Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rresearch.blog103.fc2.com/tb.php/300-d2d5e1ed

-件のトラックバック

-件のコメント

[C788] 何ともはや・・・

中国については、
世界の成長を牽引するエンジンとして期待されている裏に、
 ・巨大な格差社会が誕生し、ますます拡がっている
 ・内陸部では発ガン性物質を含め、強烈な環境汚染が進んでいる
 ・チベットを代表とし、少数民族の迫害が進んでいる
というようなひどい状態である一方で、上海などは超近代都市として成立しており、
同様の都市が今後いくつもできる見込みである
というように、光の当る面と影の面で、まったく異なる世界が存在しているようですね。

でも、日本でもこの10年強の間に、
 ・発展する東京と、取り残された地方
 ・内部留保強化する大企業と、疲弊する中小企業および労働分配率の低下
  雇用の安定性・・・ひいては生活の安定性の虚弱化
 ・高齢化と食生活文化の変化による農業および漁業の衰退
というように、格差というか裏と表というか、
中国同様の国内問題をかかえていると強く感じます。

 ・国家の借金が少ない分だけ中国の方がましか
 ・国民が膨大は資産を保有する分だけ日本の方がましか

どっちもどっちでしょうか?
  • 2009-04-03
  • Oichan
  • URL
  • 編集

[C789] 中国と日本

私もこの講演を聴いて愕然としました。

「影の工場」
世界中がだまされている。

Oichanさんのどっちがいいか、に関しては
圧倒的に日本がいい。

言論の自由
移動の自由
職業選択の自由 があるから。

「取り残された地方」に関しては全く実感が
ないのです。すみませんm(_ _)m。

中国には雇用の安定はありません。
労働基準法が全く機能していないから。
劣悪な条件で、それでも現金収入を求めて
農業を捨てる人は数億人の予備軍がいる。

また、格差社会と言いますが。
95%は貧しいまま。
5%が富裕層、でも5000万人!
中間層が薄い。

すごいのはやっぱり圧倒的に多い人口です。

日本はこれから内需拡大が見込めない。
輸出は当分ダメ(T_T)。出口が見えませんね。
  • 2009-04-03
  • りゅうぼん
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

中国貧困絶望工場

アレクサンドラ・ハーニーさん。

「中国貧困絶望工場」の著者です。
六本木ヒルズ・ライブラリー講演。3Kでした(安い!)。0alexnadora.jpg


まず驚いたことは

日本語が目茶目茶上手い
生粋のアメリカ生まれ。大学生になってから日本を知り、
猛勉強したとか。

最近あまり聞かない「美しい日本語」でした。
ちなみに、中国語とフランス語も得意だと言うことでした^^;。

中国がここまで経済発展を遂げたのは、世界の下請工場として

「China Price」

で供給し続けたこと。

ただし、これには裏があると言う。10年前でならまだしも、今はもっと人件費が
安い国がある。それでも中国はチャイナ・プライスを実現させた。

理由
①とにかく安く生産するために、環境配慮などは全くなし
②安い給料でも働きたいと言う労働者の存在(内陸部には数億人単位)
③輸出先の先進国の企業の要求が非常に厳しかった
と言う背景がある。

日本でも冷凍餃子が大きな事件となったが、

とにかく工場の現場が劣悪らしい。0chainan.jpg


ウォルマートが中国に発注するに当たってCSRを守る約束を求めた。
中国の企業が取った対応は、
「見学用の工場を新設」実際の生産は 「影の工場」 」で行った(驚愕)。

実はこうした「影の工場」はこの企業だけではない、という。

著者の本で明らかになった、「影の工場」は沿海部からは消えたと言う。
その実は、賃金が安い働き手がいる、内陸部に場所を移しただけ。


そんな影の工場を取り締まる法律はある、が、検査をする役人の数が少ない。
また、たまたま監査には言っても多くは賄賂で問題なし、となる。


著者ハーニーさんはフィナンシャル・タイムズの香港支社の元記者。
中国を担当するようになってから6年。中国語は現地の人と間違われるほど
流暢。少しずつ仲良くなっていろんなことを現地の人から聞き出す。

08年世界経済の危機に巻き込まれ多くの企業が倒産したと言う。
そんな中国であるが、マインドは案外ポジティブだそう。
「もともと貧乏には慣れっこ。未来の方が明るい」と答える。

昨年の著書は米国と日本で発売。当然中国では販売できない。

しかし、こんな本を書いて身の危険はないのか?
取材をした人に嫌がらせはないのか?


「一度だけ事情聴取を受けただけ」
ただし、FT社は辞めてフリーランス・ライターでごまかした。
旦那さんと家に帰ると会話はフランス語、盗聴の危険があるらしい。

こんなたくましい女性は初めて(ご本人です→)。0alexandrah.jpg

0acitiverunninggirl.jpg


いや、あと四人ほどいますね>たくましい女性。誰かはナイショ^^;。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rresearch.blog103.fc2.com/tb.php/300-d2d5e1ed

0件のトラックバック

2件のコメント

[C788] 何ともはや・・・

中国については、
世界の成長を牽引するエンジンとして期待されている裏に、
 ・巨大な格差社会が誕生し、ますます拡がっている
 ・内陸部では発ガン性物質を含め、強烈な環境汚染が進んでいる
 ・チベットを代表とし、少数民族の迫害が進んでいる
というようなひどい状態である一方で、上海などは超近代都市として成立しており、
同様の都市が今後いくつもできる見込みである
というように、光の当る面と影の面で、まったく異なる世界が存在しているようですね。

でも、日本でもこの10年強の間に、
 ・発展する東京と、取り残された地方
 ・内部留保強化する大企業と、疲弊する中小企業および労働分配率の低下
  雇用の安定性・・・ひいては生活の安定性の虚弱化
 ・高齢化と食生活文化の変化による農業および漁業の衰退
というように、格差というか裏と表というか、
中国同様の国内問題をかかえていると強く感じます。

 ・国家の借金が少ない分だけ中国の方がましか
 ・国民が膨大は資産を保有する分だけ日本の方がましか

どっちもどっちでしょうか?
  • 2009-04-03
  • Oichan
  • URL
  • 編集

[C789] 中国と日本

私もこの講演を聴いて愕然としました。

「影の工場」
世界中がだまされている。

Oichanさんのどっちがいいか、に関しては
圧倒的に日本がいい。

言論の自由
移動の自由
職業選択の自由 があるから。

「取り残された地方」に関しては全く実感が
ないのです。すみませんm(_ _)m。

中国には雇用の安定はありません。
労働基準法が全く機能していないから。
劣悪な条件で、それでも現金収入を求めて
農業を捨てる人は数億人の予備軍がいる。

また、格差社会と言いますが。
95%は貧しいまま。
5%が富裕層、でも5000万人!
中間層が薄い。

すごいのはやっぱり圧倒的に多い人口です。

日本はこれから内需拡大が見込めない。
輸出は当分ダメ(T_T)。出口が見えませんね。
  • 2009-04-03
  • りゅうぼん
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

アールリサーチ

プロフィール

アールリサーチ

Author:アールリサーチ
デザインの時代

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

就職活動の強い味方
就活対策・就職対策なら就活コーチ

フリーエリア

今日の一言


presented by 地球の名言

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。