Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rresearch.blog103.fc2.com/tb.php/213-1c0f38f0

-件のトラックバック

-件のコメント

[C586] 明るい話題は無いのでしょうか?

見渡す限りの焼け野原のような、
暗い話ばかりですね。

「大不況の予感を感じながら」というよりも、
「既に大不況になっている」ような気分です。
景気は気分の影響も多分に受けます。
少しは明るい話は無いのでしょうか?

本日、BIG3の再建案が提出され、
今週中には救済するか否かが決定とのことですが、
GM社内では「破産法11条」も真剣に検討している
というような風説も流れています。

BIG3を救済した場合、
他の業界の救済問題に広がり止め処も無い状態が心配され
救済しなかった場合には、
実態経済への影響がはかり知れないという、
どっちをとっても手も足もでないような感覚ですね。

10年間は覚悟かもしれません。
(10年たったら定年じゃん!)
  • 2008-12-02
  • Oichan
  • URL
  • 編集

[C587] 10年経ったら、

自営業者なので、定年かどうかは
分かりませんが^^;

で、明るい話題ですが、

ないことはないのですが、規模が小さい。

一番金額が大きいのは
・中国が自国インフラの整備に57兆円を投資すると言う話

・米国がやっとその気になったと言う話(これが明るい話かどうかは微妙)
・世界中の国々が何とかしようとするコンセンサスが出来た。

つまり起こる事は決まっているのに、対策が不十分。
一言で言うと、これですね。

今日も東京市場はNYの大幅安につられてかなりしんどい展開に
なりそうです。今見ていませんが、8,000円を割り込む感触。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

既に決まっている未来

大不況の予感を感じながら、全員がおっかなびっくりしている市況です。

しかし、原則に立ち戻って見ると「決定している」未来 が見えてきます。

1、欧米で公的機関が市場に注入した金額は合計で300兆円程度。
  まだ足りないのですが、問題はリセッションに移りつつあります。
  金融機関が資本の毀損を食い止めるために一番簡単な方法が
  「貸しはがし」です。

2、注入された資金はもらったものではありません。金利を付けて返す
  必要があります。原資はただ一つ、経常利益です。
シティに注入された
  資金は2兆円。一年間の利子だけで1600億円です。これが返せる
  イメージはどこにもない。立ち直りの出口が見えないのです。
  日本は10年かかった。いまだに返済が出来ていない銀行もある

3、欧米の住宅価格の下げが止まらない。バブル前の水準に落ち着くには
  あと20%の下げが必要です。
サブプライムはさらに評価を下げます。
  ノンリコースローンがさらに足を引っ張ります。

4、CDSが機能不全の状況にあります。誰も引き受け手がない。証券化商品
  の市場が事実上消えつつあります。金融機関はぼろぼろに痛んで、すくんで
  います。

5、ドバイの1000m.ビルの建築が中断されたというニュースが今朝流れました。
  まさにバベルの塔のようです。images[9]


6、アメリカでクレジットカードの延滞が20%を超える水準になっています。今まで
  なら貸してくれた審査が通らない。所得を上回るプラスティックマネー経済の
  大幅縮小です。


以上の6つは確かな未来だと感じています。

出口がないのか?

分からない。としか言いようがありません。

日本で十年かかった金融危機からの回復。今回は世界規模です。
一部でまことしやかにささやかれているのが「金本位制」への転換です。
ジョークとしか聞こえませんが、ドルやユーロの痛み方を見ると、ない案
ではないと感じます^^;。

こんなことばかり考えているから、変な夢(笑)を見るのだと言われそうです。

100年に一度の出来事だそうです(グリーンスパン談)。やっぱり10年くらいは
かかるのかもしれません。
0iStock_000005509580XSmall.jpg

長期化の覚悟が必要なようです(T_T)。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rresearch.blog103.fc2.com/tb.php/213-1c0f38f0

0件のトラックバック

2件のコメント

[C586] 明るい話題は無いのでしょうか?

見渡す限りの焼け野原のような、
暗い話ばかりですね。

「大不況の予感を感じながら」というよりも、
「既に大不況になっている」ような気分です。
景気は気分の影響も多分に受けます。
少しは明るい話は無いのでしょうか?

本日、BIG3の再建案が提出され、
今週中には救済するか否かが決定とのことですが、
GM社内では「破産法11条」も真剣に検討している
というような風説も流れています。

BIG3を救済した場合、
他の業界の救済問題に広がり止め処も無い状態が心配され
救済しなかった場合には、
実態経済への影響がはかり知れないという、
どっちをとっても手も足もでないような感覚ですね。

10年間は覚悟かもしれません。
(10年たったら定年じゃん!)
  • 2008-12-02
  • Oichan
  • URL
  • 編集

[C587] 10年経ったら、

自営業者なので、定年かどうかは
分かりませんが^^;

で、明るい話題ですが、

ないことはないのですが、規模が小さい。

一番金額が大きいのは
・中国が自国インフラの整備に57兆円を投資すると言う話

・米国がやっとその気になったと言う話(これが明るい話かどうかは微妙)
・世界中の国々が何とかしようとするコンセンサスが出来た。

つまり起こる事は決まっているのに、対策が不十分。
一言で言うと、これですね。

今日も東京市場はNYの大幅安につられてかなりしんどい展開に
なりそうです。今見ていませんが、8,000円を割り込む感触。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

アールリサーチ

プロフィール

アールリサーチ

Author:アールリサーチ
デザインの時代

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

就職活動の強い味方
就活対策・就職対策なら就活コーチ

フリーエリア

今日の一言


presented by 地球の名言

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。