Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rresearch.blog103.fc2.com/tb.php/88-3a5ba3ba

-件のトラックバック

-件のコメント

[C289] 納豆を買う基準

そういえば、特にないですね。

我が家は関西在住でありながら、納豆大好き家族でありまして、常備食品でありますが。

金のなんちゃらを買わない理由はパックが2パックだったから?????かな?
3パックのところが多い中でお得感がない。
間違ってたらゴメンナサイ。

関西でもちょっと前の納豆は健康にいい、というTVのお陰さま?でよく売れてるようですよ。
購入の決め手って何なんでしょうね。
よくわからない。
私の場合に限ってはテキトー。爆
  • 2008-06-25
  • ちかこ
  • URL
  • 編集

[C290] 二つの選び方

こういう購入の値段が低いものはブランドスイッチが
しょっちゅうおきる。大元は特売。

一方、普段食べているものだから、と、特売ににも
目も向けないロイヤル・ユーザー

両方いるからマーケティング担当者としては
頭が痛いところです(T_T)。

[C291]

大体、私はこのレベルのお値段の食品ならば、敢えていろいろ違うものをわざと買ってます!

牛乳然り。
理由は、偏らないようにするため。
食品は買わないわけにはいかないから、せめてリスク分散のため?????かな。笑
  • 2008-06-26
  • ちかこ
  • URL
  • 編集

[C298] リスク分散?

まぁ雪印とかJTフーズとかいろいろありました
からねぇ。

多分納豆は100%国産だから大丈夫じゃない?
^^

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

納豆の慟哭

昨日の昼間、ちょっと買い物があって近所のスーパーへ出かけた。
まぁ、ちょっと社会勉強と思って売り場を1周したのですが、

「におわ納豆」が目に。あ、懐かしい^^ images[2]


次の瞬間特売ワンパック79円の文字が

実は「におわ納豆」、ビジネススクールの教材としてよく使われていました。
私自身も複数のスクールで同じ教材に出会いました。「また、納豆?」という
くらいに

当時を振り返ります2000年前後まで時間を戻します。

納豆は製造面での参入障壁が低く、製品の差別化も難しく、賞味期限が短い
こともあって多数分散型の市場構造となっています。

それゆえ、特売によく使われる商材です。文字色メーカーの担当者も
棚の位置取りを競い、どんどん「単価が下がる」儲からない商材になって
います。

それゆえ、朝日フレシアという会社を傘下に治めたミツカンがどのような
マーケティング戦略をとったのか、というケーススタディです。

まずはじめには材料にこだわる製品を投入
「金の粒」 ただしこれは消費者に大きなインパクトを与えることができ
ませんでした。 材料の良さを実感させるのは難しい。

続いて
「におわ納豆」
これは徹底したマーケティング・リサーチを行い

「健康のために食べたいけれども、匂いがどうも・・」と言う人のために
市場投入されたのですが、これには技術的な裏づけがありました。
匂いの元、をミツカンの技術陣が発見したのです。
従来「アンモニア」が匂いの元と考えられていたのですが、実は
「低級分脂肪酸」であった。

技術的には特許で縛りをかけ、他社の追随を許さず、販促策としては images[3]

大量の「サンプリング」(食べてもらえればすぐに分かる)と宮本信子
をCMに起用し印象的な音楽と共に大ヒット商品となった。

他社に真似が出来ない独自技術と販売促進企画の有効性を果たしたマーケティング
のケース・スタディとして、扱われていました。

時を昨日に戻して、
三個入りのパック価格が「79円」でした。かみさんに言わせると「安い!」
もっとも我が家は匂いがダメ、と言う人はいないため購入はした事がない。

やはり感じたのは、

マーケティングにはこれがゴールだと言うものはない

ということ。一時的に優位にたったとしても、それが永続するものではない。
他社も技術革新を行うし、販売促進も同様である。マーケティングのつづり
は「marketing」である。marketに対して常に「ing」現在進行形

でなければ ならないのだ。

「におわ納豆」の現状のポジショニングは詳細には分からないが、スーパー
の特売になるようでは、おそらく発売当時のような競合優位はないと思われる。

任天堂の岩田社長の

「私たちが戦っているのはライバルメーカーでなく、「お客さんの無関心」なんです」

つくづく金言だと思う。 images[17]






スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rresearch.blog103.fc2.com/tb.php/88-3a5ba3ba

0件のトラックバック

4件のコメント

[C289] 納豆を買う基準

そういえば、特にないですね。

我が家は関西在住でありながら、納豆大好き家族でありまして、常備食品でありますが。

金のなんちゃらを買わない理由はパックが2パックだったから?????かな?
3パックのところが多い中でお得感がない。
間違ってたらゴメンナサイ。

関西でもちょっと前の納豆は健康にいい、というTVのお陰さま?でよく売れてるようですよ。
購入の決め手って何なんでしょうね。
よくわからない。
私の場合に限ってはテキトー。爆
  • 2008-06-25
  • ちかこ
  • URL
  • 編集

[C290] 二つの選び方

こういう購入の値段が低いものはブランドスイッチが
しょっちゅうおきる。大元は特売。

一方、普段食べているものだから、と、特売ににも
目も向けないロイヤル・ユーザー

両方いるからマーケティング担当者としては
頭が痛いところです(T_T)。

[C291]

大体、私はこのレベルのお値段の食品ならば、敢えていろいろ違うものをわざと買ってます!

牛乳然り。
理由は、偏らないようにするため。
食品は買わないわけにはいかないから、せめてリスク分散のため?????かな。笑
  • 2008-06-26
  • ちかこ
  • URL
  • 編集

[C298] リスク分散?

まぁ雪印とかJTフーズとかいろいろありました
からねぇ。

多分納豆は100%国産だから大丈夫じゃない?
^^

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

アールリサーチ

プロフィール

アールリサーチ

Author:アールリサーチ
デザインの時代

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

就職活動の強い味方
就活対策・就職対策なら就活コーチ

フリーエリア

今日の一言


presented by 地球の名言

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。