Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rresearch.blog103.fc2.com/tb.php/122-13574515

-件のトラックバック

-件のコメント

[C368] クルマニヨン プロジェクト

ここまでしないと若者は車に興味を持ってくれない時代になったのか・・・

確かに、車がなくても彼女はできるだろうが
携帯電話を持っていないと彼女もできないだろうし・・・

でも、田舎では、まだまだ「クルマは必須」という面は残っていると思いますね。
だって、「クルマがなければ行けない」というケースは多々ありますので

とりあえず、明日の内容に期待して待っています。
  • 2008-08-07
  • Oichan
  • URL
  • 編集

[C369] 特に都心部では

クルマを持つ必然性がないです。

私は松戸と言うベッドタウンに住んでいますが、
ここでは既にクルマは必需品です。

家には息子が同居していますが、平日のクルマは
彼のモノですね^^。

都心部に駐車場を借りて車を買えば
月に10万円はかかるでしょうね。
(ガス、税金、保険、本体、駐車場)

これで若者に自分のクルマを持てと言うのは

「無理!」

[C11613] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

[C12041] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

[C12475] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

[C13083] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

クルマニヨン?

昨晩深夜放送を見ていたら、

なにやら、よく分からないCMが、
「クルマニヨン プロジェクト」????images[9]


ただ、小さいのだが スポンサー名が「TOYOTA」

今朝起きて早速検索。あっさり見つかりました。ここ
以下引用

トヨタ クルマニヨン プロジェクトとは
それは若者のみなさんが、クルマと「初めての絆」を結ぶためのプロジェクト。
それは若者のみなさんが、クルマのあらゆる「Fun体験」をリアルに体感できるコミュニティ。
クルマがあれば、どこへだっていける。何だって出来る。その可能性は無限大。
ひとたびアクセルを踏み込めば、退屈な日常は吹っ飛んで。未知なる冒険が、あなたを待っている。
とびきりの仲間達と。大好きな恋人と。もちろん独りだって構わない。
さぁ、一緒に出かけよう。
行先なんて決めないで、心の向くまま、走り出そう。
「車を持てば、あなたは変わる。」
まだ、であったことのない、新しい自由な世界へ。これからみなさんをお連れします。
TOYOTA クルマニヨン PROJECT いよいよはじまります。


(引用終了)

対象は20歳以上24歳以下の若者
大学生のサークルや個人に「レンタカーを無料貸与」し「その内容をブログにアップ」
してほしい、という販売促進策のようである。

コンテンツは三つ
1、サークル・オフィシャル・カー
  大学の公認サークルに対して毎月10台を一ヶ月間無料提供

2、ハジメテドライブ  これも20~24歳限定
  毎月設定された「イベント」に車貸与の上、参加をする
  ちなみに8月は「ハジメテ・サーフィン」「ハジメテ・フジサン」「ハジメテ・カルイザワ」
  9月は「ハジメテ・バスフィッシング」「ハジメテ・ゴルフ」「ハジメテ・カルイザワ」
  これは独りでも良いらしい^^;。

3、テレ朝の鎌倉「海の家」でイベントをやります(これは内容的に全くたいした事はない)

要するに
「クルマ離れが著しい若者層」にクルマのある生活を無料体験して、そのよさを体感
してもらおうとする販売促進プロジェクトですね。


確かに国内において自動車販売車数は二年連続の前年度比マイナスである。
以前に国内販売が低迷していることは NewsLetter003号 でも取り上げた。

かつて、私が大学生の頃は「クルマを持つ」ということは憧れだった。もちろん、持てなかった。

現在、クルマを保有することは、全く意味が変わってしまった。

1、クルマのコモディティ化(特別な意味のある商品ではなくなった)
2、新車で買う必要性の希薄化(中古で十分)
3、都市機能が発達した今、クルマはさほど便利でもない
4、クルマはとにかくお金がかかる(ガソリン、保険、税金)そんなお金があればケータイを買い換える


要するに若者とクルマとの間の距離が変わってしまったのである。

かつての「憧れ」→「コモディティ化」(日用品)へと劇的な変化があったのである。
トヨタはかなり早い時期からこの事実を把握していたと思う。が、これほどのスピードで
クルマのコモディティ化が進むとは考えていなかったのではないか。あわてて対応した
のが今回のキャンペーンであろう。

「車を持てば、あなたは変わる」悲しいほどの本音(T_T)。

このキャンペーン、奥が深いので今日はここまで、続きは明日の心じゃ^^;
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rresearch.blog103.fc2.com/tb.php/122-13574515

0件のトラックバック

6件のコメント

[C368] クルマニヨン プロジェクト

ここまでしないと若者は車に興味を持ってくれない時代になったのか・・・

確かに、車がなくても彼女はできるだろうが
携帯電話を持っていないと彼女もできないだろうし・・・

でも、田舎では、まだまだ「クルマは必須」という面は残っていると思いますね。
だって、「クルマがなければ行けない」というケースは多々ありますので

とりあえず、明日の内容に期待して待っています。
  • 2008-08-07
  • Oichan
  • URL
  • 編集

[C369] 特に都心部では

クルマを持つ必然性がないです。

私は松戸と言うベッドタウンに住んでいますが、
ここでは既にクルマは必需品です。

家には息子が同居していますが、平日のクルマは
彼のモノですね^^。

都心部に駐車場を借りて車を買えば
月に10万円はかかるでしょうね。
(ガス、税金、保険、本体、駐車場)

これで若者に自分のクルマを持てと言うのは

「無理!」

[C11613] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

[C12041] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

[C12475] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

[C13083] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

アールリサーチ

プロフィール

アールリサーチ

Author:アールリサーチ
デザインの時代

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

就職活動の強い味方
就活対策・就職対策なら就活コーチ

フリーエリア

今日の一言


presented by 地球の名言

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。