Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rresearch.blog103.fc2.com/tb.php/562-61ef4300

-件のトラックバック

-件のコメント

[C11939] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

[C12235] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

[C12716] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

レンピッカ展を見てきました

マドンナが大好きだと言うことで知った、レンピッカ   00aerwnni.jpg
たぶん皆さんも一回は見たことがあると思います。「アール・デコ」の雄姿。

東急のBUNKAMURAで展覧会が開催中。
ちょうど渋谷の会社との打ち合わせがあったので、のこのこと。

約一時間、堪能しました。

あらかじめ申し上げますが、私は美術に関してはほとんど知識はありません^^;

が、テレビの告知CMを見てどうしても行きたくなってしまったのです。

1898年~1980年。82年の生涯です。

基本的に展示は時代が古いものから、彼女が若い順に展示されていました。
絵のほとんど肖像画。それも女性のものが圧倒的に多い。
引き込まれるような独特の眼。
そのほとんどの視線はどこか遠くを見ています。
00arennpikka.jpg


ヌードも多くドレスも体の線をくっきりと見せる。
1930年代でこれは大きなセンセーションだったでしょう。
しかし、どこか無機的で中性的に感じる。


妙な話ですが、体の一部に反応がない(笑)。

絵を見ると、彼女はいわゆる芸術家ではないような気がします。
時代の最先端を常に取り込み続ける。
絵の印象が驚くほどころころ変わる。節操がないくらいに。

はっと、わかったような気がしたのです。
彼女は非常に優れたマーケッターだったのでは。
画家と言うよりもイラストレーターではなかったのか。


マーケティングの世界で常にトップを取り続けるのは困難です。
いかに優れたクリエーターでも10年間トップを取り続けるのは稀有。
彼女はそれに挑戦していた。

だから世の中の変遷にあわせて画風も変える。
ラファエロの隣にピカソがいる。

彼女の本質だと思います。これはいつしか病理に変わる。
「過適応」です。
そのままの生活を続けた彼女はやがて「うつ病」と出会ってしまう。

彼女がパリで1930年代にもてはやされたのは、それは彼女の絵や
生き方が時代にマッチしていたから。
やがて時代が変わり、彼女の栄光は過去のものになる。


時代に追いつくことが彼女にとってすべてではなかったのか。

そんな彼女は1980年にひっそりとNYで亡くなります。享年82歳。

彼女が再評価されています。
それは時代が一回りしたから。

マドンナが彼女を高く評価していることは
今回の展覧会を見ることで納得しました。0amadonna.jpg


マドンナが求めるものが
   1930年代のレンピッカだったのです。


一人の女性の非常に短い栄光と、それにとらわれ続けた長い生涯。
彼女の晩年は幸せだったようです。長生きをしたおかげで再評価されました。


慣れない事をしました(笑)。
絵心なんてこれっぽちもありませんから、信じないように^^;。
そう感じたから書く。ブログのいいところですよ。
あ~~、恥ずかしい。お粗末。


スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rresearch.blog103.fc2.com/tb.php/562-61ef4300

0件のトラックバック

3件のコメント

[C11939] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

[C12235] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

[C12716] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

アールリサーチ

プロフィール

アールリサーチ

Author:アールリサーチ
デザインの時代

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

就職活動の強い味方
就活対策・就職対策なら就活コーチ

フリーエリア

今日の一言


presented by 地球の名言

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。