Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rresearch.blog103.fc2.com/tb.php/1055-613b8829

-件のトラックバック

-件のコメント

[C17130] 説明にはなっていないけれど

国債と地方債の一番大きな違いは、
国は通貨発行権を持っているけれど
地方にはそれが無いということじゃあないかと思う。

国は、自国通貨建てで国債を発行している限りは、
歳入や新たな国債の引き受けが無くても、
最悪、法律改正して通貨を発行すれば、
国債の償還は可能となる。
(ただし、インフレとなる)

それに対して、地方は通貨発行権を持たないので、
歳入または新たな地方債の発行ができなければ
即デフォルトとなる。

そう考えると、
国債より地方債の方が格段にリスクが高いように思われます。
  • 2011-08-24
  • Oichan
  • URL
  • 編集

[C17131] いえ、十分だと思います。

自ら通貨発行件を持たないと言うことは、

国債のランクが下がれば、そのまま
地方債のランクが下がると言うことでしょう。

その意味では米国の経済の先行きは地方が
足を引っ張る可能性が高いといえると思います。

真面目にオバマ大統領の再選がないように
思えてきました。
  • 2011-08-24
  • りゅうぼん
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

地方債の格下げ

と言っても、日本の話ではなくて、米国の話しです。

地方が発効している地方債の話
米国ではこれまでもいくつかの地方自治体が破綻してきている。

日本だって「夕張市」が破綻したのは記憶に新しいところ。

米国債の格下げに連動して、1万本もの地方債が格下げになった。

中にはAA-からBBBに5段階も下げられた債権もあったとのこと。

米国の場合は日本と違って、即座に破綻の影響が出ます。

・公務員の解雇
・教員の解雇
・警察員の解雇 etc.


これによって場合によっては
火事が起きてもなかなか消防車も救急車も来ない。

学校に行っても教員がいない

と言うようなことが平気で起きます。

それ以上に深刻なのは負のサイクルに巻き込まれる可能性が大きい。
多くの地方債は、地方の住民たちが持っています。
格下げに伴う評価損は住民の暮らしをダブルで圧迫します。
格下げ→損切り→生活レベルの低下→税収の圧迫→更なる債券の発行
負のスパイラルです。

よく分からないのが
通常、債権と言うのは格下げになればデフォルトを織り込まなければ売れないため
金利が高くなるはずなのです。
国の場合には国策として長期金利を引き下げる政策が取れるのですが、
地方債の場合はどうなるのか?

どなたかご存知の方がいらっしゃればご教授をお願いします。m(_ _)m。

どう考えてもおかしいのが、金の暴騰です。
昨日の16:00現在の金価格は最高値を突破し、1884ドル(トロイオンス)。
いくらなんでも上がり過ぎです。これだけあがれば利食い売りが発生する
はず。ゴールドの取引はコンピュータではなく人間が行っている可能性
が高いのか。000aaagold_20110822172054.png


それともそれくらいに資産を逃がし先がないほどに、ドル・ユーロともダメなのか。

多分、その通りです。2年前の金融危機がソブレインリスクに形を変えただけだからです。
この問題を解決するにはハイパーインフレしかありません。ゴールドが下げないわけです。
ハイパーインフレとは、国の借金を国民の借金とすることと同意です。

ユーロではフランスに続いてドイツまでもCDSの料率が上がっています。
理由は明快。PIIGSの債権をたくさん持っているからです。

この写真を使うのは2年ぶり、リーマンショック以来です。
規模はあの時以上かも。

000dehuresupaira_20110822170659.jpg

結局は2年前のツケが回ってきているだけなのですが。それだけに闇が深い。
追記

すみません。やはり金の利益確定売りが入りましたね。
1850ドル。ここから再び上げるような気がします。

だって、ほかに行き場所がないから。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rresearch.blog103.fc2.com/tb.php/1055-613b8829

0件のトラックバック

2件のコメント

[C17130] 説明にはなっていないけれど

国債と地方債の一番大きな違いは、
国は通貨発行権を持っているけれど
地方にはそれが無いということじゃあないかと思う。

国は、自国通貨建てで国債を発行している限りは、
歳入や新たな国債の引き受けが無くても、
最悪、法律改正して通貨を発行すれば、
国債の償還は可能となる。
(ただし、インフレとなる)

それに対して、地方は通貨発行権を持たないので、
歳入または新たな地方債の発行ができなければ
即デフォルトとなる。

そう考えると、
国債より地方債の方が格段にリスクが高いように思われます。
  • 2011-08-24
  • Oichan
  • URL
  • 編集

[C17131] いえ、十分だと思います。

自ら通貨発行件を持たないと言うことは、

国債のランクが下がれば、そのまま
地方債のランクが下がると言うことでしょう。

その意味では米国の経済の先行きは地方が
足を引っ張る可能性が高いといえると思います。

真面目にオバマ大統領の再選がないように
思えてきました。
  • 2011-08-24
  • りゅうぼん
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

アールリサーチ

プロフィール

アールリサーチ

Author:アールリサーチ
デザインの時代

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

就職活動の強い味方
就活対策・就職対策なら就活コーチ

フリーエリア

今日の一言


presented by 地球の名言

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。