Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rresearch.blog103.fc2.com/tb.php/225-1b245504

-件のトラックバック

-件のコメント

[C628] インドというと・・・

インドは世界的に非常に大きな影響力を持つ国になりつつある・・・
というイメージはありますが、
その実態は、ほとんど知らない、というか知る機会がありません。

学問の世界で言えば、インド人は数学向きで天才的な数学者を輩出。
その能力を活かして、ソフトウェア開発にもすぐれている。
宗教は、ヒンズー教と一部イスラム教(?)で、
仏教はごく僅か。
社会背景として、
カースト制度が非公然ながら残っているというような話も聞きますが
まだ、相当強く残っているのでしょうか?

「明日に続く・・・」を期待しています。
  • 2008-12-17
  • Oichan
  • URL
  • 編集

[C630] 最近のインド

私も行った事がありません。

私の頭の中でのインドは高校時代の地理・歴史の
牛が街を練り歩く、ガンディ、カースト制度

くらいで30年間、時が止まっています。

今のインドの経済発展振りはすさまじいようです。

ただその陰に隠れた「暗部」を今日続きで書きます。

お楽しみに

[C633] コルカタ

娘が夏休みにコルカタで15日間ホームステイしました。

お父さんは日本企業の通訳で、日本語も話せ、お嬢さんは教師で英語が話せる家庭でしたが、中流家庭に入るのだとか。

野良犬の多さ、路上生活者の多さに驚き、庶民の生活からは、インドのどこが経済発展しているのか理解できなかったそうです。

牛が歩いているのも見かけたそうです。

3回目のインド観光旅行は無料になるという法律ができるとか。これは、娘には内緒です。

[C635] お嬢さん国際派ですね。

インドでは中流階級と呼ばれる階層が
30%に達しようとしています。

ただ人口が多いため3億人です^^;。

もう一つの大きな問題がお嬢さんの体験された、
貧困と格差の問題です。
7億人が貧困の状況にあります。

中国と同様、世界の一流国家になれるかどうか
はこの貧困と格差を解決しなければならない
でしょう。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

現代インド都市の風景から見えるもの

昨日はヒルズ・セミナー(無料)で

「現代インド、都市の風景から見えるもの」を受講してきました。

全く畑違いなのにとは、思いましたが、結論は行ってよかったです。

ちょうど現在ヒルズ美術館にて「チャロー!インド美術の新時代」と言う展覧会が
開かれています。この講演はそのタイアッププログラムになっていて今回が第一回、
年明け第三回まで予定されています。


講師は、インド研究家と現地経験の長い若手の画家。

とにかく発展しまくっているようです。

インドは第二次世界大戦後は社会主義的計画経済を選択し、
旧ソビエト連邦と非常に近しいあいだにありました。

冷戦の終了と共に市場経済を開放し、現在に至っているそうです。
2000年ごろから急速に市場経済が発展し始めた

その頃の変化は
スーパーマーケット、ファーストフード、レストラン、バー
ネットカフェ、固定電話がない中でいきなり携帯電話、


それが今日では
・gated mansion 入り口に厳重なガードが立ち、外部からの侵入者を防ぐ
・ペットブーム
・ヨガのDVDのヒット、ヒーリングCDの流行
・映画館よりもシネコンプレックス
・週末はインド風に暮らしませんか?と言う特集を組むインテリア雑誌があるそうです。(笑)


子供の教育にも熱心で、
インドで現在最先端の流行は「公文」の教室にいれることだそうです^^;。
そしてアメリカのMITにみたてた「IIT」に子供を入学させることが
将来の幸せの源泉になっている。なんか30年くらい前の日本でしょうか。

と、ここまでは

10億人の国民の中で比較的裕福な3割の中間層以上の生活だと言うことです。

現在でもやはり農村は貧しい。大体、各家庭にテレビは入ったそうですが、
携帯電話とは行かないようです。ただ大きく違うのは、農村の貧しい人達が
テレビを通じて都市や中間層の生活を見てしまった、ということです。
(この編の事情は中国ととても良く似ていますね)

20年後には中国を抜いて世界第一位の人口を持つ国になります。
国内市場だけでもとんでもない規模があります。

そんな順風満帆に見えたインドですが、
1、世界経済の急速な収縮の波に呑まれています(株価は約半額)
2、先日ムンバイで起こったテロ、ぬぐいがたい宗教対立


それだけではない、悩みを抱えたインドの姿があります。
(明日に続く)^^;

0india.jpg

現在では若い女性は民族衣装を着ることは少ないそうです。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rresearch.blog103.fc2.com/tb.php/225-1b245504

0件のトラックバック

4件のコメント

[C628] インドというと・・・

インドは世界的に非常に大きな影響力を持つ国になりつつある・・・
というイメージはありますが、
その実態は、ほとんど知らない、というか知る機会がありません。

学問の世界で言えば、インド人は数学向きで天才的な数学者を輩出。
その能力を活かして、ソフトウェア開発にもすぐれている。
宗教は、ヒンズー教と一部イスラム教(?)で、
仏教はごく僅か。
社会背景として、
カースト制度が非公然ながら残っているというような話も聞きますが
まだ、相当強く残っているのでしょうか?

「明日に続く・・・」を期待しています。
  • 2008-12-17
  • Oichan
  • URL
  • 編集

[C630] 最近のインド

私も行った事がありません。

私の頭の中でのインドは高校時代の地理・歴史の
牛が街を練り歩く、ガンディ、カースト制度

くらいで30年間、時が止まっています。

今のインドの経済発展振りはすさまじいようです。

ただその陰に隠れた「暗部」を今日続きで書きます。

お楽しみに

[C633] コルカタ

娘が夏休みにコルカタで15日間ホームステイしました。

お父さんは日本企業の通訳で、日本語も話せ、お嬢さんは教師で英語が話せる家庭でしたが、中流家庭に入るのだとか。

野良犬の多さ、路上生活者の多さに驚き、庶民の生活からは、インドのどこが経済発展しているのか理解できなかったそうです。

牛が歩いているのも見かけたそうです。

3回目のインド観光旅行は無料になるという法律ができるとか。これは、娘には内緒です。

[C635] お嬢さん国際派ですね。

インドでは中流階級と呼ばれる階層が
30%に達しようとしています。

ただ人口が多いため3億人です^^;。

もう一つの大きな問題がお嬢さんの体験された、
貧困と格差の問題です。
7億人が貧困の状況にあります。

中国と同様、世界の一流国家になれるかどうか
はこの貧困と格差を解決しなければならない
でしょう。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

アールリサーチ

プロフィール

アールリサーチ

Author:アールリサーチ
デザインの時代

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

就職活動の強い味方
就活対策・就職対策なら就活コーチ

フリーエリア

今日の一言


presented by 地球の名言

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。