Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rresearch.blog103.fc2.com/tb.php/522-331d4aee

-件のトラックバック

-件のコメント

[C2145] 消滅のソフトランディングでは?

確かに、「本気で再建しようと考えているのか」
疑問になる数字ですね。

JALの場合、
企業年金がクローズアップされていました。
あの時点で会社清算ということになると、
労働債権が他の債権より優先されることから
商取引での債権はほとんど弁済されなくなり
JALと商売をしていた多数の企業の連鎖倒産が
強く懸念されたと思います。

そこで、
とりあえず、「会社は存続させる」と言って
「そのかわり年金は減らす」ことの同意を取り付けて
会社を残して、少しづつ一般債権を返済して行って
同時に企業規模も小さくして行って
売れる事業部門はどんどん解体して売却し
倒産しても連鎖的な経済危機にならないようにした上で
決定的な手を打つ・・・というシナリオはいかがでしょうか?
  • 2010-02-19
  • Oichan
  • URL
  • 編集

[C2146] それですかね。

国際線も徐々にANAに譲り、
静かに退場してもらいましょう。

今回書いてい改めて気がついたのですが、
航空会社って、全然資産がないのですね。

米国で次々に航空会社が倒れましたが、
その理由がようやくわかりました。

少々サービスが落ちようが安いほうがいいです。
所詮は「足」ですから。
  • 2010-02-19
  • りゅうぼん
  • URL
  • 編集

[C11909] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

[C12206] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

[C12671] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

[C12967] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

[C13322] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

日航、給与5%カット提案 年間ボーナスはゼロ

何かの冗談かと思いました。0JAL.jpg


給与カットはゼロがひとつ足りません。
50%カットでしょう。050off.jpg


これによる削減効果は年間300億円。
やはり桁がひとつ足りません。 削減効果は3000億円。
これが常識的な線ではないでしょうか。


本来であれば、倒産して業界から去らなければならない
会社を国民が温情をかけてチャンスを与えたわけです。

(5000億円の税金を使っているのですよ)0redcard.jpg


それでも、私はJALの再建は難しいと思っています。

JRを例に出すことが多いのですが、
JALとJRはまったく違います。

JRには多くの資産がありました。鉄道網であり、
駅前一等地に多くの不動産を有していました。
今、JRがさまざまな事業に進出しているのは
こうした資産のおかげといっていいと思います。
何より世界一といっていい鉄道網を有していた
わけです。0map.jpg


JALは資産らしい資産はありません。
航空会社が持っている資産は、飛行機だけといっていい。
すべての路線を競合と争そわなければなりません。


それに加えてGMと同じ
レガシーコストを抱えます。
記事には「ボーナスゼロ」に労働組合が激しい抵抗が
予想される、とあります。


冗談ではない!繰り返しになりますが、本来市場から
出て行かなければいけない会社だったのです。
なぜ従業員を全員解雇して、その後、50%オフの賃金で再雇用しなかったのでしょう。

あぁ、腹が立つ^^;以前のブログにも書いていますね。 ここ からどうぞ。

JALは世界中の航空運輸業と戦わなければなりません。
これから新興国、中国やインド東南アジアの会社が
低賃金を利用して、ディスカウント路線を仕掛けてくる
と思います。


これに対抗して会社を再建しなければならないことが
わかっていないのではと思わざるを得ません。

JALはおそらくまた同じ道を歩むでしょう。
救う価値のある会社ではなかったのです。
税金の無駄使いでした。

この会社の体質が変わるまで再建のみとおりは暗く、
社風、体質を変えることは「稲盛さん」でも難しいでしょう。

00ajal[1]

賭けてもいい、この会社はいずれまた同じ問題を繰り返す。


スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rresearch.blog103.fc2.com/tb.php/522-331d4aee

0件のトラックバック

7件のコメント

[C2145] 消滅のソフトランディングでは?

確かに、「本気で再建しようと考えているのか」
疑問になる数字ですね。

JALの場合、
企業年金がクローズアップされていました。
あの時点で会社清算ということになると、
労働債権が他の債権より優先されることから
商取引での債権はほとんど弁済されなくなり
JALと商売をしていた多数の企業の連鎖倒産が
強く懸念されたと思います。

そこで、
とりあえず、「会社は存続させる」と言って
「そのかわり年金は減らす」ことの同意を取り付けて
会社を残して、少しづつ一般債権を返済して行って
同時に企業規模も小さくして行って
売れる事業部門はどんどん解体して売却し
倒産しても連鎖的な経済危機にならないようにした上で
決定的な手を打つ・・・というシナリオはいかがでしょうか?
  • 2010-02-19
  • Oichan
  • URL
  • 編集

[C2146] それですかね。

国際線も徐々にANAに譲り、
静かに退場してもらいましょう。

今回書いてい改めて気がついたのですが、
航空会社って、全然資産がないのですね。

米国で次々に航空会社が倒れましたが、
その理由がようやくわかりました。

少々サービスが落ちようが安いほうがいいです。
所詮は「足」ですから。
  • 2010-02-19
  • りゅうぼん
  • URL
  • 編集

[C11909] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

[C12206] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

[C12671] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

[C12967] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

[C13322] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

アールリサーチ

プロフィール

アールリサーチ

Author:アールリサーチ
デザインの時代

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

就職活動の強い味方
就活対策・就職対策なら就活コーチ

フリーエリア

今日の一言


presented by 地球の名言

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。