Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rresearch.blog103.fc2.com/tb.php/40-6def9f99

-件のトラックバック

[T1] 真央って最高だと思いませんか!

こんにちは。今日も見てくれてありがとう。ブログの更新行きますね。今日は真央に関す...

-件のコメント

[C122] 恐るべき身体

フィギュアスケートは結構好きですし、
大きな大会であれば地方でもそれなりに放映するので、
結構みてます。
しかし、スピンの身体の使い方は本当に「人間とは異なる何か」ではないかと感じますね。
ビールマンスピン、ドーナツスピン、どれもこれも
「あんな格好で」「あんなスピード」で回転するとは、人間業とは思えません。

マジシャンというかお笑い芸人というか、
名前をちょっと忘れましたが、エスパー何とかという人がいます。
彼は、身体を小さく折りたたんで小さな鞄の中に入ってしまったり、
先日は「新ネタ」ということで、テニスの「ラケットくぐり」
…ガットが貼ってあるところのガットを外して、
 関節をいろいそがちゃがちゃしながら、
 その輪の中を通り抜けてしまった ・・・
をやったりするのですが、
フィギュアのスピンは、エスパーに通じるものがあると思ってしまいました。
  • 2008-04-21
  • Oichan
  • URL
  • 編集

[C123] いいものを見た

と、言うのが正直な感想ですね。

世界のトップスケーターはやはり桁違い。
中野さんのスピンは芸術品ですね。
(エスパー伊東と一緒じゃ可愛そう^^;)

それにしてもあの手持ち無沙汰感を何とかしようと
思わないんですかね。主催者は?

今は良いけど、人気者がいなくなったら寂れるぞ。

イエローカード一枚
(それにしても何であんなに判定に時間がかかるのかそれも不思議でした)

[C124] 相撲の間(ま)と考えれば・・・

フィギュアの待ち時間ですが、
相撲での次の取組みまでの間と同じように受け止めることは
できないでしょうか?

1つの取組みが終わって、次の取組みの力士が土俵に上がり、
四股を踏んだり、塩をまいたりしながら、
何度も仕切りを繰り返して、
取組みへの気合いを高めていく・・・
という、「土俵芸術」が日本にあるではないですか!

フィギュアでも、
 ・一方で、前演技者の採点結果が出るのをどきどきするのを待ちながら
 ・また、当然、次の演技者は前の演技者の採点も気にしたりしていて、
 ・そういう中で、次演技者が最終調整しながら気合いを充実するのを眺め、
という、そういう間を、選手といっしょな気分になってでどきどきしながら、
演技開始・・・“爆発”・・・を待つ

というのは、やはり相撲とは違って難しいんだろうなぁ。

※エスパー伊東と比べたのは、ちょっと申し訳なかった。
  • 2008-04-22
  • Oichan
  • URL
  • 編集

[C125] 相撲の間ではないですね

いきなり結論で申し訳ない。

「なんにもない」、なんですよ。
相撲の仕切りはこれは分かる。

でも、フィギュアの場合は何もない。
「手持ち無沙汰だね」
「何であんなに判定に時間がかかるの」
と言う会話を何回もしました。

おそらくフィギュア関係者はあれを「普通」のことと
受け取っているんでしょうね。
素人が口を出すな!くらいの意識なんじゃないかな。

危機意識のなさを危惧しています。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

浅田真央とテレビの編集

昨日、フィギュアスケートの「ジャパンカップ」を見に
さいたまスーパーアリーナに出かけた。images[7]


かみさんが、高橋大輔君のファン、私はミキティのファンと言うことで
初フィギュア観戦。
ヨーロッパ大陸、北米大陸、日本の3つのチームに分かれて男子二人
女子二人のチームを組んでの戦いでした。

生で見るのは初めてですが、あれは「人間業」ではないですね^^;。
特に中野ゆかりさんのスピン。カメラ目線でなく高いところから
見ると特に。何で、あんなことが出来るのでしょう?不思議です。
images[18]


勝負は最後の最後で浅田真央さんが大逆転の演技で結構盛り上がりました。
images[8]


が、初観戦の私には「?」がありました。
選手の演技が終わってから「得点」が出るまでにしばらくかかりますよね。
テレビでは演技のVTRと解説者のコメントなどが入ってちょうど良いのですが、
会場では、

無音^^;

何もないのです。次の滑走順の選手がウオームアップをしているのですが、
音楽がかかるではなし、さいたまアリーナはスクリーンが小さいのでそれに
集中するでもなし。結構手持ち無沙汰でした。

帰ってテレビ番組表を見ると東京12chで夜8:00から中継があるではないですか。
HDDに録画をして見ました(最近もっぱらタイムシフト視聴です^^;)。

全然違う(笑)。まず目線。テレビは一番下の席で見ている絵です。
コマーシャルは入るのですが、VTRと解説であの「手持ち無沙汰感」がない。
編集と言うものの恐ろしさを改めて感じました。

会社員時代にテレビの取材を受けたことがあり、30分近くいろいろ話を聞かれ
ました。が、オンエア20秒(笑)。しかも自分が言いたかったこととは違う文脈。
メディアが怖いのはこれですね。

それにしても
チケットを予約した時は「安藤美紀」と「エフゲニー・プルシェンコ」の二人が
ブッキングされていたのですが、当日行って見るとお二人とも欠場。
私はこの二人を見たかったのに(T_T)。
プルシェンコは途中で欠場のお詫びに出てきたのですが、ミキティは何にもなし。
世界選手権の時に怪我をしたと言うのは知っていたのですが、パンフレットに
堂々と名前が出ているのに釈明も何もなし。もし外国にいるのであればビデオレター
でもよかったのに・・・・・がっくしorz。

結局浅田真央さんが1人だけ別次元の滑りを見せました。高い、早い!
いいものを見ました。テレビだけでは分からない凄さがあります。お勧めです。

あ、観戦される際には、毛布が必要です。全く知らなかったのですが、寒い。
考えて見れば当然なのですが。3時間会場にいると体の調子そのものがおかしく
なりました。帰りの電車では悪寒と発熱感が・・・・・お気をつけて
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rresearch.blog103.fc2.com/tb.php/40-6def9f99

1件のトラックバック

[T1] 真央って最高だと思いませんか!

こんにちは。今日も見てくれてありがとう。ブログの更新行きますね。今日は真央に関す...

4件のコメント

[C122] 恐るべき身体

フィギュアスケートは結構好きですし、
大きな大会であれば地方でもそれなりに放映するので、
結構みてます。
しかし、スピンの身体の使い方は本当に「人間とは異なる何か」ではないかと感じますね。
ビールマンスピン、ドーナツスピン、どれもこれも
「あんな格好で」「あんなスピード」で回転するとは、人間業とは思えません。

マジシャンというかお笑い芸人というか、
名前をちょっと忘れましたが、エスパー何とかという人がいます。
彼は、身体を小さく折りたたんで小さな鞄の中に入ってしまったり、
先日は「新ネタ」ということで、テニスの「ラケットくぐり」
…ガットが貼ってあるところのガットを外して、
 関節をいろいそがちゃがちゃしながら、
 その輪の中を通り抜けてしまった ・・・
をやったりするのですが、
フィギュアのスピンは、エスパーに通じるものがあると思ってしまいました。
  • 2008-04-21
  • Oichan
  • URL
  • 編集

[C123] いいものを見た

と、言うのが正直な感想ですね。

世界のトップスケーターはやはり桁違い。
中野さんのスピンは芸術品ですね。
(エスパー伊東と一緒じゃ可愛そう^^;)

それにしてもあの手持ち無沙汰感を何とかしようと
思わないんですかね。主催者は?

今は良いけど、人気者がいなくなったら寂れるぞ。

イエローカード一枚
(それにしても何であんなに判定に時間がかかるのかそれも不思議でした)

[C124] 相撲の間(ま)と考えれば・・・

フィギュアの待ち時間ですが、
相撲での次の取組みまでの間と同じように受け止めることは
できないでしょうか?

1つの取組みが終わって、次の取組みの力士が土俵に上がり、
四股を踏んだり、塩をまいたりしながら、
何度も仕切りを繰り返して、
取組みへの気合いを高めていく・・・
という、「土俵芸術」が日本にあるではないですか!

フィギュアでも、
 ・一方で、前演技者の採点結果が出るのをどきどきするのを待ちながら
 ・また、当然、次の演技者は前の演技者の採点も気にしたりしていて、
 ・そういう中で、次演技者が最終調整しながら気合いを充実するのを眺め、
という、そういう間を、選手といっしょな気分になってでどきどきしながら、
演技開始・・・“爆発”・・・を待つ

というのは、やはり相撲とは違って難しいんだろうなぁ。

※エスパー伊東と比べたのは、ちょっと申し訳なかった。
  • 2008-04-22
  • Oichan
  • URL
  • 編集

[C125] 相撲の間ではないですね

いきなり結論で申し訳ない。

「なんにもない」、なんですよ。
相撲の仕切りはこれは分かる。

でも、フィギュアの場合は何もない。
「手持ち無沙汰だね」
「何であんなに判定に時間がかかるの」
と言う会話を何回もしました。

おそらくフィギュア関係者はあれを「普通」のことと
受け取っているんでしょうね。
素人が口を出すな!くらいの意識なんじゃないかな。

危機意識のなさを危惧しています。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

アールリサーチ

プロフィール

アールリサーチ

Author:アールリサーチ
デザインの時代

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

就職活動の強い味方
就活対策・就職対策なら就活コーチ

フリーエリア

今日の一言


presented by 地球の名言

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。