FC2ブログ

Entries

アメリカン・ドリーム

29日(火)は何の日でしたっけ?私にとってはまだ天皇誕生日です。
昭和の日ですね。問題はこの「昭和」。戦前も戦後もごった煮の「昭和」なのでしょうか?
ま、このブログではあまりきな臭い(笑)話題は扱わない方針なので、これ以上は止めましょう。


で、ちょっと遅い朝にBSでメジャー・リーグでも見ようとテレビをつけると、
面白い討論会をやっていました。

ウオーレン・バフェット」「ビル・ゲイツ」大学生と語るimages[3]


というアメリカの放送局が作った番組でした。
形式としては大学生の代表が、質問をしそれに対して御両名が返事をする、というものでした。

討論ではなく、二人の答えを聞く番組(質問の内容は事前には明かさなかったようです)。

ウォーレン・バフェット」はアメリカの投資会社の創業者で今年の「Forbes」で世界の大富豪
ナンバー1の格付けを得た人です。
総資産400億ドル(約4兆円)!

彼になら大阪の借金を返せる(笑)

「ビル・ゲイツ」については説明は無用ですね。同じく「Forbes」で第三位

二人ともいわゆる「アメリカン・ドリーム」の体現者そのものと言う位置づけでしょう。
(二人とも大学をでていません、無一文からの成功者です)

二人の答えは常にユーモアを交え、謙虚なものでした。即位軽妙な答えは、
「これも優秀な経営者には必要なスタッフ(資質)なのだな
」と言うことを十分に感じさせました。

学生「成功を収めるために必要な物は?」

バフェット「幸運です」「好きな仕事をずっとつづけていられること」
「朝起きて会社に行くことがわくわくする、そう言う仕事を探しなさい」うん、うん、納得。

学生「あなたの会社で早く出世するための条件は?」

バフェット「才能のある人は自然と目立つものです。IQとかそういうものではなく、人の
      いいところを引き出す才能が大事だ」
ゲイツ「会社の未来をデザインする能力」「マーケティング戦略の専門家」「優秀な開発技術者」

学生「あなたの人生でもっとも大きな失敗は?」
バフェット「チャンスがあるのに行動を起こさなかったことによる失敗が最大の失敗。現にMSに投資を
しなかったことによる損失は100億ドルを超えている(笑)。
目に見える失敗は人間だから必ずある。早く寝て、忘れてしまうことです。」ふむ、ふむ。

学生「今後の人生の計画は?」
バフェット「10年後があるのなら(笑)、今と同じ仕事をしていたい」
ゲイツ「今よりももっと慈善活動に力を入れたい」

この二人は非常に仲がよく、ビル・ゲイツの持つ慈善財団にバフェットはその私財のうち90%を寄付
しています!ゲイツも奥さんと一緒に慈善活動を精力的に進めている。チャリティは成功者の義務と
言う考え方がアメリカでは一般的なようです。税金に関する質問に対しては二人とも声をそろえて
もっと「累進税」を進めるべきだと答えています。これもまぁ、よし(笑)。

学生「世界が直面しているもっとも困難な課題は何ですか?」
ゲイツ「格差です。(アメリカ国内でもひどいが)世界はもっとひどい」
バフェット「核兵器の問題(分散された核兵器は恐ろしい脅威を世界にもたらしている)」

ここで見ている私は・・・・・・・

そう、二人とも「地球環境問題」や「温暖化対策」については一言も触れません。
もしかしたら編集があったのかもしれませんが、世界に大きな影響力を持つこの二人がこの問題に
大きな興味を持っていないことは感じられます。米国が「京都議定書」にサインをしない理由も
分かったような気がしました。彼らはこの問題を切実なものとして受け止めていないのです。この
大成功者二名は「平等な機会作り」には非常に熱心です。

まさに「Cance of Oppotunity」の平等がアメリカン・ドリームを支えると確信しています。
(実際に米国における格差拡大はすさまじいものがあるようです今「貧困大国アメリカ」という
本を読んでいます。いずれこのブログで取り上げます)

最後に
学生「幸せとはなんですか?」
バフェット「自分を愛してくれている人をたくさん作ることだ。年を取ったときにこのことは
人の人生の決定的な差を生む。お金があっても不幸な人はたくさんいる」やっぱ、そうだよな^^;

と言うことで質問会のダイジェスト終了。
学生の質問が下らないものが多かった。また学生の二人を見る表情が気持ち悪い。心のそこから
尊敬している顔。教祖様を見る顔でした。アメリカン・ドリームとはこのことだった。
アメリカ人のメンタリティをまざまざと感じた40分でした。



スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rresearch.blog103.fc2.com/tb.php/46-e331a075

0件のトラックバック

3件のコメント

[C138] ???

「昭和の日」があって、
なんで「大正の日」はないのでしょうか?
個人的には、大正天皇の誕生日(確か8月の末頃だったと思う)も、
「休日にしてあげないとかわいそう」
という気がします。
 ⇒ 明治天皇までは、きりがないので、まあいいでしょうか・・・

ところで、地球温暖化問題・環境問題ですが、
ゴアさんが
「あんなに一所懸命に訴えている」理由が
何となくわかりました。
回りの者が誰も「重要な問題」と考えてくれないから
・・・だったんですね。

この問題は、
「アメリカ人のメンタリティは良くわからん。」という
典型的な一例ではないかという気がします。
  • 2008-04-30
  • Oichan
  • URL
  • 編集

[C139] 二つの訂正

一つ目はバフェットは大学を出ていました(笑)。

ゲイツはハーバードを中退。

二つ目はこの収録は約3年前のことのようです。
番組中でゲイツが自分の事を49歳と言って
いたので気になって調べたのですが、現在は
52歳。

[C140] 米国人のメンタリティ

とにかく自分たちが一番、と言うことについて
何らの疑いも持っていないですね。

事実軍事力は一番なのですが(笑)。

アメリカ人の美徳としては、事業に成功したら
早めに引退をしてチャリティ活動を行う。

と、言うものがあるそうです(ウィキペディアより)。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

アールリサーチ

プロフィール

アールリサーチ

Author:アールリサーチ
デザインの時代

月別アーカイブ

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

就職活動の強い味方
就活対策・就職対策なら就活コーチ

フリーエリア

今日の一言


presented by 地球の名言

RSSフィード