Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rresearch.blog103.fc2.com/tb.php/842-55754c08

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

初体験 バレル・テースティング

今日はワインの話です。P1000110.jpg
  
先日、フランスはブルゴーニュの大ワインメーカーである

「ルイ・ジャド」社が日本で開いたく
「バレル・テースティング」に参加をしてきました。jad.jpg

残念ながらご招待ではなくて4,000円なり。
会場はThe PENINSRA TOKYO 
3F「ギンザボールルーム」
(さすがにハイソですな)おつまみはふんだんに用意されてました。


バレル・テースティングとは本来まだ出荷前のワインを
バレル=樽から取り出して味覚、成熟の進み具合を確かめる
味利きです。


本来は一般に公開されるものではなく、
一部の関係者やワイン評論家の評点付けのために行われます。
つまり、私のような一般人が近づけるものではありません。
現地に行ってツアーに乗っかれば飲めるかも知れません。

どんなものだか行ってみました。
P1000112.jpg

ACブルゴーニュ(ブルゴーニュ地区生産)
村名(村の名前だけ名乗れる)
1er(村だけでなく畑の名前が名乗れる)
Grand Cru(特別な畑のみ)


の様々なワインをテースティングしました。
ヴィンテージは2009年。
噂ではグレート・ヴィンテージ(最近毎年そう言っている気がします)(笑)

基本的にACブル→村名→1er→Grand Cru
の順番に美味しくお高くなります。
今回で言えば 3000円 → 一番高いやつで23,000円でした。
echuzoux.jpg←エシュゾーこれが一番高い


赤、白両方で全部で30種類くらいあったと思います。
(パンフレットを現地においてきてしまいました)(T_T)。

一部のワインは比較のために飲み頃のヴィンテージのものも
飲めるようにしてありました。

結論、

 「う~ん、ぶどうジュースだ!」  (笑)。

成熟が全く足りないワインはボジョレーのようなニュアンスがあります。
赤ワインはこの傾向が強く、このワインがどうすればあの偉大な
ワインに化けるのだろう、と不思議な感覚でした。

ワイン評論家で世界のワインの値段を決める男と言われるのが
パーカー氏ですが、robert Parker

彼らはこの段階でどんなワインに成熟するのかを見極め点数をつけます。
この点数の数点の違いで5000円だったり数万円するようなワインになります。
これを可能にするのは数多い体験と、記憶力しかないとのこと。

恐れ入りました。
これからはさらに念を入れてワインを飲むようにいたします。

さすがに少量ずつとは言え30種類、帰りは千鳥足で電車を乗り過ごすところでした。

shinchan.gif
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rresearch.blog103.fc2.com/tb.php/842-55754c08

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

アールリサーチ

プロフィール

アールリサーチ

Author:アールリサーチ
デザインの時代

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

就職活動の強い味方
就活対策・就職対策なら就活コーチ

フリーエリア

今日の一言


presented by 地球の名言

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。