Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rresearch.blog103.fc2.com/tb.php/274-53124329

-件のトラックバック

-件のコメント

[C11747] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

[C12108] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

[C13243] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

米国コンシューマーレポート

が発表したクルマ、各ジャンルごとのベストカー

●スモールセダン:ヒュンダイ・エラントラSE
●ファミリーセダン:ホンダ・アコード
●アップスケールセダン:インフィニティG35
●ラグジュアリーセダン:レクサスLS460L
●グリーンカー:トヨタ・プリウス
●ファン・トゥ・ドライブ:マツダMX5ミアータ
●スモールSUV:トヨタRAV4

●ミッドサイズSUV:ヒュンダイ・サンタフェ

●ミニバン:トヨタ・シエナ
●ピックアップトラック:シボレー・シルバラード1500スーパーキャブ

なんと10車種中7台が日本車。
次いで韓国(ヒュンダイ)が二車   つまり日韓で10車種中9車種!
アメリカはシボレーがかろうじて一台。
自動車大国アメリカはどこに行ったのか(T_T)。

トヨタが三台
日産が一台
ホンダが一台
マツダが一台

やはり、トヨタがダントツ。0toyota.jpg

トヨタショックから始まった日本の不況。
でもトヨタは5月からフル稼働体制に戻すと発表。

生産調整を行っているのだ。
その生産調整が一段落すればトヨタは再び攻めにでると思う。

やはり底力がちがう。
潤沢な手持ち資金で究極のエコカー

水素自動車

の世界を目指している。

一方アメリカはわずか一車種。
これではどうにもならないだろう。日本のメーカーに最も良いシナリオは、
現状のまま、救済を受け続けることでしょう。

会社が縮みます

一方、日本の民事再生法に近い破産手続きを取られると厄介です。
雇用関係を一旦チャラにした上で再建をされると3年後には強敵になります。
(アメリカの自動車産業はUAWと言う全米で一番強い組合のおかげで
すさまじい、高コスト構造になっています)

インドではとうとうタタが28万円の自動車を販売する。0nana.jpg

このコスト構造には先進国のメーカーは立ち打ち出来ない。
しかし、従来のガソリン自動車がインド中、世界中を走り回ることは
どうなのか?

散々これまで排ガスをまき散らかして来た側としては後ろめたいが・・・・
0greencar.jpg


ところで冒頭のレポート
総合的に優れたメーカーランキングも発表している
トップ3 ホンダ、マツダ、トヨタ
ワースト3 GM、スズキ、クライスラーだった。だめだこりゃ(T_T)。




スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rresearch.blog103.fc2.com/tb.php/274-53124329

0件のトラックバック

3件のコメント

[C11747] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

[C12108] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

[C13243] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

アールリサーチ

プロフィール

アールリサーチ

Author:アールリサーチ
デザインの時代

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

就職活動の強い味方
就活対策・就職対策なら就活コーチ

フリーエリア

今日の一言


presented by 地球の名言

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。