Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rresearch.blog103.fc2.com/tb.php/920-4d889fd6

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

知日派ジェラルド・カーティス教授が見たニッポン

コロンビア大学政治学部教授であるジェラルド・カーティス教授の
講演を聞いてきました。(六本木ヒルズライラブラリートーク)  img04[1]


氏は、米国きっての知日派と言われ、現実に一年のうち半分近くを
日本で過ごされています。政界に太いパイプを持ち、数々の
アドバザーを勤めています。

ちなみに講演は氏の完璧な日本語。やっぱり楽です^^。

今回のテーマは「東日本震災後の日本を考える」
氏が震災のニュースに接したのはNY。3日間ほどNHKに釘付けだった。

まず、米国市民が今回の震災をどのように受け止めているか

1、地震・津波・原発と恐怖の3点セットの中であって
  日本人が極めて強い絆と忍耐の中で文句も言わずに絶える姿に感動をした。
  高齢者の多い土地柄ではあったが、若い人たちも高齢者を助けて活躍をした。



2、なぜこれほど政治が貧困であるのか
  日本では危機管理のシステムが全く出来上がっていなかった。
  米国大統領は交代しても常にシステムとして緊急時に対応できるシステムがある。
  日本には平時を想定したシステムしかなく、緊急時の対応が出来なかった。


  
また、この危機にあって相変わらず政局を仕掛けようとする政治家もひどい

これに関しては私も似たような意見を持っていました。
震災後、菅さんが「福島原発の避難勧告」をした際の演説。
ただただ官僚の書いたペーパーを棒読みをする総理に心の底から失望しました。

そこで私が期待していたのは
「非常事態宣言」でした。
地震で20兆円とも30兆円とも言われる損失を出した。
福島の原発の完全な解決には20年以上かかる
復旧のための財源がどうしても足りない

だから、日本人として今を「非常事態」ととらえ、
政府・地方自治体に協力をしてほしい。


これを言ってもらえれば、新しい日本の仕組みづくりに
協力しようと決めていた。でも、それは適わなかった。

実は、(オフレコで)カーティス教授は前日に菅総理と1時間以上会っていた。
氏は菅さんの思わぬ元気ぶりに驚いた。
そこで首相は原発の対応について喋り捲ったと。
実は、福島はチェルノブイリを大きくしのぐ可能性があった、という。
その封じ込めにとりあえず第一段階に成功したのが現在だと言う。
 radiation-symbol[1]


マスコミの論調とは違いますね。
どうして菅さんは枝野さんにまかせっきりで自分の言葉で語らないのか。
カーティス教授に語った思いを国民にぶつけないのか(T_T)。

米国は常に核戦争を前提としたシステムが出来上がり、放射能に対する
マニュアルが常備されている。
しかし、日本は核戦争を前提としたシステムを作っていなかった。
だから初動が遅れた。ロボットが中にはいって写真を撮ったのは
震災から一ヶ月以上たってから(T_T)。 housyanou.jpg


菅さんについてはカーティス教授は
「何もかも全て自分でやろうとしすぎている」と感じた。
東工大の修士出身の菅さんにはある程度の原発の問題が理解できる。
しかし政治のトップに立つものは常に大きな方向性を決めるのが
大きな仕事だ。

だから、菅さんがばたばたしているように見える。
野党もマスコミも危機時にある国のトップの揚げ足取りばかりしている。kansan.jpg
いいや、言うよ(笑)。

ブッシュは最低の大統領であったが9.11のあとは国の顔として活躍をした。
細かいことは側近が全部やった。議会も大統領を支持した。
なぜか9.11は米国にとって「国家非常事態」であったからだ。bonjin.jpg


しかし、カーティス教授はそれでも、
「日本がこれから新しいシステムに変わるチャンスだ」と現状を捉えている。

ちょっと長くなりすぎるので明日続きます。あ、GW突入か。

HiRes_20110427130540.jpg

この国のメルトダウンを何とか防がなければならない。私は生まれて初めて愛国心と言う言葉を意識した。

スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rresearch.blog103.fc2.com/tb.php/920-4d889fd6

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

アールリサーチ

プロフィール

アールリサーチ

Author:アールリサーチ
デザインの時代

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

就職活動の強い味方
就活対策・就職対策なら就活コーチ

フリーエリア

今日の一言


presented by 地球の名言

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。