Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rresearch.blog103.fc2.com/tb.php/978-123148dd

-件のトラックバック

-件のコメント

[C17025] 分野別に特化したらどうか?

我が家では、
中日(北陸中日)新聞と日経新聞を購読しています。

日経新聞では主に経済記事類に目を通し、
中日新聞では地方情報、スポーツ欄等に目を通し、
三面記事は両方に目を通しています。

日経新聞の地方欄やスポーツ欄は要らない。
中日新聞の経済欄は(地方経済を除いて)要らない。

それぞれ各新聞は、
得意な分野に特化したらどうでしょうか?

その上で、
新聞社と新聞配達店の系列を切り離して
新聞配達店は全新聞を取り扱うというのは如何?

朝日や読売などは存続難しいと思われます。
  • 2011-06-15
  • Oichan
  • URL
  • 編集

[C17026] 私もそう思います。

必要なのは業界の再編です。

スポーツ誌はスポーツで大合同
経済誌は経済誌で大合同。

これしか残る道はないでしょう。

池上さんを編集主幹として記事の変革も必要かも。

いずにしても将来はあまり明るいとは言えない。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

新聞の復権を考える その1

考えようじゃないですか(笑)。

その前に、情報メディア白書2011
(電通総研編 ダイアモンド社)の新聞を見てみましょう。hakusyo2011.jpg


新聞社の売り上げ推移
基本的に低下が止まりません。

1999年約2兆5000億円あった売り上げが
2009年度では2兆円に

広告収入は前年度比 -15%

部数で言うとやばいのは日経。前年度比-10%
戦後初の赤字に転落、あんな立派な本社ビル建てるから(笑)。nikkeihonsya.jpg


むしろ健闘しているのは地方中核都市の地方新聞
中日新聞は当期損益20億円の黒字。
このブログの熱心な読者Oichanさんの言うとおり、
地方新聞のほうが経営も部数も安定しています。

我が家がとっているのは朝日新聞。
地方面は「多摩版」となるのですが、多摩って何人いるんだろう。
でかいですよね。だから地方版ではあっても地域版ではない。

電子版はといえば、日経が月額4000円でスタート
(滅茶苦茶高くないですか?止めようかどうしようか検討中)
有料会員数は目標の30万人に遠く届かず7万人。

う~~む。手がない。
ネット展開されても、全部のニュースが読みたいということはない。
記事ごとの切り売りってないですかね。
この日の社説は50円、とかって。上限は4000円。
これなら続けられるかもしれない。
「私の履歴書」だけなら月額1500円。これならお得感あるかも。


スポーツ面なんかは他の新聞で無料で見れるから。問題なし。
と、いうか最近「あ~やっぱり日経を読んでいてよかったなぁ」と思える
機会はほとんどなし。
FTはあんなに面白いのに・・・・

もう一晩考えさせてください(T_T)。八方塞り。

20071121_266946[1]

無理かもしれない(T_T)。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rresearch.blog103.fc2.com/tb.php/978-123148dd

0件のトラックバック

2件のコメント

[C17025] 分野別に特化したらどうか?

我が家では、
中日(北陸中日)新聞と日経新聞を購読しています。

日経新聞では主に経済記事類に目を通し、
中日新聞では地方情報、スポーツ欄等に目を通し、
三面記事は両方に目を通しています。

日経新聞の地方欄やスポーツ欄は要らない。
中日新聞の経済欄は(地方経済を除いて)要らない。

それぞれ各新聞は、
得意な分野に特化したらどうでしょうか?

その上で、
新聞社と新聞配達店の系列を切り離して
新聞配達店は全新聞を取り扱うというのは如何?

朝日や読売などは存続難しいと思われます。
  • 2011-06-15
  • Oichan
  • URL
  • 編集

[C17026] 私もそう思います。

必要なのは業界の再編です。

スポーツ誌はスポーツで大合同
経済誌は経済誌で大合同。

これしか残る道はないでしょう。

池上さんを編集主幹として記事の変革も必要かも。

いずにしても将来はあまり明るいとは言えない。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

アールリサーチ

プロフィール

アールリサーチ

Author:アールリサーチ
デザインの時代

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

就職活動の強い味方
就活対策・就職対策なら就活コーチ

フリーエリア

今日の一言


presented by 地球の名言

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。