Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rresearch.blog103.fc2.com/tb.php/153-a47a6489

-件のトラックバック

-件のコメント

[C420] アメリカ没落では・・・?

今回のリーマンの件、「ようやく来たか」という印象です。
世界的な金融不安がこれまで以上に急激に強くなっていますが、
金融恐慌とまでいくかどうか・・・
私的感覚では、そこまでは行かず、
復旧には2~3年、
少なくとも10年単位まではかからないという気がします。

むしろ、今回のアメリカ発金融問題によって、
アメリカ・ドル中心の世界構造が転換するのではないか、
という点が気になります。
と言っても、ユーロにもドルの代わりになるだけの力は無いと思いますし、
そうなると、残るはロシアですか?
ただ、ロシアの現在の指導者体制は、
旧ソ連時代もまともに知らないような若手が占めていますので、
世界的な「覇権」(と言っていいかはわかりませんが)を握ったときに、
どのような「暴挙」に出るかとても不安です。

というようなことも想像して、
「日本は従来の日米同盟によりかかったままでいいのか」、
真剣に検討して対処して欲しいと、
国内の政局である種の「お祭り騒ぎ」に明け暮れている政治家の皆さんに
真剣にお願いしたいと考えます。
  • 2008-09-17
  • Oichan
  • URL
  • 編集

[C421] ドル=アメリカの没落

基軸通貨と言う言い方をしますが、

19世紀はイギリスのポンド でした
20世紀はもちろんドル

そのドルへの信頼が薄らいでいます。
当然ですよねサブ・プライムを発端にした
金融危機がいよいよその姿を現し始めたからです。

いまだに誰がどの程度損金を持っているのか
分からない。

基軸通貨ですがドルがその地位を追われれば
次がでてくるはずなのですが、

次がない(T_T)。

当然先頭ランナーはユーロですが、
これも土地バブルを抱えた状態で無理。

ロシアは世界経済の中で信頼がない。

現在のペーパー・マネーでは前提として、基軸通貨発行の国に対する「信頼」が全てなのです。

今日のマーケットはドルが若干持ち直しました。
一番マシな通貨はドル、と市場が判断した
のでしょう。

基軸通貨って実はとってもおいしいんです^^。
そのうち書きます。

今朝テレビを見て自民党の総裁選挙のニュースをやっていました。

石破さんと石原さんが幼稚園で園児たちとダンス
を踊っているシーンにorz。

一人与謝野さんが、
「そんなことをしている場合か」毅然と職場に
向かいました。この人意外にいいかも。

[C422] 与謝野さん

また、日本の政局の話に戻ってしまいましたが、
与謝野さん、いいと思います。

今回の総裁選の中で、与謝野さんだけが消費税の導入を明言し、
他の方は財源については「曖昧な印象」が拭えない感じを受けています。
また、全体的に論旨が明確だと思います。

ただし、外交・国際関係についての意見がほとんど見えないところと、
ちょっと(というか、かなり)地味な点があることが、
不安要素ですね。
とは言っても、結局、麻生さんで決まりの茶番劇だとは思いますが。

それよりも、アメリカ政府は、
リーマンは救済しなかったのに何故AIGは救済することにしたのか・・・
気になるところです。
  • 2008-09-17
  • Oichan
  • URL
  • 編集

[C423] なぜAIGは?

あ、決まったんですね。

リーマン破綻の影響の大きさ、からでは?

そう言う意味ではベア・スターンズを救ったのに
リーマンはなぜ救わなかったのか?

ポールソンの判断ミスでしょう。
救うなら徹底的にやらなければ。
(かつての日本のように)

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

リーマンショック

どうやら、終わりが始まってしまったようです。

去年から何回となく、とてつもない結末を予感したままに綴ってきましたが、
大恐慌への入り口を開けてしまいました。


今確認をしてきましたが、全世界で株価は今年の最低値を突き破りました。
ベア・スターンズを救済して、リーマンを破綻に追い込むのは中途半端な
感じが否めません。

もう、手の打ち様がない、どうしようもないところに来てしまったせいでしょうか。

先日もここで書きましたが「ゴールド」が急騰しています。
もっとも日本ではドル安で相殺されてしまうのですが(T_T)。

これからおそらくロンドンとスペインで破綻する金融機関が続出します。

この金融崩壊はおそらく10年単位の時間が復旧までに必要でしょう。
ドルは基軸通貨の座を明け渡さざるを得ないのですが、ユーロにその力
が、あるか。

いったん「金本位制」に戻すのは一つの手かもしれません。
裏づけのないペーパー・マネーを一回リセットするのです


先物を禁止する事はできませんが、「金融工学商品」を厳しく規制する
必要があります。


去年の夏に株関連の商品は手仕舞いをしたのですが、一つ
思いいれのある会社があったので、唯一手元に残しておいたのですが、

当時の価格の1/3にもなりません。まさに塩漬けです。
こいつはあきらめるとしても(T_T)、まず生活防衛からですね。

日本の景気そのものはそんなに悪くないと思っています。
日本の発言権を大きくするチャンスのようにも思います。


どうでしょうか。
まぁ、のんびりと総裁選挙をしているようでは、ダメでしょうけど(T_T)。
images[77]  まさにお手上げです。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rresearch.blog103.fc2.com/tb.php/153-a47a6489

0件のトラックバック

4件のコメント

[C420] アメリカ没落では・・・?

今回のリーマンの件、「ようやく来たか」という印象です。
世界的な金融不安がこれまで以上に急激に強くなっていますが、
金融恐慌とまでいくかどうか・・・
私的感覚では、そこまでは行かず、
復旧には2~3年、
少なくとも10年単位まではかからないという気がします。

むしろ、今回のアメリカ発金融問題によって、
アメリカ・ドル中心の世界構造が転換するのではないか、
という点が気になります。
と言っても、ユーロにもドルの代わりになるだけの力は無いと思いますし、
そうなると、残るはロシアですか?
ただ、ロシアの現在の指導者体制は、
旧ソ連時代もまともに知らないような若手が占めていますので、
世界的な「覇権」(と言っていいかはわかりませんが)を握ったときに、
どのような「暴挙」に出るかとても不安です。

というようなことも想像して、
「日本は従来の日米同盟によりかかったままでいいのか」、
真剣に検討して対処して欲しいと、
国内の政局である種の「お祭り騒ぎ」に明け暮れている政治家の皆さんに
真剣にお願いしたいと考えます。
  • 2008-09-17
  • Oichan
  • URL
  • 編集

[C421] ドル=アメリカの没落

基軸通貨と言う言い方をしますが、

19世紀はイギリスのポンド でした
20世紀はもちろんドル

そのドルへの信頼が薄らいでいます。
当然ですよねサブ・プライムを発端にした
金融危機がいよいよその姿を現し始めたからです。

いまだに誰がどの程度損金を持っているのか
分からない。

基軸通貨ですがドルがその地位を追われれば
次がでてくるはずなのですが、

次がない(T_T)。

当然先頭ランナーはユーロですが、
これも土地バブルを抱えた状態で無理。

ロシアは世界経済の中で信頼がない。

現在のペーパー・マネーでは前提として、基軸通貨発行の国に対する「信頼」が全てなのです。

今日のマーケットはドルが若干持ち直しました。
一番マシな通貨はドル、と市場が判断した
のでしょう。

基軸通貨って実はとってもおいしいんです^^。
そのうち書きます。

今朝テレビを見て自民党の総裁選挙のニュースをやっていました。

石破さんと石原さんが幼稚園で園児たちとダンス
を踊っているシーンにorz。

一人与謝野さんが、
「そんなことをしている場合か」毅然と職場に
向かいました。この人意外にいいかも。

[C422] 与謝野さん

また、日本の政局の話に戻ってしまいましたが、
与謝野さん、いいと思います。

今回の総裁選の中で、与謝野さんだけが消費税の導入を明言し、
他の方は財源については「曖昧な印象」が拭えない感じを受けています。
また、全体的に論旨が明確だと思います。

ただし、外交・国際関係についての意見がほとんど見えないところと、
ちょっと(というか、かなり)地味な点があることが、
不安要素ですね。
とは言っても、結局、麻生さんで決まりの茶番劇だとは思いますが。

それよりも、アメリカ政府は、
リーマンは救済しなかったのに何故AIGは救済することにしたのか・・・
気になるところです。
  • 2008-09-17
  • Oichan
  • URL
  • 編集

[C423] なぜAIGは?

あ、決まったんですね。

リーマン破綻の影響の大きさ、からでは?

そう言う意味ではベア・スターンズを救ったのに
リーマンはなぜ救わなかったのか?

ポールソンの判断ミスでしょう。
救うなら徹底的にやらなければ。
(かつての日本のように)

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

アールリサーチ

プロフィール

アールリサーチ

Author:アールリサーチ
デザインの時代

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

就職活動の強い味方
就活対策・就職対策なら就活コーチ

フリーエリア

今日の一言


presented by 地球の名言

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。