Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rresearch.blog103.fc2.com/tb.php/685-e7227f3c

-件のトラックバック

-件のコメント

[C16831]

お世話になりました。

まだ酒屋さんに持ち込んだワイン代をお支払いしていないのですが(汗)
すばらしいワイン達をご相伴させていただいたことに感謝です。

ご一緒した皆様、ありがとうございました。
またコツコツとワイン貯金をしておきます(笑)
  • 2010-10-12
  • ええこ
  • URL
  • 編集

[C16838] 楽しかったですね

はるばる京都からの参加、ありがとうございました。

セロスのエクスキューズ、おいしかった。
また、次回も参加をお願いします・笑。

そう、美味しいワインを飲むには貯金が必要です。
贅沢は素敵なのですが、その前に倹約が必要。

頑張りましょう。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

ワインの楽しみ方

ワイン会

先週の金曜日、恵比寿の「ガク」というイタリアンに
あまり若さに自由でない男女8名が集合した^^。

二ヶ月に一回くらい催している会である。
ふつうの会食とちょっと違うのは、ワインはお店のセラー
のものではなく、私たち自身が持ち寄った物であるということ。


これは欧米では割に日常的であり、
「bring your own wine」=BYOと呼ばれる。
日本ではなかなか浸透しなかったが、最近は応じてくれる
店がずいぶん増えてきた。

日本のレストランにおけるワインは不当なほど高い。

フレンチレストランで分けのわからないメニューを
突きつけられ往生したことがある方は少なくないと思う。
わからない上に高い。大体市販価格の2倍から3倍。

(二倍は良心的でしょうね)
こんな値付けのワインでちょっといい物を頼むと、
帰り際にレジでひっくりかえることになる。

そこで料理はレストランにお願いし、ワインは自分たちで
持ち込みます、という習慣がはじまった。無論、ただではない。
ワイン一本あたり1000円~3000円くらいの、持ち込み料を
支払う。


客の立場から言えば、美味しい料理に個人宅ではあまりない、
大振りのグラスで自分の好きなワインを楽しむ事ができる。
良心的なお店だとワイン一本ごとにグラスを変えてくれたりもする。450-200705311037503322.jpg

一方お店の側にしてみれば、ある程度の人数を定期的に
確保出来、また8人×2000円=16000円の粗利を取る事ができる。
(無論グラスの減価償却を考えなければならないが)

ワインの取り揃えるに自信がある店では歓迎されない。
それはそうだ、ワインは最も簡単に粗利を稼ぐことが
できる商品である。また、料理とのベスト・マリアージュを
御客に提供することを自らの生き甲斐にしているソムリエに
とってはなおのこと。
  derisomu2.jpg


主には粗利益との関係で断られることが多かったが、
ワインのストックにそれほどの自身がない店にとっては、
悪い話ではない。ワインの取り揃えには先行投資が
半端な額ではないからだ。おまけに高額なセラーも必要。


方、私達にとっては月々のテーマに合ったワインを
市販価格で飲む事ができる。中には自分専用のグラスまで
持ち込む人もいる。わたしはそこまでやらないが、我が家での
数年の熟成を経たワインを持ち込む事ができる。

ワインラバーに対する偏見として、グラスをくるくる回して
薀蓄を語るという物があるように思える。

そんなことしてません、ってばぁ^^;。

なぜ、ワイン会を開くか。気のしれた仲間とワイワイ笑いながら
数時間を過ごす。家で一人で飲むワインは寂しい。
いくら美味しくても、感動は一人分だ。
「美味しいね」「すごいね」「幸せだね」とその時の感想や喜びを分かち合う。
感動は多くの人と分かち合うことによって数倍の喜になる

こんな風にこじんまりやっています。
決して「神の雫」のようなことはありません。
気軽にはじめましょう。次回はあなたをご招待します。cap113.jpg


gakuwine101008.jpg
この日はこんな感じでした。
カリフォルニア・カベルネにノック・アウトされた一夜でした。
(パーフェクトワインってあるんだ)
贅沢は素敵だ^^;。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rresearch.blog103.fc2.com/tb.php/685-e7227f3c

0件のトラックバック

2件のコメント

[C16831]

お世話になりました。

まだ酒屋さんに持ち込んだワイン代をお支払いしていないのですが(汗)
すばらしいワイン達をご相伴させていただいたことに感謝です。

ご一緒した皆様、ありがとうございました。
またコツコツとワイン貯金をしておきます(笑)
  • 2010-10-12
  • ええこ
  • URL
  • 編集

[C16838] 楽しかったですね

はるばる京都からの参加、ありがとうございました。

セロスのエクスキューズ、おいしかった。
また、次回も参加をお願いします・笑。

そう、美味しいワインを飲むには貯金が必要です。
贅沢は素敵なのですが、その前に倹約が必要。

頑張りましょう。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

アールリサーチ

プロフィール

アールリサーチ

Author:アールリサーチ
デザインの時代

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

就職活動の強い味方
就活対策・就職対策なら就活コーチ

フリーエリア

今日の一言


presented by 地球の名言

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。