Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rresearch.blog103.fc2.com/tb.php/688-2d911128

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

地下最大のスペクタクル

言うまでもなく、

チリの落盤事故
というか、史上最大の救出作戦

思わずテレビに釘付け。
NHKのニュースが終わって、民放が一息ついても、
CSのBBSで見ていました。3人目の救出までリアルタイムで^^; view9974909.jpg


そのくらい、ハラハラ、ドキドキ。

二ヶ月近く地下600メートルのところにいたというのが
信じられない。

また、地下の様子がリアルタイムで放送されたこともスペクタクル感を
一層高くしたと思います。地上から降ろされたカプセルが地下600メートルに到着
をした瞬間をナマで見ることが出来た。まるで、よく出来た映画そのもの。
これ間違いなく映画化されますね。タイトルは「33」間違いない(笑)。


発見当初、 「クリスマスまでには救出」
とコメントが発表されたとき、

「これはおそらく精神的にもたない」と感じました。

究極の密閉空間、暗闇、高温多湿、人口密度の高さが過酷な条件だが、

一番困るであろう事は、
「何もすることがない」だと思った。

人間、暇だとろくなことを考えない。
忙しくしている人には一日は短い。

が、するべきことがない人にとっては一日は地獄のように長い。
ただひたすら待つ時間は辛い。しかも救出の可能性は全く分からない。
むしろ「絶望」のほうが先にたったのではないか。


今回は健康を維持するドクターだけでなく、
精神科医がスタッフの中で重要な役割を果たした、と聞きます。

米航空宇宙局(NASA)の専門家チーム4人が国際宇宙ステーション(ISS)など閉鎖空間
での健康管理ノウハウを生かして、 地下に閉じ込められている作業員33人の精神的ケア
や医療・栄養面での助言を行ったという。


33人もいればいろんな人が(笑)いるでしょう
リーダーを決め、役割を割り振り、地上と同じリズムで暮らす。
言うは簡単だが、実際には大変なはずだ。

スペシャル番組で、一人の鉱員が母親にあてた手紙では
「快適だ、心配いらない、元気だ」
弟にあてた手紙では
「蒸し暑い、時間が長い、いつまで続くのか苦痛だ」と
書いていた。それほど過酷だったのだ。

まだ、何が起こるかわからない。33人+救出スタッフ3名が地上に
出るまで予断を許さない。
もし全員が助かったとしたら文字通り「奇跡」だと思う。


それにしても、あの救出用カプセル、それを引っ張るロープ
滑車、やけにチープだとは思いませんか?
それがハラハラ、ドキドキ感を増しているように思います。
なんかローテクなんだもん(笑)。 imagesCAZK1OL7.jpg

主役はもちろん33人の勇気ある男たちです。

dff0b60d[1]

あと、少しだ頑張って!
忘れていました。今朝の体重61.5キロ 500グラム増えていました(T_T)。
やっぱり、深夜に食べたチーザにやられた、というかダイエットになってない^^;
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rresearch.blog103.fc2.com/tb.php/688-2d911128

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

アールリサーチ

プロフィール

アールリサーチ

Author:アールリサーチ
デザインの時代

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

就職活動の強い味方
就活対策・就職対策なら就活コーチ

フリーエリア

今日の一言


presented by 地球の名言

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。