Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rresearch.blog103.fc2.com/tb.php/888-4cab8d0d

-件のトラックバック

-件のコメント

[C16964] 自転車は乗るモノであって担ぐモノではない

毎度、愚息の話で申し訳ありません。

息子は春~秋は自転車で高校に通学しています。
昨年秋、
ある日曜日に息子の自転車をちょっと借りたら、
「かなりガタが来ているので、来春には買い替えかな」
と思いました。

で、そのうちに、通学途上の息子から家内に、
「自転車でコケた」
とメールが入りました。
家内は、
「そのまま何とか学校へ行け」
と返信しました。

で、夕方、帰宅した息子は、
 ズボンは大きく裂け、
 手、肘、足は血だらけ
というひどい姿でした。

息子は、小学時代に徹底的に柔道を仕込まれ
受身ができるので
頭など、大事なところは大丈夫でした。

「その格好で学校へ行ったのか」と聞いたら、
「遅刻して授業中の教室に入ったら
 かなりうけた」
そうです。

で、土曜日にアピタへ自転車を買いに行きました。

買った自転車で、息子はアピタからそのまま、
「本屋などを回ってくる」
と言って出かけました。

その後、
「大学祭をやっているので寄ってくる」
とメールがありました。

夕食になっても戻らず、
「なかなか帰らないな」
などど夫婦の会話をしているうちに
「コケた」
と電話がありました。
「体は大丈夫か」と聞くと
「けがは無い」とのこと。
「どこにいてどうするか」聞くと、
「近くのホームセンターまで持っていくので
 そこに迎えに来てほしい」
とのこと。
自転車は「乗れないが何とか運べる」とのことでした。

で、約束の時間にホームセンターに行きましたが、
いくら待っても息子は来ず。
電話しても、メールしても返事なし。
途中の道を車で回ってみても見当たらず。

そうこうしているうちに、
暗い道に、何か「異様な姿が・・・」
動かなくなった自転車を肩に担いで歩いて来る息子でした。

引っ張っている内に動かせなくなったので
(4㎞ほどの道のりを)
担いできたそうです。

自転車は・・・
シャーシの前輪側が曲がっており
8千円ほどで交換修理できました。
(何かにぶつかったような形跡は
 ありませんでした)
さあ、来週からまた自転車通学です。

教訓1:自転車で全力で立ちこぎしているときに
    チェーンが外れると
    人間は前に飛ぶ

教訓2:夜道を気持ちよく自転車で走っていると
    突然前輪がロックし
    人間が前に飛ぶことがある
  • 2011-04-05
  • Oichan
  • URL
  • 編集

[C16965] しかし、爆笑、いや、失礼

教訓1はやったことがあります

大学生のときでしたが、何が何やら分からない
まま、転がっていました。息子さんと同じく高校で
柔道をやっていたおかげで受身ができて軽症
でした。

教訓2はやったことが無いのでわかりません。
突然ロックされたら、想像するだに恐ろしい。

その自転車のメーカー訴えるな。私だったら(笑)。

しかし息子君、根性があるな。

不思議なこと、それなりの怪我なのに
「メール」するんだな。私だったら絶対に
通話するけど。

  • 2011-04-05
  • りゅうぼん
  • URL
  • 編集

[C16966] メールと通話

教訓1のときは、家内に連絡しています。
家内は携帯メールが来たらすぐに見ます。

教訓2のときは、私に連絡しています。
私は、携帯メールに気がつかないことが多々あります。

そのへん、わかっていて使い分けているのでしょう。

なお、教訓2のケースでは、
「息子は、原因となる何かを隠している」
と思っています。
  • 2011-04-05
  • Oichan
  • URL
  • 編集

[C16969] かわいい、

おねぇちゃんに見惚れてましたかね(笑)。

なるほど使い分けか、
確かに息子は私にはメール打たず、
必ず通話でかけてくる。

デジタル・ネイティブの使い分けってすごい。
  • 2011-04-06
  • りゅうぼん
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

究極のエコ

チャリの後輪がパンクした。tyari.gif


情けない話しだが、チャリのパンクを自分で治すことができない。
正確に言うと、過去に一度チャレンジしたことがある。

ゴムのパッチとスポークからタイヤを外す工具を購入して。

結果的には七転八倒した挙句、きちんと直すことができなかった。
近所の自転車屋さんにお願いをした。

しかし、引っ越してきたばかりで、どこに自転車屋さんがあるのかがわからない。
駅前に「輸入自転車」のお店があるのだが、
「うちはそういうお店ではないので」とあっさり断られた。

引越し以来のごひいきの「島忠」に電話で確認をした上で出かけた。
無論乗っていくことはできないので、苦労をして車に入れた。

府中の島忠は一階がホームセンター、二階が家具・インテリア。
重宝している。 diy.jpg


自転車の販売のお兄ちゃんに修理を頼む。
「書類を書いてください」

はい、はい、

店員 「パンクは1000円、
    お引渡しは一週間後となります」。 


「い、一週間!って、
   こんなのものの10分で直るでしょ!」
    napea.jpg


店員「震災以来皆さんが自転車に乗るようになって、修理も順番待ち
   なんです。ご理解をお願いします」


じゃ、自分でやるか、と思ったが前述の通り、失敗の危惧も。
さらにリペアキットを買わねばならない。

諦めて、自転車を置いて帰った。

そういえば震災の深夜自宅に数時間歩いて帰った人がいる。
その沿線の自転車屋さんは「全て完売」だったそうだ。

二つのことを感じた。
まず、東京都心部のオフィスからは自転車で通えるということ。
私のオフィスの大家さんは自転車がご趣味。よく分からないが
いかにも高そうな自転車に乗っている。
先日は平塚まで往復で仕事に行ったらしい。
「都内では平均で20km、
クルマに負けた事ないよ」
そんなもんだ。

ferraribicycle.jpg ←これはイメージね


もう一つは、チャリのパンクすら直せない、自分がかなり情けなかった。
現在は、引越し時に壊れたLPプレーヤーとCDトランスポートを
修理に出している。これら精密品は手も足も出ない。

しかし、チャリのパンクくらい自分で治したい。

一方、震災以来、多くの人がチャリを使うようになったらしい。
これは、「体のためにも、
     環境のためにも非常に喜ばしい」

 のではないか。

自転車を移動の主要手段として考える好機ではないか。
駐輪場というインフラを含めてね。

iStock_000013990118XSmall2.jpg

今から新松戸まで出かけるが、これはチャリでは無理。
武蔵野線を一時間揺られていきます。


スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rresearch.blog103.fc2.com/tb.php/888-4cab8d0d

0件のトラックバック

4件のコメント

[C16964] 自転車は乗るモノであって担ぐモノではない

毎度、愚息の話で申し訳ありません。

息子は春~秋は自転車で高校に通学しています。
昨年秋、
ある日曜日に息子の自転車をちょっと借りたら、
「かなりガタが来ているので、来春には買い替えかな」
と思いました。

で、そのうちに、通学途上の息子から家内に、
「自転車でコケた」
とメールが入りました。
家内は、
「そのまま何とか学校へ行け」
と返信しました。

で、夕方、帰宅した息子は、
 ズボンは大きく裂け、
 手、肘、足は血だらけ
というひどい姿でした。

息子は、小学時代に徹底的に柔道を仕込まれ
受身ができるので
頭など、大事なところは大丈夫でした。

「その格好で学校へ行ったのか」と聞いたら、
「遅刻して授業中の教室に入ったら
 かなりうけた」
そうです。

で、土曜日にアピタへ自転車を買いに行きました。

買った自転車で、息子はアピタからそのまま、
「本屋などを回ってくる」
と言って出かけました。

その後、
「大学祭をやっているので寄ってくる」
とメールがありました。

夕食になっても戻らず、
「なかなか帰らないな」
などど夫婦の会話をしているうちに
「コケた」
と電話がありました。
「体は大丈夫か」と聞くと
「けがは無い」とのこと。
「どこにいてどうするか」聞くと、
「近くのホームセンターまで持っていくので
 そこに迎えに来てほしい」
とのこと。
自転車は「乗れないが何とか運べる」とのことでした。

で、約束の時間にホームセンターに行きましたが、
いくら待っても息子は来ず。
電話しても、メールしても返事なし。
途中の道を車で回ってみても見当たらず。

そうこうしているうちに、
暗い道に、何か「異様な姿が・・・」
動かなくなった自転車を肩に担いで歩いて来る息子でした。

引っ張っている内に動かせなくなったので
(4㎞ほどの道のりを)
担いできたそうです。

自転車は・・・
シャーシの前輪側が曲がっており
8千円ほどで交換修理できました。
(何かにぶつかったような形跡は
 ありませんでした)
さあ、来週からまた自転車通学です。

教訓1:自転車で全力で立ちこぎしているときに
    チェーンが外れると
    人間は前に飛ぶ

教訓2:夜道を気持ちよく自転車で走っていると
    突然前輪がロックし
    人間が前に飛ぶことがある
  • 2011-04-05
  • Oichan
  • URL
  • 編集

[C16965] しかし、爆笑、いや、失礼

教訓1はやったことがあります

大学生のときでしたが、何が何やら分からない
まま、転がっていました。息子さんと同じく高校で
柔道をやっていたおかげで受身ができて軽症
でした。

教訓2はやったことが無いのでわかりません。
突然ロックされたら、想像するだに恐ろしい。

その自転車のメーカー訴えるな。私だったら(笑)。

しかし息子君、根性があるな。

不思議なこと、それなりの怪我なのに
「メール」するんだな。私だったら絶対に
通話するけど。

  • 2011-04-05
  • りゅうぼん
  • URL
  • 編集

[C16966] メールと通話

教訓1のときは、家内に連絡しています。
家内は携帯メールが来たらすぐに見ます。

教訓2のときは、私に連絡しています。
私は、携帯メールに気がつかないことが多々あります。

そのへん、わかっていて使い分けているのでしょう。

なお、教訓2のケースでは、
「息子は、原因となる何かを隠している」
と思っています。
  • 2011-04-05
  • Oichan
  • URL
  • 編集

[C16969] かわいい、

おねぇちゃんに見惚れてましたかね(笑)。

なるほど使い分けか、
確かに息子は私にはメール打たず、
必ず通話でかけてくる。

デジタル・ネイティブの使い分けってすごい。
  • 2011-04-06
  • りゅうぼん
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

アールリサーチ

プロフィール

アールリサーチ

Author:アールリサーチ
デザインの時代

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

就職活動の強い味方
就活対策・就職対策なら就活コーチ

フリーエリア

今日の一言


presented by 地球の名言

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。