな取り揃えがないんだもん。
アマゾンに発注すれば翌日には届くしね。

アマゾン一辺倒のわたしです。
  • 2011-08-24
  • りゅうぼん
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

パッケージ型商品の行く末

夏休みの続きのようですみません。

ネットワーク・オーディオにはまっているのですが、

これって、電子書籍と同じですね。
これまでは音楽を聞こうと思えば、お店でCDを買うのが常識だった。
小室ファミリーが活躍していた時代がピーク。
ミリオンセラーが年間30本も出ていた時代。

ところが、iPod が発売される頃から業界が大きく変わり始めた。
iTunesでダウンロードをして買えば、わざわざCDショップに出かける
必要がなくなった。これまでは一枚全部買わなければならなかったのに
アルバムの中の好きな曲だけを買えるようになった。


CDが売れなくなったのにはこうした時代背景がある。

これは、消費者にとってはとてもうれしいことだが、
音楽を作る制作サイドにとってもうれしい。

何しろ何枚作って、売り切らなければならない、なんてノルマ感覚から
逃れることが出来る。


現在、ネットワーク・オーディオでは三つの流通(?)ルートがある。
・制作会社のサイト
・ダウンロード専門の会社のサイト
・ミュージシャン自身のサイト だ。

昨日、私はポール・マッカートニーの「Band on the run」を購入した。
これは三番目のポール自身のサイトから購入した。なんとなくうれしいじゃん(笑)。

電子書籍と同じことが起こっているのだ。

・制作サイド(出版社)から直接、読者へ
・作家から直接、読者へ
・アマゾンのような会社を通じて、読者へ tablet.jpg


いずれも、これまでの流通をスキップできるし、何しろ在庫という概念がないから
本やCDをこれまでよりも安く売ることが可能だ。

私がネットワークオーディオから購入している「音源」は高音質盤なので
それほど安くはない。しかし、これまで購入していたCDとほぼどっこいだ。
ここでも、一曲ごとに買うことが可能だ。もちろん円高の恩恵もある。

一番高くて25ドル。
なんとなく2500円か、と思いがちですが、
今は75円時代。1875円です。
(もちろん消費税込み)

円高で経営が成り立たないなんて大嘘ですよ。
トヨタなんか工場の半分は海外ですし、為替予約で80円を想定ですから
たいしたことはありません(ホンダはちょいと苦しい)。
それより何より、輸出のドル建てと円建ては半々です。
これは、これまで何度とあった円高の危機を潜り抜けてきた知恵です。

いかん、いかん。どうも経済の話になると熱くなります。
新聞社は広告の大口契約をもらっていますから、書けないんです。

音楽配信の件ですが、iTunesで音楽を購入するのに比べればまだまだ、
ネットワーク用の音源を購入することは簡単ではありません。
最大手のHD-TRACKS社では日本のクレジットカードは使えません。
(PayPalを契約していれば問題ないのですが、私もかなり戸惑いました)

私は、今後CDショップでパッケージCDを購入することは少なくなるでしょう。
ほぼ確実です。ネットで売っていない。中島美嘉さんだけは買いますが

1097851_90567777.png

書籍も音楽もネットで手に入るんなら、田舎暮らしも悪くないな。
政変が落ち着くのを待って、タイあたりはどうでしょう(笑)。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rresearch.blog103.fc2.com/tb.php/1054-50331f76

0件のトラックバック

2件のコメント

[C17128] 収集癖

本や音楽、映像などがどんどんデータで販売されるようになっている。

昔、僕らは、読んだり聴いたりするだけではなく、
それを「集める」のも楽しみだった。
こういうデータになってしまうと、
実物を眺めて楽しむという収集家の楽しみはどうなるのだろうか。
「○○ギガ溜まっているぞ」じゃあ楽しくないだろうしなぁ。
ハードディスクからDVDなどに移して、
自分でタイトルシールなど作って貼って楽しむのだろうか?

また、本などは置く場所が無くなって
最後は処分することになるのだが、
その別れの悲しみを味わう楽しみ(?)も無くなっちゃうよなぁ。
  • 2011-08-23
  • Oichan
  • URL
  • 編集

[C17129] 音楽に関しては

私はデータでいいや。

全ての楽曲を
アーティスト順、アルバム名順に自動的に
PC上から再生やストップの操作が行えます。

本は、相変わらず紙で買っています。
だって、ろくな取り揃えがないんだもん。
アマゾンに発注すれば翌日には届くしね。

アマゾン一辺倒のわたしです。
  • 2011-08-24
  • りゅうぼん
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

アールリサーチ

プロフィール

アールリサーチ

Author:アールリサーチ
デザインの時代

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

就職活動の強い味方
就活対策・就職対策なら就活コーチ

フリーエリア

今日の一言


presented by 地球の名言

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。