FC2ブログ

Entries

新春放談会(続き)

第二部は政治についてでした。

今年はいやでも総選挙がありますし、その手の話かなと思ったら結構細かい。

まず一つ目、官製不況
1、貸金業規制法案 消費者を守る策としては有効だが、法人を相手に
  資金を供給する会社がいなくなってしまった。
  昨年倒産した「アーバン・コミュニケーション」(マンションディベロッパー)は
  年間の利益が600億あり、監査法人のお墨付きがあったにもかかわらずつぶれた。
  誰も貸し手がいなくなったから。
リスクテイクと金利のトレードオフがなくなった。

2、建築基準法案  
  いわゆる姉羽物件を防ぐために強化されたが、審査に時間がかかり過ぎて
  マンションの着工が出来ない事態が起きている。当然、マンション業界は、
  非常に厳しい状況にある。

3、日銀のお粗末金融政策
  昨日も少し触れましたが、日銀の金融政策が遅いのです。しかも何とか市中金利を
  あげることに汲々としている。今の株価の水準を作り出しているのは日銀の金融政策
  の誤りである。
  (詳細は 高橋洋一著 「この政策が日本経済を救う」光文社新書 に詳しい)
31420nBRv5L._SL500_AA240_[1]


続いて政治全般
ここからは、結構「馬鹿だ」「チョンだ」と言う議論が多くなりあまり見るものがなし。

最後に 根本的に見直さなければならないものとして
1、一票の格差
2、三権の独立(1がらみです)
3、メディア(官僚どっぷり)昨日の講演ではメディア席が特別に用意されていましたが、
  (質問タイムになってからも誰も質問もなし)(T_T)。


最後に面白いアイディアだと思ったのは、
給付金(あの例の)(笑)、あれほどの無駄はないと言う話は当然として。
二兆円あったら何ができるか。

電気自動車、今一台当たりのコストがガソリン車に比べると@200万円高い、
これを政府の補助金として、一台当たり@200万円出そう。そうすると来年の
日本には100万台の電気自動車が走り回ることになる。


世界に先駆けて電気自動車の技術、普及でトップに立てる。自動車産業は
救われる。


最近、感覚がおかしくなっています。金銭の感覚です。何十兆円、と言う単位に
慣れてしまっていますが、実は2兆円あればこのくらいの事ができます。
(電卓を叩きましたが、計算は間違っていない^^;)

この話をきいた途端に思いだした言葉があります。一時企業で大流行になった言葉、

選択と集中です

国をマネージメントすると言うことから言えば企業戦略も国の戦略も変わらない。
企業はとっくに行っている戦略。まだ、間に合う。こういう議論を闘わせるのが
政治であり、国会のなのではないかと、感じました。

0economy.jpg

全部門を伸ばそうなんて無理。
中途半端な国づくりでは日本は危ない
スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rresearch.blog103.fc2.com/tb.php/235-37c1d4fa

0件のトラックバック

4件のコメント

[C661] 建築基準法について

2番目の建築基準法の問題については、
私的には異論があります。

確かに、同法の改正により「建築確認の審査」に時間がかかり、
工事着工が遅れているという現象は、
昨年の早い時期から問題になってはいましたが、
この問題はむしろ、
規制緩和によって建築確認申請が民間に委託されたことの
「ツケが回ってきた」という面が強いと感じています。

今回、景気刺激策として、
遅々として進まない学校校舎の耐震強化を
大規模な公共事業で一気に進めたらという議論もありましたが、
 ・「耐震設計できる建築士」が不足しており、設計入札しても落札されない
  (落札しても仕事が追いつかないので
   意図的に高い価格で応札する場合もあり)
 ・提出された構造計算書を審査する能力が不足している。
の2点で実施できないという話もあります。

特に2つ目の点は、民間委託したために、
それまで行政側がもっていた審査のノウ・ハウが失われたという面が
相当影響していると感じます。

また、1番目の貸金業規制の問題は、
むしろせっぱ詰まった消費者が、
「闇金融」に手を出さざるをえなくなり、
生活破綻や自殺、失踪等につながるリスクの方が
大きいと思います。
黒字企業の倒産は、貸金業規制よりも、
一般の金融機関の貸剥がし・貸渋り・・・
リスクテイクをまったくせず、
企業を育てるという意識が無くなっていることに
問題があるのではないでしょうか?

ちょっと、とりとめない反論になってしまいましたが、
「選択と集中」については、
まったく同意見です。
ただし、電気自動車を年間に100万台作る生産力ができるには
何年かかかるとは思いますが・・・。
  • 2009-01-07
  • Oichan
  • URL
  • 編集

[C662] 建築基準法

についてはよく分からないので、コメントは
差し控えます。

貸金業規正法に関しては消費者金融に関して
は、これで良いと思うのですが。
いわゆる商工ローン(法人貸し)が縮んでしまって
いるのが問題だと感じます。
商工ローンですらそうなのですが、一般の金融
機関についてはもっとひどい。貸し出しどころか
貸はがしをしています。

選択集中については二兆円と言う金額の大きさ
を表現しただけです。電気自動車は一つの例で、
福祉や医療や、最先端科学等へ選択と集中で
きます。
それがほんの一時の消費で消えてしまうのは
平成の愚作と言われても仕方がないと思います。

[C663] 選択・集中

2兆円・・・本当にもったいないです。
「欲しくない」とは言いませんが、
「もっと有効な使い方をして欲しい」ものです。

もし他の使い方をするという場合も、
何に集中的に投下するかが難しいところですね。
無難にいくのであれば、
 アフターハイブリッドカーや、
 家庭用太陽光発電、
 その他のグリーンエネルギー関係で、
 内需を作り出しながら対外競争力を高めて
 外需も取り込んでいく
のが、外せないポイントでしょうか?

内需メインで考えるのあれば、
 介護や福祉の問題の他、
 教育の再構築、あるいは
 今後の世界的な食糧状況を考えての農業育成、
 ・・・ 農家の育成と農業法人の育成
などが捨て難いところでしょう。

ただ、いずれの分野に力を入れていくにしても、
新たな公益法人が作られて天下り先になったり、
2兆円が途中の経路で目減りしてしまうようなことがないように
きちんと見張っていくことが今まで以上に強く求められていると思います。

欧米流(というか米国流)の競争社会化にさらされた結果、
旧来の日本の美徳が急激に消滅しており、
最近の日本人はへたに信用できないという気持ちを強くしていますので。
  • 2009-01-07
  • Oichan
  • URL
  • 編集

[C665] 選択・集中

私は次世代科学への集中を期待したい。

電気自動車
クリーンエネルギー
太陽光発電
海水淡水化
IPS細胞の進化

などかな。
英語教育
なども次世代人材の育成のためには必要

本当にばら巻きをやるのでしょうか。
自民党、麻生さんの意地だけで2兆円が。

原油価格の高騰でガソリンが値上げになった
事に対応した施策でしたよね。多分麻生さんは
今のガソリンスタンドの料金表をみた事が
ないとしか思えません。憂国。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

アールリサーチ

プロフィール

アールリサーチ

Author:アールリサーチ
デザインの時代

月別アーカイブ

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

就職活動の強い味方
就活対策・就職対策なら就活コーチ

フリーエリア

今日の一言


presented by 地球の名言

RSSフィード