Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rresearch.blog103.fc2.com/tb.php/510-33291750

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

ワインバブル

ここ4年くらいでボルドーの一級ワインが急騰しています。

容易に想像ができるのですが、新興国の富裕層がお金に糸目をつけず
買いに出ているからです。0king.jpg


ちなみに、どのくらいあがっているかというと、
エノテカ(日本の輸入元)のプリムール(先物買い)の値段を見てみます。(単位は円)

      ラフィット マルゴー ラトゥール ムートン オー・ブリオン
2000年   19,900   19,900  19,900   19,900  19,900
2001年   13,000   13,000  13,000   13,000  13,000
2002年   10,700   10,700  10,700   10,700  10,700
2003年   34,000   39,900  43,000   31,200  31,200
2004年   15,800   15,800  18,900   15,800  15,800
2005年   66,600   77,000  77,000   66,600  46,000
2006年   71,000   75,000  75,000   74,000  71,000 
2007年   54,000   54,000  54,000   54,000  54,000

2008年   88,500   88,500  88,500   82,500  90,000

ややこしい数字が並びますが、よく見てみると値段がものすごい勢いで
あがっています。

急に値段が上がったのは2003年で、それまでの3倍の値段がつきました。
実はこのときはバブルではなかったのです。

2003年はボルドーワインにとってグレート・ビンテージだったのです。
(ブドウの出来がよくグレート・ワインに育つ見込みが高かった)0margaux.jpg


その証拠に2004年は凡庸な年ですが、価格は少し高めですが元の
水準に戻っています。

2005年に何が起きたのでしょうか。
これは二つの現象が重なっておきました。

ひとつは、ボルドーにとって信じられないくらいのグレート・ビンテージ
だったのです。天候に恵まれ、100年に一度あるかないか。
匹敵するのは1900年か1961年と称されました。


それにしても前年の4倍。
私のような貧乏ワインラバーはここで完全に諦めました。
そりゃ買えないですよね(T_T)。

ところがこの値段でも買う人がいるから値がつくのです。
中東、中国、米国(金融成金)、ロシア(石油成金)
まさにバブルでした。
0bubble.jpg


その証拠に2006年、2007年はそれほどのビンテージではないのですが
値段がそれほど下がっていません。
ビンテージとは関係のない、バブルマーケットが成立していたからです。

2008年に至っては理解不能です。それほどよい年ではないのです。
ここに上げたボルドーの一級シャトーは相変わらずバブルです。
大富豪たちが狙うのは一級シャトーだけです。(例外はいくつかあります)0petrus.jpg


これ以外のワインについては2008年は少し下がっています。

これはプリムールの価格ですから実際に市場に出たときは
さらに高くなる可能性が高いのです。

もうお手上げです。┐(-。ー;)┌ヤレヤレ

ただし、ここであげているグレート・ビンテージがまともに飲めるように
なるには20~30年の熟成が必要です。

断言しますが、今飲んでもおいしくないんです。

かつてロバート・パーカーというカリスマ評論家から満点をもらった
ワインをプリムールで購入していました。シャトー・モンローズ1990年
当時の価格は一本8,000円でした。

これをそろそろ飲めるだろうと10年後に開けたのですが、
「苦い、黒い、濃い」でとても飲めたモンではありませんでした。
(2005年にもう一度試しましたがまだまだでした)あと10本あるぞ(笑)。

実際に中国ではあまりに渋いのでコーラで割って飲んでいるといううわさもあり(T_T)。

ふん、いいんだ。
2005年が飲み頃を迎え2035年には私はもうお酒を飲めない体でしょう(笑)

0wine.jpg

でも、こんなきれいなおねえちゃんが付いてくるなら買うぞ(笑)それで普通の値段という気がする(爆)
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rresearch.blog103.fc2.com/tb.php/510-33291750

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

アールリサーチ

プロフィール

アールリサーチ

Author:アールリサーチ
デザインの時代

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

就職活動の強い味方
就活対策・就職対策なら就活コーチ

フリーエリア

今日の一言


presented by 地球の名言

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。