Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rresearch.blog103.fc2.com/tb.php/445-b98e69f5

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

米国の二番底(もしくは底が見えない)

二つの事実がそれを物語っています。

1、アメリカの商業用の不動産の下げがすさまじいことになってきました。

  当然、商業用の不動産融資も債権化されています(CMBS)。  
  住宅と違って、政府の援助が全くない市場です。

  典型的なのは「CAPMARK」社
  この会社、不動産融資の専門会社ですが、先週倒産しました。

  当然この会社が販売した証券化商品を世界中の金融機関も
  保持しています。日本も○●証券が大量保管しています。

  
  何しろ一番気をつけなければならないのはこの商業用不動産の
  市場がサブプライムよりも遥かに大きいことです。

  サブ・プライム 2兆ドル
  クレジット、オートローン 1兆ドル
  商業用不動産ローン 4兆ドル

  米国政府に救済をする力はもうないはずです。

2、今週初めに CIT が破綻しました。
  余りかかれないのですが、この会社日本で言う「手形ブローカー」
  専業の会社です。
  
  (手形というのは日本しかない制度です・・・とてもよく出来ている)
  
  この会社の破綻を米政府は何もせずに見送りました。
  手形機能を持つ会社の破綻は、関係会社の資金繰りを危うくします。

  政府にはこれを救済するお金がないのです。

私は今、ゴールドが急騰している影には米経済の二番底に対応して
いるのではないかと思っています。
1オンス 1100ドル(ソ連のアフガン進行時を除けば)は最高値です。

負債性通貨 → 資産性通貨
証券のリスク(すなわち金利) よりも 現物資産に(金利を産まない)シフトしています。
原油も同じだと考えることが出来ます。

世界各国政府による協調介入は世界の金融機関の破綻を阻止しました。
(実態は証券化商品の時事会計を行わなくてもよいという粉飾決算をしているだけですが)(T_T)。
さすがに500兆円の紙幣の印刷は無理があった。

ゴールドが上がっているわけではありません。
ドルの価値が落ちているのです。


二番底はここから、と感じます。

0iStock_000003544964XSmall.jpg


日本政府には約100兆円の米国債があります。このままでは年間10兆円~20兆円の
下落です。だけど、売れないんだよなぁ。ポチだから。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rresearch.blog103.fc2.com/tb.php/445-b98e69f5

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

アールリサーチ

プロフィール

アールリサーチ

Author:アールリサーチ
デザインの時代

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

就職活動の強い味方
就活対策・就職対策なら就活コーチ

フリーエリア

今日の一言


presented by 地球の名言

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。