Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rresearch.blog103.fc2.com/tb.php/952-ee0b158a

-件のトラックバック

-件のコメント

[C17003] 記憶にない

昔、20代の中ごろに映画にはまって、
毎週土曜と日曜に、
それぞれ映画館を2件づつ梯子するような
映画三昧生活を送っていました。
(他にまともな人間関係が築けていなかったのでは
 ・・・疑惑)

で、四半世紀経過して振り返ってみると、
 どんな映画を観たのかほとんど覚えていない。
 タイトルを聞いても、観たかどうか思い出せない。
 多分、もう一度観ても、
 「既に観ていることに気付かない」ものも多々あると思います。

それらの映画をデータや媒体で保存していたとしても、
もう一度観ることはないでしょう。
生きていく上で
必要なかったんだと思います。

それに対して、
音楽は結構覚えている。

どこが違うのかは解りませんが、
自分の中では、
「音楽の勝ち」です。
  • 2011-05-27
  • Oichan
  • URL
  • 編集

[C17004] 小さな恋のメロディ

だったなぁ。

私は結構覚えているのですが、
映画で見たのかテレビで見たのか
レンタルで見たのか判然としない。

音楽は覚えているのですが
理由を考えてみると、自宅でレコードと一緒に
歌ったり、
カラオケで歌ったりして、覚えているような気がする。しょうもない理由ですんません。
  • 2011-05-27
  • りゅうぼん
  • URL
  • 編集

[C17005] しょうもない返し

「小さな恋のメロディ」といえば、
映画よりも
北海道夕張市出身の双子のアイドル、
ザ・リリーズ様のアルバムですなぁ。

恥かしながら、とても好きでした。
実家に行けば、
レコードが残っていると思います。

高校時代に友人が東京のお土産として
ザ・リリーズ様のプロマイドを買ってきてくれたのを
数年前に、
実家を整理していて見つけました。
もう一度、大切に仕舞い込みました。

しかし、しょうもないコメント書いてるなぁ。
  • 2011-05-27
  • Oichan
  • URL
  • 編集

[C17006] リリーズ様

私は知らない^^;。

ついでにカミングアウトすると、
私は山口百恵様の大ファンでした。
結婚、引退を聞いた時は号泣しました。

引退コンサートのCDは買いましたが、
未だに聞けません。

あぁ、恥ずかしい(笑)。

今度レコードをもっておこしやす。
  • 2011-05-27
  • りゅうぼん
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

メディアの興亡

全国発明表彰の2011年度の恩賜賞に

「ブルーレイディスクの基本構造と製法の発明」
でソニーの技術者が受賞者となった。medetai.jpg朝日新聞5/25日朝刊より


ブルーレイはDVDに比べて約5倍の25ギガバイトの
情報を書き込むことが出来る。
研究が始まった1990年に
「ハイビジョン放送を二時間録画できるディスク」
目標をたてた。blueray.jpg


ブルーレイは光の透過性を上げるために「カバー層」を
従来のDVDの1/6の薄さにすることが必要。この製法に対して
賞が与えられた。

と、ここまではさすが「モノ作り大国・日本」と素直に
喜ぶべきことでしょう。事実、ハイ・ビジョン録画メディア
として世界統一基準となった。

ところがこの
「ブルーレイディスク」がさっぱり売れない(T_T)。
ハイ・ビジョンで録画できるメディアとしてはこれしかないのに。

実は私もセルのブルーレイは数枚あるが、生ディスクは一枚も購入したことがない。

見たい番組は
全てハード・ディスクに落とし込むからだ。
私のブルーレイ・レコーダーはHD容量が500ギガバイト。
ブルーレイ・ディスク20枚分だ。

普段見るテレビは、ドラマ・バラエティとも毎週録画設定を
している。見終わったら消去する。だからHDは一杯にならない。
いつでも手元で見たい映画は数本あるが、それはセルブルーレイを買った
「ヒマがあったら見よう」と録画した映画は見た試しがなく
結局は消去してしまう。

どうしてもハイ・ビジョンで見たいので買ったセル・ブルーレイ

・ローマの休日(ただしこれはモノクロの4:3なのでブルーレイの意味はなかった)
・ストレートストーリー(これはあまりに地味なのでオンエアされない)
・サイドウェイ(これも趣味にはまりすぎ)
・This is it !(これは地上波再放送はあったがそんなもの見る気になれない)


案外、何度でも見たい映画と言うのはない。
マイケル・ジャクソンの「This is it」は買ってから三ヶ月で10回以上見た。
が、さすがに最近はほとんどみなくなった。

考えてみるといまや、あらゆるジャンルで進んでいるのはパッケージ化ではなく
配信可能なデータ化だ。
先日レコードプレーヤーを修理したが、LINNと言うメーカーはすでに
CDプレーヤーを作っていない。
(世界最高のCDプレーヤーと言われたのに。ちなみに270万円)
これから先の音楽はネットオーディオに変わると4年も前に宣言している。cd12.jpg


いわゆるディスク・オーディオは回転をする際にレーザーを当て
情報を読み込んでいる。これには必ず読み込みエラーが発生する。
それをあらゆる手を使って補正しているのがディスク・オーディオだ。

それに対してもともとデジタル信号であるのなら回転系でない
チップに音楽を落とし、そのまま再生する方が無理がなく、音もいい。
これがまさにiPod だ。

今、ブルーレイで起こっていることは、同様にCDについても当てはまる。
音楽配信が席巻している。
私もCDを買わなくなった。1000枚もあれば十分だ。
新譜を買いたいと思う時はi-Tunesで買ってしまう。

CDの発売から30年。回転系のディスクの時代は案外短命に終わろうとしている。

000arecord_20110526152634.jpg

アナログは独自の世界があるんだけど・・・・
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rresearch.blog103.fc2.com/tb.php/952-ee0b158a

0件のトラックバック

4件のコメント

[C17003] 記憶にない

昔、20代の中ごろに映画にはまって、
毎週土曜と日曜に、
それぞれ映画館を2件づつ梯子するような
映画三昧生活を送っていました。
(他にまともな人間関係が築けていなかったのでは
 ・・・疑惑)

で、四半世紀経過して振り返ってみると、
 どんな映画を観たのかほとんど覚えていない。
 タイトルを聞いても、観たかどうか思い出せない。
 多分、もう一度観ても、
 「既に観ていることに気付かない」ものも多々あると思います。

それらの映画をデータや媒体で保存していたとしても、
もう一度観ることはないでしょう。
生きていく上で
必要なかったんだと思います。

それに対して、
音楽は結構覚えている。

どこが違うのかは解りませんが、
自分の中では、
「音楽の勝ち」です。
  • 2011-05-27
  • Oichan
  • URL
  • 編集

[C17004] 小さな恋のメロディ

だったなぁ。

私は結構覚えているのですが、
映画で見たのかテレビで見たのか
レンタルで見たのか判然としない。

音楽は覚えているのですが
理由を考えてみると、自宅でレコードと一緒に
歌ったり、
カラオケで歌ったりして、覚えているような気がする。しょうもない理由ですんません。
  • 2011-05-27
  • りゅうぼん
  • URL
  • 編集

[C17005] しょうもない返し

「小さな恋のメロディ」といえば、
映画よりも
北海道夕張市出身の双子のアイドル、
ザ・リリーズ様のアルバムですなぁ。

恥かしながら、とても好きでした。
実家に行けば、
レコードが残っていると思います。

高校時代に友人が東京のお土産として
ザ・リリーズ様のプロマイドを買ってきてくれたのを
数年前に、
実家を整理していて見つけました。
もう一度、大切に仕舞い込みました。

しかし、しょうもないコメント書いてるなぁ。
  • 2011-05-27
  • Oichan
  • URL
  • 編集

[C17006] リリーズ様

私は知らない^^;。

ついでにカミングアウトすると、
私は山口百恵様の大ファンでした。
結婚、引退を聞いた時は号泣しました。

引退コンサートのCDは買いましたが、
未だに聞けません。

あぁ、恥ずかしい(笑)。

今度レコードをもっておこしやす。
  • 2011-05-27
  • りゅうぼん
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

アールリサーチ

プロフィール

アールリサーチ

Author:アールリサーチ
デザインの時代

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

就職活動の強い味方
就活対策・就職対策なら就活コーチ

フリーエリア

今日の一言


presented by 地球の名言

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。