Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rresearch.blog103.fc2.com/tb.php/306-56d95fb5

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

不都合な真実

世界的に株価が戻している。

今日(4月10日)も8900円と年初安値からすると25%と言う高い水準のアップである。
マスコミも「底を打った」と言う論調が出始めている。

残念ながらそれらの楽観論はおそらく間違い。

最初にgood news がもたらされたのは、米国の新築住宅着工戸数が
前月に比べて4.7%回復した、と言うものでした。

米国の新規着工戸数
2005年 200万戸
2006年 180万戸(▲13%)
2007年 136万戸(▲24%)
2008年 90万戸(▲34%)
2009年 2月は年率換算 34万戸(▲63%)


3月の着工戸数が5%は2月をわずか1000戸上回っただけ。
もしかしたらここが底なのかもしれませんが、

2005年の200万戸 が  2009年に34万戸 に ▲83%ダウンと言う水準です。

アメリカの住宅市場の復興がなければこの厳しい危機は乗り切れません。
相変わらず、対前年比では大幅に下回っているのです。

もう一つ住宅関連の在庫を見て見ましょう。
2005年 4ヶ月(正常水準)
2006年 8ヶ月
2007年 10ヶ月
2008年 15ヶ月 
 

さらに差し押さえ物件数
2005年 90万件  → 2008年 360万件
0iStock_000004273718XSmall.jpg

なに一つよくなっていないのです(T_T)


日本の株価上昇の原因は
いわゆる「PKO (Price Keeping Operation)」株価対策です。
3月末の株価を高い水準に置かないと危ない金融期間がたくさんあった
ということです。

買いに入ったのは「年金積み立て管理運用独立法人」です。
8000億円の買いオペでした。然操っているのは政府です。

国民の年金を担保に株を買い続けました。

今の株式市場は「薄商い」続きです。ここに8000億ものマネーが
流れれば、株価は上がります。

もう一つはガイジン売りの抑制です。これも3月期決算対策。
(昨年来一ヶ月に一兆円を売り込んできたファンドが売りを控えました)

高すぎる株価はPERでみると明らかになります。
日本 122倍
台湾 26倍
米国 20倍
中国 18倍
ドイツ 10倍
英国 10倍


もちろんPERですから利益水準がベースです。
利益が出ない日本の会社の株価は明らかに異状です。

これがこのまま放置されるとは思えません。
今調子がよさそうだから「株でもやって見ようか」とお考えの方。
もう一度よ~~~く、考えてください^^;。

ガイジンが今の株価水準ならいつ売り越してもおかしくない。
再び一ヶ月に一兆円の売り越しなら、株価は今の水準をキープする
ことは出来ないでしょう。

0devill.jpg


世界金融危機はまだ悪化していると言って良いでしょう。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rresearch.blog103.fc2.com/tb.php/306-56d95fb5

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

アールリサーチ

プロフィール

アールリサーチ

Author:アールリサーチ
デザインの時代

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

就職活動の強い味方
就活対策・就職対策なら就活コーチ

フリーエリア

今日の一言


presented by 地球の名言

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。