Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rresearch.blog103.fc2.com/tb.php/546-8caa8e3c

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

お笑い中国 VS グーグル

先日の民主党小沢幹事長の会見

「みんなで仲良く」 には爆笑させてもらいました。
学習院初等科にはぴったりですけどね(笑)。00aozawa.jpg


それ以上に笑ったのは
中国で今後、報道・独自取材してはいけない18分野
これも笑いましたね。中国にはこんな問題があって
われわれ(当局)としては書いてほしくないランキング
を出したようなものです。

勝手にベストテンを作ります。

第1位 チベット騒乱
第2位 シンチャンウイグル地区騒乱
第3位 貧富の差
第4位 官僚の腐敗
第5位 四川大地震の学校倒壊問題や復興の遅れ
第6位 大学生の就職難
第7位 人民元切り上げ問題
第8位 不動産価格の高騰と住宅難
第9位 重慶の警察と暴力団の癒着
第10位 地価高騰をあおる不動産開発業者


次点 食品安全問題・事件

なんて正直なんでしょう(笑)。

さらに、基本的に新華社通信の記事だけを使うように定め
評論記事を書くときは
「米国の対応を批判する内容にするように」


って、まるで「民主党レベル」(爆笑)

それだけ追い詰められているのでしょうね。
メディアに「一党支配の暗部」を暴露されるのが怖くて仕方がない。
「これ以上放置すれば体制批判につながる」

なりふり構わない、もぐら叩き。
抑え付ければ抑え付けるほど、一たび爆発した際のエネルギーが大きく
なることを、百も承知で、でもやらざるを得ない。


中国相手の貿易や外交も、この路線上であることを飲み込んだ上で
やらざるを得ない。

少し話はずれるが、コマツ(ブルドーザーの)が中国に輸出をする上で
納品しても、すぐに会社ごと消えてしまうという問題に直面した。
00akomatsu.jpg ←中国で最も儲かるビジネスモデルらしい(笑)。

コマツは「GPS」を一台一台に取り付け、エンジンが動くと同時に
そのブルドーザーがどこにあるのかを突き止めるシステムを作った。
これで、どこで何台のブルドーザーが動いているのが突き止められる。


資金回収がスムースに出来るようになったが一番であるが、
中国のどこでどの規模で工事が行われているのかがわかるようになった(笑)。
この情報はものすごい価値を生んでいる。


隠そうとしても隠し切れないのがネット社会である。
中国当局の無駄な抵抗はいつまで続くのやら。

北朝鮮の比ではないが、大中国もクリティカルであることに変わりはない。

当然、こうした通達があったことも報道しちゃいけないんですよね^^;

00apress.jpg

 ↑いずれ、こうなりますよ。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rresearch.blog103.fc2.com/tb.php/546-8caa8e3c

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

アールリサーチ

プロフィール

アールリサーチ

Author:アールリサーチ
デザインの時代

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

就職活動の強い味方
就活対策・就職対策なら就活コーチ

フリーエリア

今日の一言


presented by 地球の名言

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。