Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rresearch.blog103.fc2.com/tb.php/476-a586a419

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

アブダビの幻滅

ドバイですが、散々お尻を叩かれて
アブダビが救済することになったようです。

ドバイ支援、アブダビが100億ドル ドバイ株は10.4%上昇
 【ドバイ=松尾博文】アラブ首長国連邦(UAE)ドバイ首長国政府は14
日、UAEアブダビ首長国から100億ドル(約8800億円)の資金支援を受け
ると発表した。一部を同日に期限が来る政府系不動産開発会社ナキールの同日
に期限が来る債務の返済にあてる。ドバイの信用不安は資源国アブダビの救済
により、ひとまず沈静化に向かう可能性が出てきた。
 ドバイ政府の声明によると、アブダビ政府はドバイ政府が政府系企業の資金
繰り支援のために設立した基金に100億ドルを拠出。ドバイ政府はこのうち41
億ドルをナキールが発行していたイスラム債の償還資金とする。猶予期間の14
日以内に支払う。
 アブダビによる救済の発表を好感し、ドバイ証券取引所の株式指数は前日終
値比10.4%上昇、過去1年2カ月で最大の上昇幅を記録した。債務不履行が当
面遠のいたとの見方から、銀行や不動産、建設会社など幅広い銘柄が買われた。
アブダビも同7.9%上昇、2007年4月以降で最大の上昇率となった。 (22:42)
日経ネットより。


アブダビはもともと何もない国です。
国王がかつて、香港を訪れた際に資源も国土もないのに国際金融センター
として隆盛を極めている香港にベタぼれしたそうです。

早速シンクタンクに相談をしたところ
1、自由に出入りできる国(中東はこれが出来ない国が多い)
2、お金も自由に出入りできる国
3、お金の出所を問わない国
4、やろうと思えば何でもできる国(イスラム国家はあまりに戒律が窮屈です)

だから、あんな派手なカジノやホテルがバンバン建ったのです。

ただし今回のことで言えばバブルはバブルですが、そういいきれない一面があります。

高層マンションを購入したハイパーお金持ちは資産の一部として買ったわけでは
ありません。
本国で何かあったときの保険として購入をしています。
彼らはドバイに来ても自分のマンションには泊まりません。高級ホテルです0aadobai1.jpg

いざと言うときの住居、を確保用の保険なのです。
(中東は常に戦争リスク、経済リスクにさらされています)

だから空室率が高いことそれそのものがバブルとは言い切れないところがあります。

ま、ちょっと羽目を外して作りすぎちゃっただけです。
で、調子こいて証券化をしてレバレッジを30倍くらい賭けて欧米の金融機関に売っただけです(T_T)。

ただ、いずれにしても欧州、特に英国の銀行は真面目に危ない。

景気の低迷はまだ始まったばかりだと感じます。
0aaking.jpg

キャメロン・ディアズにはお気の毒。もう少し稼ぐ必要がありそうです(笑)。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rresearch.blog103.fc2.com/tb.php/476-a586a419

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

アールリサーチ

プロフィール

アールリサーチ

Author:アールリサーチ
デザインの時代

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

就職活動の強い味方
就活対策・就職対策なら就活コーチ

フリーエリア

今日の一言


presented by 地球の名言

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。