Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rresearch.blog103.fc2.com/tb.php/188-b3c8dd14

-件のトラックバック

-件のコメント

[C513] 私的には選挙をして欲しい気分・・・

解散総選挙について、
政局を考えれば、首相交代即選挙だったのでしょうが、
政局よりも経済を優先させた麻生首相の「当時の」判断には、
私的には賛同します。

ただ、ここ数日の状態を考えると、
まだまだ危険要素が充満していることも事実ですが、
この時点で11月末選挙を先延ばしするのは、
いかががなものかと感じます。

特に、昨日の二次補正案などを見ると、
補正といいながら「中長期的な日本の政策の方針」が多分に含まれており、
また短期的な政策としても「ちょっとどうかな?」と感じるものもあり、
このあたりで、
自民・民主のどちらが考える日本を選択するのかを
国民に問いて欲しい・・・気がします。

りゅうぼんさんの記事内容からすると
今選挙すれば自民党敗北は確定的で、
「負ける選挙は避ける」という鉄則からは、
このままズルズルが
自民党として無難なんだとうとは思いますが・・・。

でも、本当に、
一体だれが(どこから)調査結果を漏らしたのでしょうか?
調査結果を知っているメンバーの中には、
それをオープンにして得をする者が考えられず、
とても不可解ですね。
  • 2008-10-31
  • Oichan
  • URL
  • 編集

[C514] マーケッターの勘に質問

オバマ氏の勝利は、
経済・金融・株価等の問題は、
プラスに働くでしょうか?マイナスに働くでしょうか?

マーケッターの勘で
教えてください。

  • 2008-10-31
  • Oichan
  • URL
  • 編集

[C515] 政局に対する考え

私は二大政党制が望ましいと思っています。

民主党の応援をするわけではないのですが、
一回やらせて見たらどうでしょう。

自民党でダメなのは散々見てきました。

で、民主党がダメならば次の選挙で政権交代
をすれば良いのです。

どうも衆議院の任期が長いと感じます。

アメリカの下院みたいに2年ごとに半数改選。
でちょうどいいように思います。

4年は長い。今の衆議院議員は小泉さんの
郵政改革に賛成か反対かの基準で選出された
議員です。

国民の審判を受けないまま、3人もの首相が
交代すると言うのはあまりにも異常です。

[C516] マーケッターの勘^^;

厳しいなぁ>Oichanさん(笑)。

ひとつだけ言えるのは、株式は
一ヶ月くらいはご祝儀相場で上がるでしょう。
と、言うのがこれまでの慣例。しかし、今は
危機の規模が大きすぎます。おそらく、オバマ
さんの就任後三日くらいは持ちそうな気がします。

そのあとは、それからのお楽しみだ(笑)。

は、冗談として。
オバマさんの就任は来年の1月です。
二ヶ月後の経済状況についてはわかりません^^;
(分かったら株を売買します)

経済・金融については誰がなろうと同じだと
思います。問題が大きすぎ、プレーヤーの
数が非常にたくさんいるからです。

ただ、金融政策は民主党は基本的に大きな政府
を指示していますのでやり安くはなるでしょう。
上院・下院で民主党が多数ですしね。

こんなところでご勘弁を^^;

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

解散出来ない訳

調査マン(マーケッター)としてどうしても書きたいことが^^;

実は今日の日経にでていただのですが、今まで見落としました。

自民党が独自に実施した衆院選の最新情勢調査で
自民・公明両党の獲得予想議席が従来の調査よりもさらに落ち込んでいた
ことが判明した。images[15]


300の小選挙区ごとに1000名のサンプルの調査
(おそらくはRDDと言う電話での調査、一回の規模は数億円かかります)

9月下旬の麻生内閣発足直後に一回、今回が四回目になると言う。
(その間の経費はおそらく10億円近く)

それによると自民・公明が有利な選挙区は120程度、民主党は170に達した。
比例代表まで含んだ予測議席数は自民180、公明25議席前後と
民主党の250議席と単独過半数を取る勢い。


内閣発足直後の結果では自民党は230超の見通しであった。

これでは選挙は出来ない。
「金融危機」を口実にして選挙の先延ばしを口にする麻生首相。

公明党の太田代表が「先送りしても勝つ見込みはない」と迫ったのは
実は的を得ていたと言うことになります。
結果論ですが就任直後にやるべきでしたね。


この選挙区調査は私自身、十数年前に某放送局からの依頼でやりました。
調査方法等の違いがあると思われるので一概には言えませんが、

基本的に非常によく当たります

しかし、この情報誰がリークしたんでしょう。とっても不思議です。
多分この情報を正式に見られる人は首相、幹事長、選挙対策委員長、実際の調査の取りまとめ
くらいのはずです。誰がどんな目論見を持ってリークしたのか。

不可解です。

選挙といえば、アメリカの大統領選挙が迫って来たました。事前の調査では
オバマ候補の勝利は動かない、と言われていますが、ここに来て「ブラッドリー効果」
と呼ばれる現象に焦点が集まっています。

これは白人は調査の時とは異なり、実際の投票では白人候補者に投票する傾向が
ある、というものです。抜きがたい人種差別のなせる業でしょう。また、教育レベルの
低い白人は選挙調査に協力をしたがらない、というのも過去の調査で観察されています。
(アメリカの選挙調査はほぼ100%電話調査です)興味のある方はかこのバックナンバー
読んでください。なぜ投票日が火曜日なのかがわかります^^;。

結果の判明は日本時間では水曜日になります。
私の予想?地すべり的なオバマ候補の圧勝です。

根拠?勘です(笑)。いい、マーケッターは勘がいいのです^^;。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rresearch.blog103.fc2.com/tb.php/188-b3c8dd14

0件のトラックバック

4件のコメント

[C513] 私的には選挙をして欲しい気分・・・

解散総選挙について、
政局を考えれば、首相交代即選挙だったのでしょうが、
政局よりも経済を優先させた麻生首相の「当時の」判断には、
私的には賛同します。

ただ、ここ数日の状態を考えると、
まだまだ危険要素が充満していることも事実ですが、
この時点で11月末選挙を先延ばしするのは、
いかががなものかと感じます。

特に、昨日の二次補正案などを見ると、
補正といいながら「中長期的な日本の政策の方針」が多分に含まれており、
また短期的な政策としても「ちょっとどうかな?」と感じるものもあり、
このあたりで、
自民・民主のどちらが考える日本を選択するのかを
国民に問いて欲しい・・・気がします。

りゅうぼんさんの記事内容からすると
今選挙すれば自民党敗北は確定的で、
「負ける選挙は避ける」という鉄則からは、
このままズルズルが
自民党として無難なんだとうとは思いますが・・・。

でも、本当に、
一体だれが(どこから)調査結果を漏らしたのでしょうか?
調査結果を知っているメンバーの中には、
それをオープンにして得をする者が考えられず、
とても不可解ですね。
  • 2008-10-31
  • Oichan
  • URL
  • 編集

[C514] マーケッターの勘に質問

オバマ氏の勝利は、
経済・金融・株価等の問題は、
プラスに働くでしょうか?マイナスに働くでしょうか?

マーケッターの勘で
教えてください。

  • 2008-10-31
  • Oichan
  • URL
  • 編集

[C515] 政局に対する考え

私は二大政党制が望ましいと思っています。

民主党の応援をするわけではないのですが、
一回やらせて見たらどうでしょう。

自民党でダメなのは散々見てきました。

で、民主党がダメならば次の選挙で政権交代
をすれば良いのです。

どうも衆議院の任期が長いと感じます。

アメリカの下院みたいに2年ごとに半数改選。
でちょうどいいように思います。

4年は長い。今の衆議院議員は小泉さんの
郵政改革に賛成か反対かの基準で選出された
議員です。

国民の審判を受けないまま、3人もの首相が
交代すると言うのはあまりにも異常です。

[C516] マーケッターの勘^^;

厳しいなぁ>Oichanさん(笑)。

ひとつだけ言えるのは、株式は
一ヶ月くらいはご祝儀相場で上がるでしょう。
と、言うのがこれまでの慣例。しかし、今は
危機の規模が大きすぎます。おそらく、オバマ
さんの就任後三日くらいは持ちそうな気がします。

そのあとは、それからのお楽しみだ(笑)。

は、冗談として。
オバマさんの就任は来年の1月です。
二ヶ月後の経済状況についてはわかりません^^;
(分かったら株を売買します)

経済・金融については誰がなろうと同じだと
思います。問題が大きすぎ、プレーヤーの
数が非常にたくさんいるからです。

ただ、金融政策は民主党は基本的に大きな政府
を指示していますのでやり安くはなるでしょう。
上院・下院で民主党が多数ですしね。

こんなところでご勘弁を^^;

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

アールリサーチ

プロフィール

アールリサーチ

Author:アールリサーチ
デザインの時代

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

就職活動の強い味方
就活対策・就職対策なら就活コーチ

フリーエリア

今日の一言


presented by 地球の名言

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。