Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rresearch.blog103.fc2.com/tb.php/659-4b61f987

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

異文化の融合 落語とフィガロの結婚

オペラ落語   正式にはオペ落語

桂米團治 9月3日 国立能楽堂

落語に行って来ました。
あまり普段から落語を聞く方ではない。
昔はテレビ等でも見かけたが、最近はそれも少ない。
民放では絶対に不可能。最低でも15分、CMを
入れられない。スカパー向きのコンテンツだよな。


桂米團治。父は人間国宝「米朝」。上方落語のエースである。000aaakatura.jpg

それにしても
オペ落語?。

出演者はわずか6人。米團治と弦楽四重奏、歌い手が一人。
3時間のオペラをわずか30分で落語の世界に。
演目はモーツァルトの「フィガロ」の結婚。
原曲の筋書きを上方の言葉とシチュエーションに
置き換えて、見事に落語の世界にトランスレートします。
 000aaafigaro.jpg

(以上パンフレットより)

これがめっぽう面白い。
オペラの世界も大阪のおばちゃん
言葉にかかっては分が悪い。
「なあ、なあ、あんた、えらいこっちゃで」・笑 000aaaoosakano.jpg


あ、原曲の筋書きを御存じですか?
他愛もない物語で
結婚式の夜に花嫁の処女権をとってしまおうとする
よからぬおっさん地主を懲らしめる物語。
(この略仕方も相当アバウトです・笑)

弦楽四重奏の奏でるハーモニーにのせて、米團治の
名調子が爆発する。まさに異文化コミュニケーション。
ソプラノが一人なのだが、主人公ではない。
舞台回し。
オペラの進行、その他の人物は全て米團治。
もともと落語は一人でやるのでこの辺はお得意か。
映画俳優としても知られているだけあって、うまい。

フィガロの結婚を知らなくても十分に面白い。
なんだか宝塚を見ている様な気分なのだ。
あっという間の30分。

最後は 「めでたし、めでたしでございます、やはり
フィガロ(日頃)の行いがよかったようで」・笑


能楽堂なので正面席と脇の席があり、私は脇の席。
マイクは入っているのだが、表情がまるで見えない。
音響等は非常にいいのだが、惜しい。
それにしても、なんでこの会場にしたんでしょう。000aaanougakudou.gif ←これが正面。私はこの左手脇席から見ました。


聴衆。平均したら60才を超えているでしょう。
私なんか若手・笑
親御さんに(お爺ちゃんかな)連れられた子供はちらほら
いるのだが、いわゆる若者はほぼゼロ。
これは絶滅危惧種だわ。間違いない。

こんな話芸がここでおわってしまうのは本当に勿体無い。
が、そも宿命か。

私とて、前半の落語の時は寝てしまった。
歌舞伎ネタなのだが、歌舞伎が分からない私には何のことやらさっぱり(恥)
オチの拍手で起きましたが何のことかさっぱり分かりませんでした^^;。

伝統芸能は消え行くのみなのか。
と、思った熱帯夜でした。

000aaaancient.jpg

過去幾多の文明が滅びた。人類の歴史は滅びの歴史である。

スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rresearch.blog103.fc2.com/tb.php/659-4b61f987

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

アールリサーチ

プロフィール

アールリサーチ

Author:アールリサーチ
デザインの時代

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

就職活動の強い味方
就活対策・就職対策なら就活コーチ

フリーエリア

今日の一言


presented by 地球の名言

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。