Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rresearch.blog103.fc2.com/tb.php/271-15673e16

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

白の逆襲

「シロモノ」家電が活気付いていると言う。

「シロモノ」とは
冷蔵庫、洗濯機、掃除機、空気清浄機、クーラーなど
数十年の歴史を持ちながら、比較的ローテクなため、新興国(韓国、中国)に
海外では大きなシェアを取られてしまっている。


それが、海外で販路を拡大しようとしている。

安くて、あまり性能差がないと言われ続けた、「シロモノ」家電。
これが活気付くきっかけは、

「環境配慮」である。images[3]


パナソニックは、斜めドラム式の洗濯機、冷蔵庫は独自の真空断熱材で。

いずれも「消費電力を抑え」ることが特徴。

洗濯機は節水型に大きな特徴を持つ。

いずれも、「儲からない」という理由で避けられてきたが、ここへ来て
中国、インドなど合計20億人と言う巨大マーケットの購買力が上がってきた。


「省電力」「節水」「静音設計」

我が家も「クーラー」が故障し、新しい物を入れたが、
電気代は従来の1/2以下。また、性能が明らかに高い。すぐ部屋が
温まるのである。20畳用の、200V、メンテナンス10年間不要、工事費コミで14万円。

もし、インドの家庭にすべてクーラーが設置されたら大変なビッグビジネスになる。
(その前にエネルギー問題を解決させる必要があるが)

改めて日本のメーカーの製品に対するこだわり、執念とも言うべき不屈の「カイゼン」
に頭が下がる。


また「シロモノ」家電はPCやAV家電に比べると開発のサイクルも長く
値崩れもしにくい。携帯などは半年に一回の新製品を求められる。とても
利益を回収するサイクルではない。

豊かになり始めた新興国には「プレミア品」として売り込み、成熟期に入っている
欧米各国には「エコ・コンシャス」で売り込みをかける。


日本の環境技術
(省エネ、節水、静音、ハイブリッド)で世界に勝負!

0laundry.jpg

不況を吹き飛ばすのは、案外、こうした生活家電なのかもしれない。

それに付けても、主婦の家事は大変ですね^^;。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rresearch.blog103.fc2.com/tb.php/271-15673e16

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

アールリサーチ

プロフィール

アールリサーチ

Author:アールリサーチ
デザインの時代

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

就職活動の強い味方
就活対策・就職対策なら就活コーチ

フリーエリア

今日の一言


presented by 地球の名言

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。