Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rresearch.blog103.fc2.com/tb.php/585-84b3d696

-件のトラックバック

-件のコメント

[C6587] よくわからない・・・

ギリシャ国債の問題について、
何故ユーロ建てだと安全だと思ってしまえたのか
よくわかりません。

国債を発行する国と、どの通貨建てで発行するかは
まったく別の問題ではないかという気がしてなりません。

極端に考えると・・・
もし北朝鮮がドル建てで国債を発行したとしたら、
「ドル建てだから安心、しかも高金利」
と考えて、買うのでしょうか?

ユーロ建てであろうと、ドラクマ建てであろうと、
ギリシャの国債はギリシャの国の信用力リスクが問題であり、
(あとは、為替リスクもあるか・・・)
ユーロだから大丈夫と考えた方がどうかしていると思います。

むしろ、ギリシャが「粉飾決算していた」方が問題であり、
「国の財務内容をごまかして国債を売った」という点で、
刑事責任を国際的に問われるのではないかと考えてしまいます。

こんな国は、救済するに値しない・・・
  • 2010-05-25
  • Oichan
  • URL
  • 編集

[C6590] ギリシャを救済しないと

次はポルトガルです。

国債を買った金融機関はギリシャの粉飾決算と
高金利(金利が高い事自体がリスクですけどね。

北朝鮮はちょっと過激だなぁ。
金利を高くしても誰も買わないということは、
北朝鮮と言う国に対する信頼がないということです。

それにしても国が粉飾決算とは・・・・
マーシトリヒト条約の罰則がよほど怖かったのか

いずれにしても理解不能です。

[C6601]

そうそう悲惨ですよ。
ユーロは・・・。
ガッカリです。
  • 2010-05-25
  • ジョー君とホー君
  • URL
  • 編集

[C11958] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

[C12266] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

[C12742] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

ギリシャはなぜ危機に陥ったのか

一息ついた、とメディアは報じていますが、

EUの危機はまだ全然去っていません。
当面の崩壊を切り抜けたと言うだけです。

米国で言えば、リーマンが倒れAIGで世界が未曾有の危機に
巻き込まれる寸前に救済をしたのとフェーズは全く同じです。
それからの1年間世界の経済がどうなったのかは皆さんがご存知
の通りです。


しかし、なぜギリシャと言う小国が火種になったのか。
EU参加以前のギリシャは、観光と農業ののんびりした
国でした。
 0agreek3.jpg
 

ギリシャの通貨は「ドラクマ」。見たことありますか?
私はありません。そんな通貨で外国がモノを売ってくれるか、
というと売ってくれません。  0adorakuma.jpg


米ドルかドイツマルクを調達必要があったのです。
逆の言い方をすればギリシャにとってモノを購入する力(国力)
の範囲内でしかモノを買うことは出来ませんでした。


これって、正常な状態です。
身の丈にあった消費、輸入

計画的にと言うか、それしか出来なかったのです。0akeikaku.jpg


しかしEUに加盟後は話が変わりました。もうお分かりですね。
自分の国の通貨が最も信用力の高いユーロに変身したのです。

ギリシャにとって見れば自国が通貨ユーロになっただけでなく、
ユーロで国債を発行し資金調達をすることが出来るようになったのです。


ギリシャの国の信用力(ドラクマ)は一晩でユーロに変身したのです。
ギリシャは2001年にEU加盟。この時点ではユーロ加盟の条件である、
マーストリヒト条約の条項をクリアしていたものと思われます。

しかし、ユーロを自由に使えるようになった10年間、ギリシャ政府は
少しずつ増えていく国の財政を粉飾しました。守らないとペナルティ
が課せられるからです。


ギリシャに政権交代が起きました。そして初めてギリシャの粉飾決算が
明らかになったのです。
(日本の非核三原則と同じです)

そこであわてたのがEU各国です。EU中の中央銀行はユーロ建ての
ギリシャ国債をたくさん買っていたからです。高金利が魅力でした。
デフォルトしても大丈夫。だっておんなじEUだもん^^;、と考えて
いたのでしょう。格付けはユーロですから同じです。


ドイツは儲かったでしょうね。何しろいくらでも輸入をしてくれる。
冷静に考えれば彼らもギリシャ破綻の責任の一部は持っています。
(国民は納得しないでしょうけど)

先日掲載したNYタイムズのユーロのどうにもならない構造の絵を再掲します。
本当にどうにもならない(T_T)。

0agrere.jpg

この図をクリックしてエクスプローラーの設定で200%にするとよく見えます。
どうにもならないと言うことがよく見えます。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rresearch.blog103.fc2.com/tb.php/585-84b3d696

0件のトラックバック

6件のコメント

[C6587] よくわからない・・・

ギリシャ国債の問題について、
何故ユーロ建てだと安全だと思ってしまえたのか
よくわかりません。

国債を発行する国と、どの通貨建てで発行するかは
まったく別の問題ではないかという気がしてなりません。

極端に考えると・・・
もし北朝鮮がドル建てで国債を発行したとしたら、
「ドル建てだから安心、しかも高金利」
と考えて、買うのでしょうか?

ユーロ建てであろうと、ドラクマ建てであろうと、
ギリシャの国債はギリシャの国の信用力リスクが問題であり、
(あとは、為替リスクもあるか・・・)
ユーロだから大丈夫と考えた方がどうかしていると思います。

むしろ、ギリシャが「粉飾決算していた」方が問題であり、
「国の財務内容をごまかして国債を売った」という点で、
刑事責任を国際的に問われるのではないかと考えてしまいます。

こんな国は、救済するに値しない・・・
  • 2010-05-25
  • Oichan
  • URL
  • 編集

[C6590] ギリシャを救済しないと

次はポルトガルです。

国債を買った金融機関はギリシャの粉飾決算と
高金利(金利が高い事自体がリスクですけどね。

北朝鮮はちょっと過激だなぁ。
金利を高くしても誰も買わないということは、
北朝鮮と言う国に対する信頼がないということです。

それにしても国が粉飾決算とは・・・・
マーシトリヒト条約の罰則がよほど怖かったのか

いずれにしても理解不能です。

[C6601]

そうそう悲惨ですよ。
ユーロは・・・。
ガッカリです。
  • 2010-05-25
  • ジョー君とホー君
  • URL
  • 編集

[C11958] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

[C12266] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

[C12742] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

アールリサーチ

プロフィール

アールリサーチ

Author:アールリサーチ
デザインの時代

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

就職活動の強い味方
就活対策・就職対策なら就活コーチ

フリーエリア

今日の一言


presented by 地球の名言

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。