Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rresearch.blog103.fc2.com/tb.php/440-06536c5e

-件のトラックバック

-件のコメント

[C11855] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

[C12171] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

[C12616] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

お墓売ります Ⅱ

昨日に引き続き

お墓

の話し。

まぁ、最後は人間誰でも死にます。
それで大抵の方は葬儀の後、お墓には入ります。

これ実はとんでもないビッグマーケットなんです。

葬儀 1兆7000億円
墓地・霊園事業 4000億円
石材店 3000億円
仏壇・仏具 1800億円

あと法要とか檀家の費用なんかも入れると
まるっと、3兆円です


トヨタには及びませんが、ビッグビジネスです。

ところがこれだけのビッグビジネスなのに業界は闇の中です。

本来霊園の運営母体は非営利事業である必要があります。
うん?もうかんないの?

そこでからくりが、宗教法人が石材店と霊園業者に名義貸しをするのです。
もちろん宗教法人は一定のマージンをもらえるので大切な現金収入。


で、高齢化が進むと、亡くなる人も増える。
でも、本来公共事業的な事業とも言えるのに公営のお墓は目茶目茶に不足
抽選で当たったら宝くじみたいなもんです。
ラッキー。平均で10倍だそうです。

それじゃ民間を探すと、施設は立派なのですが高い。

それに石代が平均で200万円。
石の種類によっては1000万円なんてのもある。

最近では直方体でなく故人の趣味を生かした墓石なんかがはやり。
しかしこれは簡単に想像がつくが高い!

これに仏壇と仏具を加えて法事もやらなきゃ、
と考えているだけで疲れてしまうのが実態です。0abutudan.jpg ←仏壇もピンキリ30万円~数千万円まで


当然損なお金が払えないと言う人も多く。
「主人が亡くなったのですが、入れるお墓がないのでお骨がまだ自宅に」
と言う例が多くなっています。

「墓を継ぐ子供がいない」「死んだ後まで子供に迷惑をかけたくない」
なんていう、現代的な悩みもそこここに。

そんな時代背景から生まれたのが
生前個人墓
中にはさらに自然葬(樹木葬、散骨、宇宙葬)も最近の流行です。

ちなみに宇宙葬は遺骨7グラム専用カプセルに入れてロケットで
打ち上げ、地球の周回軌道に乗ります。打ち上げ失敗の場合は
再度打ち上げてくれます。 おいくら?

105万円images[3]


案外安いかも、お祈りも法事も空を見上げればいいだけですから^^;。
ただ反響がありすぎて現在は募集を止めているそうです、残念。

個人墓では、最近タワーパーキング型のが最新鋭。
残された家族がお参りに言ってカードを差し込むと、
タワーパーキングと同じように、その仏壇が回って降りて来ると言う仕掛け。

なんかありがたみがいまひとつ。でも安さを背景に結構売れているようです。

てな感じでどうにでもできそうなこの業界。
当然、旧態依然たる(自民党みたいな)抵抗勢力が一杯いる。

こんな人達とは全く違う。 ところを目指したい。

お墓を買って安心した。でも、そのお墓には入るまでにはまだ時間がある。
その時間を充実したものにするそんなプログラムを作ってやる。

と張り切っております。

私?長男でとんでもない山の中にお墓があります(T_T)。
0amago.jpg
こんな可愛い孫?ひ孫が遊びに来てくれるところがいいなぁ、私は^^;




スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rresearch.blog103.fc2.com/tb.php/440-06536c5e

0件のトラックバック

3件のコメント

[C11855] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

[C12171] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

[C12616] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

アールリサーチ

プロフィール

アールリサーチ

Author:アールリサーチ
デザインの時代

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

就職活動の強い味方
就活対策・就職対策なら就活コーチ

フリーエリア

今日の一言


presented by 地球の名言

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。